子ども保育学科からのお知らせ

トピックス

「第10回 遊びフェスタ in 薫英 絵本の世界へとびこもう!」を開催しました♪

いやー、毎日、とにかく寒いですね~。dohhiです。お久しぶり~。

本日、ご紹介するのは2月12日に開催した大阪人間科学大学「第10回 遊びフェスタin薫英 絵本の世界へとびこもう!」の様子です。

今回は絵本の世界に表現されている場面を抽出し、それをお仕事として子どもが体験するという内容でした。

kodomo_001.jpg

子ども保育学科3年次生が中心になり、遊びフェスタの内容の企画・運営をし、夜遅くまで段ボールを工夫して製作をしたり、休日返上で準備をしました。

本当に子どもの安全に配慮し、準備をしており、学科教員一同、感心をしておりました。

当日、学生諸君は、自ら製作した遊具を介して、子どもたちとともに目をきらきら輝かせながら、遊び込んでおりました。

まずは、「わたしのワンピース」のブースです。

子どもたちは、自分のオリジナルのワンピースを制作しています。

kodomo_002.jpg

次は、「さるのせんせいとへびのかんごふさん」。

出てくるばい菌たちをやっつけています。

kodomo_003.jpg

ここは、「おまえうまそうだな」。

子どもたちと一緒に、カプラをしています。

kodomo_004.jpg

ここは、「ぐりとぐら」のようですね。

的にうまくボールが入れれるかな?

kodomo_005.jpg

お次は、「くまのがっこう」です。

思い思いの絵を大きな画用紙に描いています。

kodomo_006.jpg

ここは、「ふねのたび」。

子どもたちは気持ちよさそうに、航海していましたよ。

kodomo_007.jpg

最後は、「はらぺこあおむし」です。

巨大迷路のなかの宝物を探しながら、ゴールを目指します。

kodomo_008.jpg

楽しかった―。楽しい時間はあっという間に終わっちゃう。

最後は学生みんなで子どもたちをお見送り。

kodomo_010.jpg

そして、みんなで記念撮影。

まずは、3年次生全員で、ハイ、チーズ。

kodomo_011.jpg

お次は子ども保育学科全員で。

kodomo_012.jpg

帰りの駐輪場では、参加してくださったお子さんが、自分でつくった「わたしのワンピース」を脱ぎたくないといって、そのまま帰宅されたり、「家に帰ったら、おもしろい玩具がないから帰りたくないといって、泣いてるんです」といったお声を保護者の方々から頂戴いたしました。

2月という寒い季節であるにもかかわらず、地域の子どもたちや保護者の方々総勢312名が参加をしてくださいました。心より感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

平成29年4月からは、子ども福祉学科を改め、子ども保育学科に生まれ変わります。

これからも大阪人間科学大学 子ども保育学科のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

来年度はどんな遊びフェスタになるかな?楽しみ、楽しみ。