上原 美優さん

子ども保育学科

持ち前の笑顔で子どもの個性を引き出し、
保護者の方にも安心してもらえる保育者を目指したいです。

2016年度入学
大阪府立吹田東高校出身

  • 保育者
  • 直感
  • オープンキャンパス学生スタッフ

子ども達とかかわることが自分にとって自然になっていました。

幼稚園で過ごす時間がとても楽しくて、先生がいつもみんなを元気にさせてくれていたことは今でも記憶に残っています。その後も、中学生の時に保育所での職場体験、高校生の時の保育の選択授業で子どもと一緒にご飯を食べたり遊んだりする中で、子どもとかかわることが私にとって、とても自然で楽しいと感じるようになり、最終的に保育者になるという夢を持つようになりました。

直感で決めた、大阪人間科学大学。

進学先を選ぶときに迷いはありませんでした。系列校の卒業生だった母からの勧めもあり、オープンキャンパスに参加しました。大学の雰囲気がとても良くて、先生や先輩学生が気さくに話しかけてくださり、実習やボランティア活動の場が豊富に得られるので身をもって保育を学べると聞き、ここなら保育者になる夢を叶えられると感じて、直感で人科大に入学することを決めました。

人科大で成長できたことが自信になっていく。

入学前から先生と学生の距離の近さを感じていましたが、入学後も感じたイメージのままでとても安心して学べる環境があります。分からない事や不安なことがあっても、先生方や先輩学生の皆さんが丁寧に教えてくれるところは本当に心強くて感謝しています。
プレ演習Ⅱという授業では、最終的に取り組んだ内容を子ども達の前で発表するのですが、その日に向けてみんなで合奏や人形劇などの練習や、小道具や衣装を手作りして本番に挑みました。みんなをまとめる役割は大変でしたが、子ども達が喜んでくれる生の反応が見られたことで手ごたえを感じましたし、手遊びやパネルシアターなど保育の現場で実際に役立つ多くのことを学べました。
今後の保育の勉強では遊びや生活、友達や保護者の方などの環境が子どもにどれだけ影響を与えているのかを深く研究したいと思っています。現在テーマパークでアルバイトをしていて、笑顔での接客に努めていることもあり、保育実習の時や先生方にも笑顔を褒められることがあります。この笑顔を絶やさず、子どもの個性を引き出し、保護者の方にも安心してもらえるような保育者を目指したいです。

オープンキャンパスの学生スタッフになって、今度は受験生を応援する側に。

人科大では勉強以外でもオープンキャンパスの学生スタッフとして頑張っています。人科大を受験する方や保護者の方々に人科大のことや子ども保育学科について分かりやすく伝える力を身に付けるなどコミュニケーション能力を高めて、私が先輩学生に応援していただいたように、今度は受験生の皆さんを応援していきたいです。

Q&A

Q.「大学に入るまで頑張っていたことは何ですか?」

ピアノを幼稚園の頃から約10年間習っていました。中学時代は吹奏楽部でサックスを、高校時代は軽音楽部でキーボードとボーカルをしていました。何度も人前で歌うことや演奏をしてきた経験で、度胸や自信が身に付いたと感じていますので、実習で子どもたちに手遊びや歌う際には緊張せずにいられるようになったと思います。

CAMPUS LIFE SHOT!!

実習前は先生の研究室でアドバイスを受けてしっかり準備します。

実習で使う手作りの小物は力作です!

空いた時間は、ピアノの練習を欠かしません。

MESSAGE

大学は将来の夢を明確にできる場でもあります。自分に合った進学先を選ぶ為にも、たくさんの大学のオープンキャンパスに参加し、たくさんの人の話を聞くことをお勧めします。
勇気を出して自分から話しかけることも大切です。入試の内容や、奨学金制度など少し難しそうだなと感じる内容についてもどんどん聞いて、様々なプログラムに参加してみてください!

※掲載情報は、取材時点の内容です。最新の情報と変わっている場合がありますのでご了承ください。

他の学生紹介を見る