now loading…
新着記事
カテゴリー
アーカイブ
2015年
2014年
2013年
2012年
リンク

【子ども福祉学科】お昼寝時間前の絵本の読み聞かせ!

こんにちは。

入試広報センターのミツです。

早いもので、もう7月!

暑い日が続きますが、皆さん熱中症にはくれぐれも気をつけてください。

今回取材にお邪魔したのは、大阪人間科学大学の近くにある公立保育所。

村川先生のゼミの学生による、絵本の読み聞かせが行われていました。

村川先生のゼミ生は2年次生の後期から毎週1回、大学近くの保育所を訪問してお昼寝時間前の20分間で手遊び、絵本の読み聞かせ、紙芝居などを行い、子どもたちと触れ合いながら、学びを深めています。

読み聞かせに使用する絵本や手遊びの内容は、学生が子どもたちの年齢や反応を見ながら、自ら選んでいます。

子どもたちの物語に対する反応を見ながら、読み聞かせのペースや喋るトーンを変えてみたりと、一言に「読み聞かせ」といっても様々な工夫をしている学生を見て、本物の保育士さんみたいだなーと感じました。

また、別の保育室では絵本の読み聞かせと、手遊びをしていました。

どちらの保育室でも、終始笑顔の子どもたちがとても印象的でした!

学生も、「緊張したけど、子どもたちが喜んでくれて良かったー」と笑顔で話してくれました。

読み聞かせが終了し、保育園から帰る際には保育室から出て「バイバーイ」と手を振り続けてくれる子どももいました。

講義で学んだ知識を実践する場所が近くにあるというのはとても良いことですね!

子どもたちと触れ合うことで、新しい発見も沢山あるのではないでしょうか。

これからも保育士・幼稚園の先生を目指して、頑張ってください! 

  • 次の記事へ
  • 前の記事へ