子ども保育学科からのお知らせ

トピックス

課程認定校レクリエーション交流大会

8月10日(金)に大阪府立体育会館で「第23回 課程認定校レクリエーション交流大会」が行われ、介護福祉専攻の2年次生4名、子ども保育学科の3年次生5名の計9名と、引率で城越(子ども保育学科)が参加しました。
遊びのブース担当校は6校で学生が約100名大会の運営に関わり、一般参加は本学を含め12校で約280名の学生が参加し、大会を盛り上げました。
この大会は各校からレクリエーション・インストラクターの資格取得希望学生が集まって行われているものです。資格取得のための必要単位時間は、理論9時間、実技27時間、演習15時間、事業参加・現場実習(3回)9時間であり、上記の大会は事業参加・現場実習に該当します。

以下はその様子をお知らせします。


20180810kodomo_01.jpg
オープニングで体操をしているところ

20180810kodomo_02.jpg
グループでボール運びをしているところ

20180810kodomo_03.jpg
ビブスをズボンに挟んで取り合う、「ビブス鬼ごっこ」をしているところ

20180810kodomo_04.jpg
「棒サッカー」をしているところ

20180810kodomo_05.jpg
車椅子体験をしているところ

20180810kodomo_06.jpg
グループで「ボール運び」をしているところ

20180810kodomo_07.jpg
グラウンドゴルフの用具を使った遊びを体験をしているところ

20180810kodomo_08.jpg
エンディングで「エビカニクス」を踊っているところ

今回参加した学生9名は、この大会参加でレクリエーション・インストラクターの資格を申請することができます。
今後は、レクリエーション・インストラクターとして学校や施設、地域等の行事に積極的に参加し、レクリエーションで学んだ知識や技術を活用することで、社会に役立ち、さらに、自分自身が今持っている知識や技術の向上にもつながって行くのです。今後の皆様の活躍を大いに期待しています。