now loading…
新着記事
カテゴリー
アーカイブ
2015年
2014年
2013年
2012年
リンク

学生インタビュー☆(女子バスケットボール部)

ここに飾っているのは、本学のクラブやサークルが大会やコンテストで受賞した優勝盾や賞状です。
クラブやサークル活動がたくさんあるわけではありませんが、皆さんそれぞれの場で活躍しています☆

 

この中でも一際目立つこの2つの盾!

 

これは本学の強化クラブに指定されている女子バスケットバール部が獲得したものです。
本学の女子バスケットボール部は、全国でもトップクラスの強豪で数々の好成績を収めています。
昨年は全日本大学バスケットボール選手権(インカレ)で準優勝を果たし、全日本総合バスケットボール選手権大会では実業団を破ってのベスト8という素晴らしい成績でした。

今年も関西女子学生バスケットボールリーグ戦は一次リーグを見事全勝で1位通過を果たし、これからの二次リーグに挑みます。
この勢いのまま二次リーグも全勝し、関西1位通過という成績でインカレに進んでもらいたいです!!

 

今回はそんなバスケットボール部を支える2名の部員にインタビューを行いました☆
キャプテン・畠中 絵里さん(環境・建築デザイン学科 4年次生)
主務・小池 英梨子さん(健康心理学科 4年次生)


まずはキャプテンの畠中さんにインタビュー♪♪

-全国でも強豪校と言われる本学の女子バスケットボール部ですが、キャプテンとして特に大変なことはありますか?

<畠中さん>
大変なことだらけです(笑)
今年のリーグ戦が始まるまではメンバーの個性が強いチームなのでまとめるということではなかなか難しかったけど、リーグ戦で勝っていくにつれて段々とチームにもまとまりがでてきて、一丸となれたと思います。


-人数が多いことや強豪ならではの個人のレベルの高さということから、一つにまとめる難しさというものがあるのですね。
では、部員が一丸となれたという一次リーグで、特に印象に残った試合はありましたか?

<畠中さん>
一次リーグ最後の大阪体育大学(以下、大体大)との試合です。
うちも相手も全勝だったので、勝った方が1位通過でした。大体大には大阪学生大会では勝ったものの、春の大会と大阪総合大会では負けていたので何とか勝ちたかった。結果的に勝てて今は2勝2敗なので次の二次リーグで勝ち越しを目指したいです。

-大体大とのリーグ最終戦は僅差での見事な勝利でした(スコア:72-70)
そんなチームの柱として活躍されている畠中さんですが、本学でバスケをやろうと思ったきっかけは何ですか?

<畠中さん>
この大学を選んだ理由は、高校はそんなに強いチームじゃなかったんですが、この大学の話を聞いて全国でもトップレベルのこの大学で自分の実力を磨いて挑戦したいという気持ちが大きかったということですね。

キャプテンとしてチームを牽引する畠中さん。いろいろな悩みを抱えながらもバスケに対してまっすぐに取り組む、そんな彼女の姿を感じられたお話でした。

 

続いては主務の小池さんにインタビュー♪♪

-まず、主務というのはどういう仕事をするのですか?

<小池さん>
マネージャーとしての役割も兼ねているのですが、大会があればチームのエントリーや出場選手の登録とか、言わばチーム内の事務作業ですね。


-畠中さんにも聞きましたが、主務としてどんなことが大変ですか?

<小池さん>
普段の主務の仕事に加えて学連(関西女子学生バスケットボール連盟)のスタッフも兼務しているので、大会前になるとチームでの仕事と学連スタッフの仕事がどうしても重なるので、その両立が大変です。


-チームを支える仕事の他にも、大会運営に関する仕事にも関わっているとは・・・聞いただけで忙しさが伝わってきます。
しかも、主務と学連スタッフを兼務しているのは、どの大学を見ても小池さんだけだとか!!
そんな小池さんですが、プレーヤーではなく、主務という役割を選んだのはなぜですか?

<小池さん>
このチームで自分がプレーヤーとしてシュート率を5%や10%上げることよりも、主務としてチームを支える仕事の方がチームに貢献できると考えたからです。

この言葉には思わず素晴らしい!!と畠中さんと二人で感心・・・(笑)
素晴らしい成績を収める裏には、小池さんが主務としてチームをサポートし、プレーヤーが活躍できる環境を支えているんだなと感じました。


ここでちょっと恥ずかしいかもしれないけど、こんな質問!
-お互いキャプテンと主務というチームでも役職として活躍していますが、お二人それぞれお互いはどういう存在ですか?

<畠中さん>
いてくれないと困るの一言に限ります。陰でいろんな仕事をしてくれて、本当にチームの支えになってくれています。

<小池さん>
本当にチームメイト思いのキャプテンです。だからこそみんながついていくんだと思います。自分のことよりも周りのことを考える優しすぎるキャプテンです。もうちょっと自分勝手になってもいいのに・・・(笑)

恥ずかしがりながらも率直な思いを答えてくれました。信頼感の厚い二人だなぁと感じました(^-^)♪


これから控えている二次リーグとその先にあるインカレが二人にとって大学生活最後の大会になります。
-最後になりますが、大会に向けての抱負をお願いします!!

<畠中さん>
去年の先輩方の成績を越えます!ということは・・・全国優勝です!!

<小池さん>
それを全力で支えます!


お忙しいところ、ご協力ありがとうございました。最後は記念に「はい、チーズ☆」

 

学生課では畠中さんや小池さんが活躍する女子バスケットボール部の応援ツアーを企画しております。
しかも、対戦相手は畠中さんからもお話のあった大阪体育大学との一戦です!!
学生のみなさん!!ぜひバスケットボール部の活躍を応援しにいきましょーー(^0^)/

http://www.ohs.ac.jp/for_student/001935.php
(詳しくは学生課まで☆)

  • 次の記事へ
  • 前の記事へ