WHAT’S 理学療法士とは?

立つ、座る、歩くなど、日常生活における基本動作の
回復、維持、悪化の予防を支える専門家。
ケガや病気、障がいにより、日常生活を送るのが困難な人に対して、動作能力の回復や維持、悪化の予防のための支援を行う理学療法士。小児から成人まで幅広い世代の方に対して、医学的リハビリテーションを中心に様々なサポートに携わります。
リハビリテーション医療を中心とした支援

WORK 主な仕事内容は?

リハビリテーション医療を中心に、基本動作に
おける身体運動機能の回復・維持を実施。
身体と心の両面から機能回復・維持を行うリハビリテーション医療の一つである理学療法。医療機関をはじめ、身体障がい者福祉センターなどの福祉施設、養護学校や理学療法士養成校などの教育・研究機関、スポーツ・フィットネス関係など、多様な現場で主に日常生活に必要な基本動作における身体運動機能の回復・維持を、様々なリハビリテーション技法を用いて支援します。
運動療法による治療
運動療法による治療

身体の全体又は一部を動かすことで症状の軽減や機能の回復を目指します。理学療法士自ら、又は器具、患者さま自身の力により運動を行い、改善を促します。

物理療法による治療
物理療法による治療

熱や電気などの物理エネルギーを外から加えて治療を実施。痛みの緩和や循環の改善などを図ります。治療の際には様々な器具を扱います。

日常生活動作訓練による治療
日常生活動作訓練による治療

食事、衣服の着脱、排泄、入浴など、日常生活を送る中で必要な動作を対象に、自立して行えるように動作の獲得訓練を行います。

STEP どうしたらなれる?

養成校で専門的な知識と技術を
3年以上学び、国家試験に合格することで、
理学療法士になれます。
理学療法士として働くには、国家資格が必要となります。高校卒業後(高卒認定を含む)、理学療法士養成校で3年以上学び、所定の養成課程を修了することで、国家試験の受験資格が取得できます。その後、国家試験に合格すれば、理学療法士になることができます。

FIELD 活躍のフィールド

他職種と連携し、チームで支援することにより、
その活躍のフィールドはますます広がっています。
医療・リハビリの現場に留まることなく、社会福祉士、介護福祉士、カウンセラーなど、各種専門職とチームを組みながら、患者さまを支援する必要性がますます高まっています。
[理学療法士の活躍が期待される、主なフィールド]
理学療法士の活躍が期待される、主なフィールド

FUTURE 卒業後の進路

リハビリテーションにおいて、中心的な役割を担う理学療法士。医療機関をはじめ、福祉施設、教育機関、スポーツの現場など、今後、ますます幅広い分野での活躍が期待されます。
  • 大阪人間科学大学・理学療法学科の学び
  • 資料請求
ページTOPへ戻る
© Osaka University of Human Sciences All Rights Reserved.