大阪人間科学大学 学長ブログ

新着
アーカイブ

【新しい門出に当たって】

2021年3月26日

3月23日に2年ぶりの学位記授与式を挙行しました。

残念ながら感染防止の観点から、保護者の方々の参加を控えさせていただきました。皆さんにとっても、この1年間コロナ禍における制限を余儀なくされたにもかかわらず、マスク越しではありますが、皆さんの晴れやかな表情に出会えたことが、誠に嬉しく感じました。

本学を卒業・終了した皆さんは、4月からの新しい門出を迎えられます。新しい日常、ニューノーマルの中での幸せな未来を願っています。

思い起こせば、私も4年前の入学生とともに学長として赴任し、この3月末で無事に任期満了となり、皆さんとともに新しい門出を迎えます。この4年間で、皆さんの日々の成長をひしひしと感じ取り、ともに卒業できることに喜びを感じております。

皆さんの新しい門出に幸有りますことを願って、学位記授与式の式辞を掲載しますとともに、私の最後の学長ブログといたします。4年間ありがとうございました。

なお、在学生の皆さんにも、本学での今後ますますの「成長に、本気。」を強く願っております。頑張ってください。


DSC00776


【令和2年度
学位記授与式 (学士・修士) 式辞】

本日、大阪人間科学大学を卒業される皆さん、大学院修士課程を修了される皆さん、卒業並びに修了、おめでとうございます。この授与式には感染防止の観点から、残念ながら参加頂けてはいませんが、本日まで卒業生・修了生の皆さんの成長を暖かく見守り、勉学を支え続けてこられた、ご家族はじめ関係者の皆さまにも、大阪人間科学大学全教職員を代表しまして、心からお慶びを申し上げます。

また、申し遅れましたが、校友会会長はじめご来賓の方々には本日ご多用の中、学位記授与式のために、ご臨席賜り、厚く御礼申し上げます。

先ほど、学部の卒業生、大学院修士課程修了生の皆さんに学士並びに修士の学位を授与いたしました。

本学で皆さんは、「敬・信・愛」の建学の精神のもと、自ら考え行動する「自立」と他者を思いやる「共生」の心を培い、まわりを思いやる「やさしさ」を大切に、人間性を磨き、それぞれの学科・専攻において、「成長に、本気。」をスローガンに、専門知識と技術をしっかりと身に付け、本学での多くの出会いとともに、何事においても積極的、主体的に取り組むことで、楽しく実り豊かな学生生活を歩み、医療や福祉、教育、心理の分野における「対人援助の専門職業人」として有為な人材として立派に成長して、本日を迎えられたものと喜んでおります。

特にこの1年間は、ウィズ・コロナの中での苦難の大学生活でありましたが、挫けることなくしっかりと乗り越えてこられました。

顧みますと、昨年度の学位記授与式が、中止せざるを得なくなり、昨年卒業の皆さんの門出を祝うことができなかったことは誠に残念な思いであり、今年実施できることに、心から喜びを噛み締めております。

この1年間、4月には入学宣誓式も実施できず、緊急事態宣言が発令され、国や大阪府による大学の休業要請を踏まえ、さらに対面授業も実施することができず、全科目を遠隔授業で対応することとなり、皆さんには不自由をおかけし、身体面、精神面、経済面、さらに遠隔授業での課題提出にも追われ、多重の苦痛を味わわれたことを残念に思っています。

その後、緊急事態宣言が解除され、6月からは一部科目のみ対面授業を行い前期が終了しました。後期授業は多人数の一部を除き、大部分は対面授業を行うことができ、学生の皆さんの元気な声が大学構内で聴こえるようになり、皆さん同様、私自身も元気を取り戻しました。

また大学祭は当初の予定を変更し、12月のオンライン大学祭に切り替わりました。その後、1月には第3波感染拡大での緊急事態宣言で遠隔授業対応となり、卒業試験では予期せぬご苦労をおかけしたとお察しします。

これからもウィズ・コロナでの新しい日常、すなわち、ニューノーマルの世界の中あっても、21世紀の少子高齢化が急速に進む我が国では、「人間一人ひとりを大切にする」ための「心の豊かさ」が、ますます求められる社会になっています。さらに、2025年には人口の4人に1人が75歳以上という超高齢社会となると予想されており、医療・福祉へのニーズは急速に高まっています。皆さんが、まさにその需要に応えられ、これからの日本を明るく照らす有意な人材となって欲しいと願っております。

その中で本当に必要とされるのは、「人の役に立ちたい」という「心に触れる熱い思い」を持つ「人間味豊かな」「対人援助の専門職業人」であり、その中でも「チーム支援」が重要になってきます。この「チーム支援」により、更なる少子高齢化が進む日本の近未来の課題が解決され、明るい未来へと繋がってきます。

このようなときこそ「人間一人ひとりを大切にする」ことを本学で学んできた「対人援助の専門職業人」を目指している皆さんが、この「チーム支援」のリーダーとして、活躍する時代となります。

皆さんは、これからニューノーマルの世界に旅立ちます。不安もあるかと思いますが、限りなき希望を胸に秘め、未来に飛び立ってください。とは言うものの、楽しいことばかりではなく、未来には、複雑で厳しい世界も待ち受けていることでしょう。今後、いかなる困難な課題に遭遇したとしても、昨年来のコロナ禍にもくじけることなく、本学での「対人援助のプロ」を目指して、日々着実に努力した経験で培った自信を基に、常に前向きに突き進んで欲しいと願っております。

このような努力の積み重ねを通して、これからの時代「人間一人ひとりを大切にする」社会の中で、立派にご活躍されることを祈念して、私の式辞とさせていただきます。

令和3年3月23日

大阪人間科学大学 学長  田中保和


【緊急事態宣言解除に当たって】

2021年3月 1日

本学学生の皆さん、1月14日から1か月半にわたる大阪府等を対象とした緊急事態宣言が解除され、本学の対応が下記の通りとなり、課外活動や入構制限が緩和されました。

しかしながら、未だ気を緩めることなく、3密回避等、感染防止対策に十分留意して下さい。

また、学位記授与式においては、行事・イベント欄に、「感染予防・感染拡大防止策を講じた上で実施する。3密が避けられないものは自粛する。」と示す通り、残念ながら、卒業生の参加のみに絞って実施する予定ですので、ご理解下さい。

早くこのコロナ禍から開放されて、自由な学園生活が戻ることを祈って、あと少し(私の強い願望)の自粛生活を続けましょう。

新型コロナウイルス感染症への本学の対応(大阪府の緊急事態宣言解除を受け)
大阪府への緊急事態宣言が解除されたことに伴う本学の対応について、令和3年3月1日(月)から以下のとおりとします。

活 動 措置内容
学外実習 個別に実施を検討する。
課外活動 「団体ごとの感染予防行動」を遵守することを条件に、学内では活動を認める。学外は教職員の立会いのもと活動を認める。
行事・イベント 感染予防・感染拡大防止策を講じた上で実施する。3密が避けられないものは自粛する。Webなどの活用により対応する。
キャンパス入構 感染予防・感染拡大防止策を講じた上で入構を認める。
学生対応 感染予防・感染拡大防止策を講じた上で窓口での対応とする。

この対応は今後のコロナウイルス感染の状況により変更する可能性がありますので、その旨ご了承ください。



2月25日 学友会役員との学長懇談会

学友会から、神岡会長、江平副会長、村上副会長、今城会計の4名と、大学からは私をはじめ学生生活委員会の教職員が参加し、懇談会を実施しました。

20210301_gakucho01.jpg

内容は、学友会から令和2年度の活動報告があり、コロナ禍の中での新入生が交流できる機会を確保するために実施したオンライン上での交流会の企画をはじめ、学生総会の開催に向けた出欠票兼委任状の回収にオンラインフォームを活用し効果的であったこと、初のオンライン開催となる大学祭では専用アプリケーションへの登録者が300名を超えたことに続き、今後実施される入学宣誓式や新入生オリエンテーション等における活動予定が報告されました。

さらに、学生アンケートの結果に基づいた要望が報告され、「学内自動販売機の充実」「学内無線LANのエリア拡充及び電波の強化」「トイレにペーパータオルや棚の設置」に関する要望が提示されました。

この学友会からの報告を踏まえて懇談を行い、初めての試みとなるオンライン形式による大学祭の実施や、感染症の影響下でも停滞することなく学友会活動を展開したことに対して、私から慰労のことばと感謝の念を表しました。

次に、学友会から提示された学生の要望に対して私から回答しました。自動販売機に関する提案は業務委託先と交渉していくこと、学内無線LANは、次年度内に全学舎内で利用可能とする方向性で進めていること、トイレ内へのペーパータオルや棚の設置には衛生上の課題があるほか、大学からはハンカチを持参するよう学生に呼びかけていることなどを説明しました。その他、大学祭アプリケーションの今後の展開や学内無線LANの適切な使用に関する啓発、C号館における駐輪場の設置等に関して意見交換を行いました。

最後に、令和元年度自己点検評価報告書に基づき意見交換を行い、学友会から、遠隔形式での授業運営や課題の形式、学務情報システム、OHSポートフォリオシステム、キャリア支援体制などに対する課題及び意見が出されました。ポートフォリオについては、有益なシステムであるものの、その目的と運用方法が学生に十分説明されていなかったとの意見が出されました。大学からは、課題及び意見については担当部署に検討を依頼すること、新入生が遠隔形式の授業をスムーズに受講できるよう入学直後にオンラインツールのガイダンスを実施する予定であること、併せてガイダンスではポートフォリオシステムの説明を行う予定であること等の説明を行いました。

この学長懇談会を踏まえて、学生と教職員の想いが実現され、より良い大学生活が実現できることを願っています。最後に、記念撮影で、各自、指でハートを作って、早くアフターコロナになることを祈りました。全員でピース!!

20210301_gakucho02.jpg

(写真撮影時のみ、マスクを外しています。)


【今回の緊急事態宣言を受け】

2021年1月22日

1月14日から2月7日まで、大阪府等を対象とした2度目の緊急事態宣言が発令され、この宣言の趣旨を受け、本学においてはすべての授業を遠隔で行うことになりました。学生の皆さんにとって不自由をおかけしますが、感染防止に向けご理解とご協力をお願いします。

なお、後期試験についても遠隔実施となることから、不安もあるかと思いますが、教職員も最大限の努力を行い、対応していきますので、しっかりと準備をして単位取得に向け、臨んで欲しいと願っています。

その結果が、このコロナ禍を克服して、卒業・進級に繋がるものと信じております。そして、早期に平常時に戻り、学生の皆さんが本学のキャンパスに笑顔で登校され、大学生活を楽しんでもらえることを切に願っており、私たち教職員も笑顔で皆さんを迎えたいと強く思っています。

お互いこの難局にくじけることなく、克服できるよう頑張りましょう。