大阪人間科学大学 学長ブログ

新着
アーカイブ

後期授業の始まり(挨拶運動・バスケットボール部・学位記授与式)

2019年10月 2日

暑さに苦しんだ1か月以上の夏休みも終わり、後期授業が始まりました。皆さん体調はいかがですか?後期授業開始後の取り組みについて報告します。



〇9月23日、24日、25日 朝の挨拶運動

私は各学期初めに朝の挨拶運動を行っています。初日は庄屋学舎、順に正雀学舎、C号館でそれぞれ1日ずつ計3日実施しました。

初日は祝日での授業日となりましたが、学生の皆さんは元気に登校していました。2日目、3日目も元気に挨拶する学生と照れくさがる学生がいましたが、授業にしっかり取り組んでくれるものと期待しています。

20191002_gakucho02.JPG



〇9月22日 第86回皇后杯 全日本バスケットボール選手権大会第1次ラウンド

本学の女子バスケットボール部は先日の大阪大会で勝ち進み、兵庫県立体育館での皇后杯第一ラウンドに大阪府代表で臨みました。1回戦は兵庫県代表の武庫川女子大学に92-60で勝ち進み、2回戦の京都府代表の京都精華女子高校との試合の応援に行きました。

相手は高校で屈指の強豪校でしたが、130-68の快勝となり、メンバーチェンジを適宜行い、全ての選手を試合に出すこともでき、各々が持ち味を発揮できて、有意義な試合になりました。

監督、コーチ、選手やマネージャーなどスタッフの皆さんの普段の努力の賜物だと思います。お疲れ様でした。次のリーグ戦や第2次ラウンドに向け、今後の活躍に期待しています。

20191002_gakucho01.jpg



〇9月30日 学位記授与式

只今、本年度9月卒業生の学位記授与式を実施しました。最後まで粘り強くしっかり努力を積み重ねた成果が実り、学位記が授与されることにお祝い申し上げます。

現在、少子高齢化が急速に進む我が国では「人間一人ひとりを大切にする」ための「心の豊かさ」が、ますます求められる社会になっています。さらに、2025年には人口の4人に1人が75歳以上という超高齢社会となると予想されており、医療・福祉・保育・心理へのニーズは急速に高まっています。皆さんが、まさにその需要に応えられ、これからの日本を明るく照らす有意な人材となって欲しいと願っております。

このようなときこそ「人間一人ひとりを大切にする」ことを本学で学んできた「対人援助の専門職業人」を目指している皆さんが活躍する時代となります。

皆さんは今から、夢と希望を胸に秘め、限りなき未来に飛び立とうとされています。とは言うものの、楽しいことばかりではなく、未来には、複雑で厳しい世界が待ち受けているものと思います。今後、いかなる困難な課題に遭遇したとしても、決して諦めず、本学での「対人援助のプロ」を目指して日々着実に努力した経験で培った自信を基に、常に前向きに突き進んで欲しいと考えております。このような努力の積み重ねを通して、これからの時代「人間一人ひとりを大切にする」社会の中で、立派にご活躍されることを祈念して、私の式辞とさせていただきます。

令和元年9月30日
大阪人間科学大学長  田中保和

20191002_gakucho03.JPG


オープンキャンパス・未来科プロジェクト

2019年9月18日

最近やっと朝夕が涼しくなりましたが、体温を上回る程の酷暑や、線状降水帯による命の危険が迫るような豪雨・洪水など、異常気象が続き体調管理が難しい夏休みでした。もうすぐ授業が始まりますが、皆さん夏バテはしていないですか?この暑さにも負けず、学生や教職員の皆さんの熱い活躍が目立っていますので紹介します。


〇8月11日、17日、25日、9月8日 オープンキャンパス

酷暑や豪雨の影響を心配していましたが、11日は過去最高の参加者数となり、熱心な参加者で学内は溢れんばかりの賑わいで、本当に嬉しい限りでした。

11日はPick up プログラムとして、クラブ・サークル紹介や入試対策講座(英語・数学)などが有り、多くの参加者がありました。また、学食体験も途中でご飯を追加で炊き出すなど賑わいました。

17日は福祉施設見学バスツアー、25日は4年次生パネルディスカッション「内定者のリアル」などの企画もあり、11日ほどの参加者数までは行かなかったものの順調に参加者数を伸ばし、あと2回のオープンキャンパスを残す中で、昨年度総数を上回る盛況でした。これも、ひとえに、SHINE☆NINKA(シャイニンカ)や協力学生、卒業生ボランティア及び教職員のスタッフの皆さんがよく頑張って活躍してくれたおかげです。

9月8日はPick up プログラムとして、在学生考案企画「人科生の1日のスケジュール」、「プレ入試(国語)」などがあり、教職員を含めスタッフ全員が、猛暑を吹き飛ばす熱い気持ちで、参加者の皆さんに喜んでもらえるよう工夫を重ねました。

次回は11月3日です。参加者の皆さんの興味あるプログラムを考え中です。ご期待願います。

20190919_gakucho01.JPG

20190919_gakucho02.JPG

20190919_gakucho03.JPG



〇8月24日、9月1日、9月16日 丸善ジュンク堂書店での未来科プロジェクト

本学では、大学での学びを形あるものに変え社会に貢献していく取り組みとして、大学生主体で新しい未来をつくる「未来科プロジェクト」を立ち上げました。

これは社会のあらゆる人々や組織が関わって、対人援助の明るい未来を創り出すために、ひとりの人間として社会とどう社会課題に向き合っていくかを考えていくプロジェクトです。

その一貫として、株式会社丸善ジュンク堂書店との取り組みを行いました。

8月24日、9月1日、16日の3日間、ジュンク堂書店大阪本店と、丸善京都本店にて、「ニッポンのしゅくだいドリル」を使用した小学生向けのワークショップを開催しています。各日「パラスポーツ」「防災」「介護」をテーマに、ドリルを活用し各専門のゲストをお招きし、一緒に答えを考えます。

20190919_gakucho04.jpg

8月24日は午前は京都で、午後は大阪で、「パラスポーツ」をテーマに根木氏の講演の後、小学2年生から6年生までの子ども達に学生達が加わりワークショップを行い、まとめに、子ども達が全員自らのアイデアを発表しました。子ども達も学生達もよく頑張ってくれました。

また、9月1日は「防災」をテーマに、島田氏の講演の後、幼稚園年長者から6年生までの子ども達に、前回同様に、学生達が加わりワークショップを行い、まとめに、子ども達が全員自らのアイデアを発表しました。この日も、充実した有意義な日々を過ごすことができました。なお、9月1日付けで、ジュンク堂書店から「ニッポンのしゅくだいドリル」が販売されました。

最終回は9月16日、午前は大阪、午後は京都で「介護」をテーマに、KAIGO LEADERS 発起人の秋本氏の講演の後、小学校1年生から中学校1年生までの子ども達にこれまで同様、学生達が加わりワークショップを行い、まとめに、子ども達が全員自らのアイデアを発表しました。この日は、関西テレビの取材もあり、当日夕刻の報道ランナーで、子ども達、学生達の活躍が放映されました。

これまでの3日間とも、充実した有意義な日々を過ごすことができましたのは、3人の講師の方々とともに、学生・教職員をはじめ多くのスタッフの皆様方の献身的な努力のおかげだと感謝しています。皆さん有り難うございました。

20190919_gakucho05.jpg


【オープンキャンパス・校友会教育機器寄贈】

2019年8月 8日

台風接近の予報で心配していたオープンキャンパスが実施でき、さらに終了後、本学校友会から本学の教育振興のために、教育機器(iPad 30台)の寄贈を受けることができ、感謝しております。


〇7月27日 オープンキャンパス

台風の影響で心配していましたが、近年で最高だった前回に迫るほどの参加者数となり、本当に嬉しい限りでした。

今回の企画としては、福祉施設見学バスツアーや入試対策講座(国語・英語)があり、入試対策講座の参加者には受験校の決定が迫ってきている雰囲気が漂っていました。

今回も猛暑にもかかわらず、学生スタッフSHINE☆NINKA(シャイニンカ)や協力学生、卒業生ボランティア等のスタッフの皆さんがよく頑張って活躍してくれました。1年次生のスタッフはたどたどしいところも有りましたが、初々しくて好感が持てました。今後の成長を期待しております。

8月には3回のオープンキャンパスがあります。教職員を含めスタッフ全員が、猛暑を吹き飛ばす熱い気持ちで、参加者の皆さんに喜んでもらえるよう工夫を重ねていきたいと考えていますので、ご期待願います。

20190808_gakucho01.JPG

20190808_gakucho02.JPG



〇7月27日 校友会教育機器寄贈

オープンキャンパス終了後の夕刻、校友会南会長から本学の教育振興のためにiPad 30台を寄贈いただき、その受領式を行いました。本学の教育・研究にとって極めて価値あるものをいただき、深く感謝申し上げますとともに、今後の本学での活用に期待しております。

その後、場所を変え5名の校友会役員の方々と、大学事務局長、私を含めた7名で、今後の校友会活動と大学の連携や、大学20周年に向けてのお互いの取組等についての意見交換を行い、懇親を深めました。今後とも校友会のご理解とご協力を受けながら、本学の教育活動の充実を図っていきたいと考えています。

20190808_gakucho03.JPG