奨学金制度_平成29年度

大阪人間科学大学スカラシップ制度(奨学金給付制度)

内容

入学試験における成績を基に、奨学金として年間授業料を減額する制度です。

ポイント

  • 対象となる入試種別で基準の得点率を超えた入学者全員が奨学金の対象となります。(人数制限無し)
  • 対象となるセンター試験利用入試では、自己採点後に出願することができます。
  • 最長4年間適用可能です。

対象となる入試種別

  • 公募推薦入試(SA日程・SB日程・SC日程)
  • 一般入試(SA日程・SB日程)
  • センター試験利用入試(SA日程・SB日程)

給付額

  • 集計点の得点率が70%以上の入学者全員に年間授業料から20万円を減額
  • 集計点の得点率が80%以上の入学者全員に年間授業料から50万円を減額
  • 集計点の得点率が90%以上の入学者全員に年間授業料の全額を免除
GOOD! 集計点の得点率が70%以上の入学者は、年間授業料から 20万円減額
GREAT! 集計点の得点率が80%以上の入学者は、年間授業料から 50万円減額
EXCELLENT! 集計点の得点率が90%以上の入学者は、年間授業料から 全額免除
給付時期
給付額を年間授業料から前期・後期の2回に分割して減免します。

給付時期・期間

  • 給付時期:給付額を年間授業料から前期・後期の2回に分割して減免します。
  • 給付期間:最長4年間

※ 2年次以降の継続の可否は、入学後の成績により毎年審査します。

適用前 400万円、380万円、356万円
GOOD!適用後 320万円、300万円、276万円 80万円ダウン
GREAT!適用後 200万円、180万円、156万円 200万円ダウン
EXCELLENT!適用後 0円、0円、0円
  • ※ 他の本学独自の奨学金制度との併用はできません。
  • ※ 2年次以降、毎年奨学金継続の可否について、学業成績等による審査があります。
  • ※ 上記以外に、入学金、施設費、諸経費の他、履修内容によって実習費、テキスト代、諸物品費等が別途必要です。

申請方法

対象となる入試種別の受験者全員が対象となるため、事前の申請は必要ありません。

採用者への通知

該当者には「合格通知書」を送付する際に、「奨学金採用通知書」を同封してお知らせします。

その他

  • 他の本学独自の奨学金制度との併用はできません。
  • 入学手続を完了した者が、再受験により奨学金の権利を獲得した場合は、一旦、入学手続を完了している入試種別での入学を辞退(入学金を除いた授業料等の納入金を返還)した上で、あらためて奨学金の権利を獲得した入試種別において、入学手続(入学金及び授業料等)を行ってください。

指定校推薦における奨学金制度

内容

指定校推薦での入学者全員に、入学金全額(20万円)を免除する制度です。

ポイント

  • 指定校推薦での入学者全員が奨学金の対象になります。

対象となる入試種別

  • 指定校推薦(Ⅰ期)
  • 指定校推薦(Ⅱ期)

給付額

  • 入学金全額(20万円)を免除

申請方法

指定校推薦での入学者全員が対象となるため、事前の申請は必要ありません。

その他>

  • 「スカラシップチャレンジ制度」以外の、他の本学独自の奨学金制度との併用はできません。
  • 指定校推薦は該当校に推薦依頼をしています。推薦基準等、詳しい要項は在籍する高等学校等の進路指導部で確認してください。

スカラシップチャレンジ制度

内容

指定校推薦合格者で入学手続を完了した者が、「大阪人間科学大学スカラシップ制度(奨学金給付制度)」の対象入試のうち、「一般入試(SA日程)」及び「一般入試(SB日程)」を、奨学金の権利獲得を目指して検定料無料でチャレンジ(受験)することができる制度です。

ポイント

  • 指定校推薦に合格し、入学手続を完了した学科・専攻に限り、奨学金の権利獲得のためにチャレンジ(受験)することができます。
  • 奨学金の権利獲得後に、更に上位の奨学金の権利獲得を目指してチャレンジ(受験)することも可能です。
GOOD! 集計点の得点率が70%以上の入学者は、年間授業料から 20万円減額
GREAT! 集計点の得点率が80%以上の入学者は、年間授業料から 50万円減額
EXCELLENT! 集計点の得点率が90%以上の入学者は、年間授業料から 全額免除
給付時期
給付額を年間授業料から前期・後期の2回に分割して減免します。

対象者及び対象となる入試種別

  • 指定校推薦(Ⅰ期・Ⅱ期)合格者
  • 一般入試(SA日程・SB日程)

給付額

  • 集計点の得点率が70%以上の入学者全員に年間授業料から20万円を減額
  • 集計点の得点率が80%以上の入学者全員に年間授業料から50万円を減額
  • 集計点の得点率が90%以上の入学者全員に年間授業料の全額を免除

給付時期・期間

給付時期:給付額を年間授業料から前期・後期の2回に分割して減免します。
給付期間:最長4年間

※2年次以降の継続の可否は、入学後の成績により毎年審査します。

申請方法

FAX又はホームページ(指定校推薦の「合格通知書」送付時に詳細をお知らせします。)

採用者への通知

該当者には、「スカラシップチャレンジ制度による奨学金採用通知書」(返金方法等の案内含む。)を送付します。

その他

  • 「指定校推薦における奨学金制度」以外の他の本学独自の奨学金制度との併用はできません。
  • スカラシップチャレンジ制度により奨学金の権利を獲得した場合には、既納の入学手続時納入金のうち、差額分を返金します。

遠隔地学生奨学金制度(予約採用型奨学金給付制度)

内容

近畿圏(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県・滋賀県・三重県)以外の高等学校出身者を対象に、入学試験の出願前に奨学金を申し込み、書類選考により奨学金採用候補者として認定された場合、受験前に入学後の奨学金が予約できる制度です。

ポイント

  • 入学後の奨学金を受験前に採用(内定)します。
  • 人数制限はありません。
  • 最長4年間適用可能です。(※2年次以降の継続の可否は、入学後の成績により毎年審査します。)
  • 年額40万円、4年間継続で総額160万円を給付します。

対象となる入試種別

  • 公募推薦入試(SA日程・SB日程・SC日程)
  • 一般入試(SA日程・SB日程)
  • センター試験利用入試(SA日程・SB日程)

給付額

年間授業料から40万円を減額

給付時期・期間

給付時期:給付額を年間授業料から前期・後期の2回に分割して減額します。
給付期間:最長4年間

※2年次以降の継続の可否は、入学後の成績により毎年審査します。

申請資格

以下の1~6の条件に全て該当する者

  1. 平成29年度(2017年度)に対象となる入試種別を受験する者
  2. 日本国籍を有する者、又は永住者、定住者、日本人(永住者)の子
  3. 通信制を除く近畿圏(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県・滋賀県・三重県)以外の国内高等学校若しくは中等教育学校の出身者又は近畿圏(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県・滋賀県・三重県)以外に居住する者で通信制高等学校の出身者
  4. 上記の学校を平成29年3月卒業見込みの者
  5. 上記の学校での最終学年1学期又は前期までの全体の評定平均値が「3.5以上」である者
  6. 家計支持者(父母、父母がいない場合は代わって家計を支えている人)の「最新(平成27年中)の所得証明書」記載の収入・所得金額を合算した金額が以下の者。複数種類の収入・所得がある場合、合算して総合的に判定します。
給与・年金収入金額(課税前) 800万円未満
その他、事業所得金額 350万円未満

申請方法・申請期間・申請先

申請方法

所定の申請期間に下記申請先まで「申請書類」を郵送してください。

申請期間

平成28年9月1日(木)~1月31日(火)(1月31日消印有効)

申請先

〒566-8501大阪府摂津市正雀1-4-1
大阪人間科学大学 入試広報センター「遠隔地学生奨学金制度」係

申請書類

下記の書類を封筒に入れ、郵送してください。
  1. 「遠隔地学生奨学金制度申請書」 ダウンロード
  2. 父母両方の「最新(平成27年中)の所得証明書」(市区町村役場が発行)
    ※無収入の場合でも「非課税証明書」(市区町村役場が発行)を必ず提出してください。
    ※ アルバイトやパート勤務など、非課税の範囲でも収入がある場合には、「最新の所得証明書」に加えて、「平成27年分の源泉徴収票」を提出してください。
    ※ 母子父子家庭の方は家計を一にしているどちらか一方の書類のみ提出してください。その際には必ず申請書の父母欄に死亡年月又は生別年月を記入してください。
  3. 本人及び家族全員の「住民票」の写し(市区町村役場が発行)※3か月以内に発行したもの
  4. 出身学校の「調査書」

採用候補者の審査・決定・通知

  • 申請書類に基づいて審査の上、採用候補者を決定します。
  • 審査結果は、申請者全員に通知します。

正式採用条件

採用候補者に決定後、本奨学生として正式採用されるためには、平成29年度(2017年度)に対象となる入試種別を受験・合格し、入学手続を行ってください。

その他

  • 他の本学独自の奨学金制度との併用はできません。
  • 2年次以降、毎年奨学金継続の可否について、学業成績等による審査があります。
  • 本奨学金の申請・選考は、入学試験の合否には影響しません。
  • 対象となる入試種別以外の入学試験で合格して入学する場合には、本奨学金の採用候補者となっても本奨学金を受けることはできません。
  • 申請書・所得証明書等に記載されている個人情報は、本奨学金制度の審査を行うために利用し、それ以外の用途には一切使用しません。
  • 一旦受理した申請書・所得証明書等は、いかなる理由があっても返還しません。

奨学金制度Q&A

大阪人間科学大学スカラシップ制度の適用を目指し、複数回の入試種別を受験することは可能ですか?
可能です。なお、入学手続を完了した後に、大阪人間科学大学スカラシップ制度の適用を目指して、再度、検定料を支払った上で、対象入試種別を受験・合格した結果、大阪人間科学大学スカラシップ制度の対象となった場合は、既に入学手続を完了している入試種別での入学を辞退(入学金を除いた授業料等を返還)し、あらためて大阪人間科学大学スカラシップ制度の対象となった入試種別での入学手続(入学金及び授業料等)を行うことで奨学金が適用されます。なお、大阪人間科学大学スカラシップ制度の対象となった者が、更に上位の奨学金を目指す場合も同様となります。
大阪人間科学大学スカラシップ制度と遠隔地学生奨学金制度の併用は可能ですか?
併用はできません。どちらか先に権利を獲得した奨学金が優先となります。例えば、遠隔地学生奨学金制度の対象となった者が、大阪人間科学大学スカラシップ制度の対象入試種別を受験・合格した結果、大阪人間科学大学スカラシップ制度の対象となる得点を取ったとしても、先に権利を獲得した遠隔地学生奨学金制度が優先となります。ただし、公募推薦入試において大阪人間科学大学スカラシップ制度に挑戦し、その結果奨学金の対象とはならなかった者が、一般入試の受験に向け遠隔地学生奨学金制度の申請を行いその対象となった場合は、一般入試に合格すれば遠隔地学生奨学金制度が適用されます。
スカラシップチャレンジ制度で、大阪人間科学大学スカラシップ制度の適用を目指し、複数回の入試種別を受験することは可能ですか?
可能です。指定校推薦を受験・合格・入学手続完了した者が、大阪人間科学大学スカラシップ制度の適用を目指し、指定校推薦で入学手続を行った学科・専攻に限り、対象入試種別のうち、一般入試(SA日程・SB日程))を検定料無料で、奨学金の権利獲得のためにチャレンジ(受験)することが可能です。奨学金の対象となった場合は、既納の入学手続時納入金のうち、差額分を返金します。(入学金については、指定校推薦における奨学金制度の適用により全額(20万円)免除)なお、大阪人間科学大学スカラシップ制度の対象となった者が、更に上位の奨学金を目指すことも可能です。
遠隔地受験生奨学金制度はいつから受付が始まりますか?
9月からを予定しています。9月以降に、本学のホームページから申請書等をダウンロードし、申請期間中に郵送にて申請書を提出してください。
社会人授業料特別減額制度と他の奨学金制度との併用はできますか?
併用はできません。原則として社会人授業料特別減額制度が優先となります。なお、一般入試を受験し、大阪人間科学大学スカラシップ制度の対象となった者が、社会人授業料特別減額制度の適用を辞退することは可能ですが、2年次以降については、継続の基準(大学入学後の取得単位数、GPAの基準)があるため、それをクリアしなければ継続することはできません。(社会人授業料特別減額制度は原則4年間適用となります。)