子ども保育学科からのお知らせ

トピックス

子ども保育学演習Ⅰ 卒業論文ゼミが決定しました!

お久しぶりでーす。子ども保育学科のdohhiです。
まだまだ、暑い日が続いております。みなさま、お元気にお過ごしでしょうか。

大学は夏休みが終わり、後期の授業が開始されました。
そして、子ども保育学科3年次生の卒業論文ゼミの配属が決定いたしましたので、お知らせいたします。


子ども保育学科では、実践ゼミと卒業論文ゼミの2段構えで、保育のことをとことん、追求していきます。
実践ゼミでは、音楽表現ゼミ身体表現・運動ゼミ造形表現ゼミに分かれています。

学生諸君は、自分の得意なことを伸ばしたい、あるいは苦手なところを学びたいと思いで、
実践ゼミを選択し、1年半保育実践に関することを中心に学んでいきます。


その後、今後、実践ゼミで経験したことを踏まえて、卒業論文ゼミにおいて、
さらに、自らもっと知りたい、このことを研究したい理論的な観点から追求していきます。


卒業論文ゼミでは、3つのコースに分かれています。

1つは、子ども×家庭・地域の子育て支援コース!
続いて、子ども×心理コース!
さらには、子ども×新しい保育の内容や方法コース! です。

すべては子ども中心に、各々の専門コースで学ぶことができるのです。


dohhiから、本学科が目指す保育者像である「確固たる基礎基本に基づき、自分の保育を創造し続け、自分の保育を語れる保育者」について熱く語りました。

本学科が目指す保育者像に近づくために、保育者になるための総合的な学修として、また、4年間の学びの総まとめとして、卒業論文を作成するんだということを学生と教員で共通理解を深めました。

zemi_170921_001.JPG
さあ、みなさん、発表ですよ。

zemi_170921_002.JPG

zemi_170921_003.JPG

zemi_170921_004.JPG
ドキドキ!


みなさん、これから卒業論文を作成するにあたり、大変なこともたくさんあるかと思いますが、一緒に頑張っていきましょう!