大阪人間科学大学 学長ブログ

新着
アーカイブ

【学友会との懇談会】

2022年2月26日

2月24日(木)、学友会の役員の皆さんと懇談会を行いました。

メンバーは学友会から村上会長をはじめ6名の役員の皆さん、大学からは私のほか6名の教職員が出席しました。

IMG_7123.JPG

初めに昨年来の学友会の取り組みの紹介がありましたが、コロナ禍のもといろいろと工夫しながら頑張ってきた様子がうかがえ本当に感心しました。

IMG_7131.JPG

そのあと、学生アンケートをもとにした要望について意見交換しました。どの項目も学生の生の声を反映したもので、しっかりと受け止め検討していきたいと考えています。

続いて本学の「令和2年度自己点検評価報告書」に対する意見が開陳されましたが、受け手側の学生視点からの意見であり、我々教職員の気づかない点や見過ごしがちな点について鋭い指摘等が多くあり、大変有益な意見をいただいたなと感謝しています。

こういった機会を通じて学生、教職員が一体となってよりよい教育環境の創造に取り組んでいきたいと思っています。

IMG_7248.JPG(写真撮影のため、感染対策に配慮した上でこの時のみマスクを外しました)


【新しい年を迎えて】

2022年1月 5日

皆さん明けましておめでとうございます。

今年のお正月も2年続きでコロナ禍のもとでの新年を迎えるということで、心から晴れ晴れという気分になれない方も多かったのではないでしょうか。

それでも年末年始は幸いにして感染状況も小康状態でしたので、皆さんも少しはお正月らしい気分を味わうことができたのではとも思っております。

さて、昨年は学園創立90周年、大学開学20周年の記念すべき年でした。その道のりにおいては先輩の教職員や学生の方々が幾多の困難を、知恵を絞り、汗を流すことによって乗り越えてきた結果、今日の学園の姿があります。残念ながらコロナ禍により予定されていた記念行事の多くが中止、縮小等を余儀なくされ、多くの仲間とともにそういった学園の歴史に思いをはせる機会に恵まれませんでしたが、皆さん一人ひとりが先人の苦労、努力をあらためて認識される機会になったことと存じます。

今年はそういった先人の足跡を振り返りつつ、新たな一歩を踏み出す年にしなければなりません。

新型コロナウイルス感染症(変異株)の出現でまだまだ予断を許さない状況が続きますが、学生たちの学びと育ちをしっかり支えることを最優先に、先人に負けないよう教職員一丸となって取り組んでいきましょう。


【記念植樹式と校友会への感謝状贈呈】

2021年12月 7日

12月2日(木)、薫英学園創立90周年及び大阪人間科学大学開学20周年の記念植樹式が行われました。それぞれ正雀学舎1号館前に「タイサンボク」を、庄屋学舎A号館歩道前に「カツラ(桂)」を植えさせていただきました。

「タイサンボク」は初夏に白く大きな花が咲き、その花言葉は「前途洋々」「威厳」とされています。

IMG_3164.JPG

P2033644.JPG

「カツラ(桂)」は真っ直ぐに天に向かう美しい立ち姿から縁起の良い木とされています。

P2022482.JPG

P2022951.JPG

コロナ禍により予定していた記念式典等は取りやめとなり、また、現在も新たな変異株の出現で不安の多い状況が続きますが、植樹させていただいた記念樹とともに本学で学ぶ学生に皆さんの育ちをサポートしていかねばと気持ちを新たにしました。

P2022915.JPG

記念植樹式に引き続き、校友会への感謝状の贈呈が行われました。校友会からは日ごろから本学教育の充実発展にご理解ご協力をいただいており、本当にありがたく思っております。また本年は学園・大学の周年記念ということで多額の寄付を頂戴しました。お陰をもちまして、全学舎の無線LAN(Wi-Fi)環境の整備を行うことができ、これまでのご寄付を活用して整えたiPadやChromebookなどのIT機器との相乗効果によるICT教育のより一層の充実への環境が整いました。

P2033568.JPG

P2033469.JPG

学園90周年、大学20周年の歴史は、これまでの卒業生や先輩の教職員一人ひとりの学習や教育への取り組みの成果にほかなりません。本日を一つの契機として、新たなページに素晴らしい歴史を書き加えられるよう頑張りましょう。