大学院 人間科学研究科

大学院からの
お知らせ

More

ごあいさつ

学長
田中 保和

豊かな人間性と高い専門知識の修得を。

 大阪人間科学大学は建学の精神「敬・信・愛」のもと、「人間とは何か」を原点に、平成13(2001)年に2学科から成る人間科学部をもって開学しました。平成24(2012)年には、社会福祉学科、健康心理学科に、新たに医療福祉学科、子ども福祉学科(平成29年4月名称変更:現・子ども保育学科)、医療心理学科の3学科を設置し、平成28(2016)年4月には理学療法学科を開設し、6学科体制のもと、対人援助分野で活躍できる専門職業人の育成に特化した、より魅力のある大学へと生まれ変わりました。さらに、令和2(2020)年には新たに作業療法学科の開設を予定しており、3学部7学科への再編成により「対人援助の総合大学」を目指します。
 これらを基盤に平成18(2006)年に開設されたのが大学院人間科学研究科です。
 本研究科では、個々の生命体が、より健康でより活力に満ちた良い状態(ウェルビーイング)を創出するにはどうすれば良いのか、を積極的に問いかけ、心理学及び周辺の諸科学を学際的に総合しつつ、新しい人間科学の展開を図ることを目的としています。
 長期履修制度の導入や、平成30(2018)年度からの公認心理師の資格取得に向けたカリキュラムの編成において、研究科の方向性を更に明確化し、人間科学における科学的知見と臨床的実践力を通して人びとの心身における健康の回復、維持、及び増進に寄与しうる、心豊かな高度専門職業人の育成に努めています。

心理職の国家資格「公認心理師」について

心理学専門職として初めての国家資格が「公認心理師」です。大学4年間の心理学教育と大学院2年間の専門教育の修了、あるいは大学4年間の心理学教育及び関連する領域における一定期間の実務経験によって受験資格が得られ、その後の国家試験に合格すれば公認心理師資格を取得できます。
国家資格という性格上、これからの心理学専門職は公認心理師資格を取得することが必須となることは確かであり、また、医療施設、EAP(Employee Assistance Program,従業員復職支援プログラム)、一般企業の心理相談室・人事関係領域、児童相談所やその他の社会福祉施設、地域の心理アドバイザーなど、心理職が活躍する場が幅広く展開されることが期待できます。
本大学院は、大阪人間科学大学医療心理学科臨床発達心理専攻及び健康心理学科の学部教育と連携して公認心理師受験資格者の養成を進めていきます。また、公認心理師の試験機関として指定されている日本心理研修センターの研修会場提供大学として、臨床現場の専門職や大学院生の研究及び実践を研鑽する場を提供しています。

公認心理師へのステップ

公認心理師になるためには、国家試験に合格する必要があり、受験資格を得るためには以下の2つの方法があります。

1. 大学4年間と大学院2年間
大学と大学院で受験に必要な心理学の科目を取得し、卒業する。
2. 大学4年間と実務経験2年以上
大学で受験に必要な心理学の科目を取得し、臨床現場で実務を一定期間経験する。

研究科の構成

人間科学における科学的知見と臨床的実践力に対応した2つのコース
(心理学専門職コース・心理学総合コース)

大阪人間科学大学 大学院では、人びとが心身の健康に向けた力を十分に発揮し、より良い人生を目指すことができるように、健康に関する科学的研究とその成果を実践に活かすことができる専門家の育成を目的としています。
本大学院の特色は、心理学専門職の国家資格である公認心理師を目指す『心理学専門職コース』と、これまで培ってきた専門領域をより発展させるためのリカレント教育や心理学の学術的探求を行う『心理学総合コース』の2つのコースにあります。これらのコースによって、大学院生個人の成長のみならず社会全域の発展についても貢献しうる教育の充実化を図っています。

人間科学研究科の構成

VOICE

PROFESSIONAL'S VOICE

山本 孝子 教授

人生の物語を質的な立場から研究する際に、インタビューという手法を用いる場合があります。聴き手がいて、その場の文脈に従って語り手が言葉を紡ぎ出す...、そこには「人は生きている現実を積極的に構成し意味を作り出す存在である」という人間観が存在します。その考え方は心理療法にも適用され、クライエントとカウンセラーが互いに語り聴くことによって、当初の否定的な物語が肯定的な物語へと作り直されていきます。共同で生み出されるダイナミックなプロセスにおける聴き手の役割は重要で、カウンセラーを目指す人にはマイクロカウンセリング技法の習熟に努力することはもちろんのこと、自身の生き方がそこに反映されることを常に意識して日々を送る真摯な姿勢が求められます。
本大学院で学び、私がナラティヴ・セラピーやロゴセラピーを見つけたように、自分に合ったアプローチを見つけて公認心理師として専門的に活躍していかれることを期待します。

STUDENT'S VOICE

入江 日奈子さん
人間科学研究科 人間科学専攻
心理学専門職コース 1年次生

私は大阪人間科学大学 人間科学部 医療心理学科 臨床発達心理専攻で4年間心理学を学び、様々な心理領域の基礎から応用まで幅広く修得することができました。3年次では、学んだ内容を実践に活かしたいと考え、精神科デイケアでのアルバイトに挑戦しましたが、日々知識・スキル不足を実感するばかりでした。そこで、より高度な心理支援を実践するためさらに学びを深めたいと考え、公認心理師国家資格の取得を目標に大学院に進学しました。
大学院の講義は少人数で行われ、担当教員の臨床現場における実体験に基づいた様々なエピソードを聞かせていただいたり、公認心理師として働く上で必要な法律や、活躍が期待される主要な5分野を体系的に学ぶことができる授業等が充実しています。公認心理師受験資格取得に必要な実習についても、先生方のきめ細やかなサポートを受けることができ、先輩方にも気軽に経験談を伺うことができます。本大学院には、将来の目標を高く持ち、邁進する仲間がいます。皆さんと共に切磋琢磨できることを楽しみにしています。

コース紹介

心理学専門職コース

ポイント

  • 悩める人たちの支援を行う心理専門職である公認心理師受験資格者の養成を行うことを目的としたコースです。
  • 心理カウンセリングの技法はもとより認知行動療法、応用行動分析、ストレスカウンセリング、解決志向アプローチなどセラピーに通じた心理学について幅広くそして深く学びます。
  • 公認心理師受験資格に関心を持つ人をサポートする教育を行います。
公認心理師

※公認心理師国家試験を受験するためには、卒業した大学において公認心理師受験資格取得に必要とされる学部科目を修めておく必要があります。必要な学部科目の履修状況については、卒業したあるいは卒業する大学に確認してください。

公認心理師が活躍する領域は数多くあります。

  • スクールカウンセラー
  • 病院の心理カウンセラー
  • 会社の心理相談員
  • 児童相談所や福祉施設の心理職
  • 家庭裁判所調査官
  • 少年鑑別所や拘置所などの法務技官(心理)
  • 警察の相談員 など

開講科目一覧(公認心理師受験資格取得に必要な科目)

心理実践科目

  • 保健医療分野に関する理論と支援の展開
  • 福祉分野に関する理論と支援の展開
  • 教育分野に関する理論と支援の展開
  • 司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開
  • 産業・労働分野に関する理論と支援の展開
  • 心理的アセスメントに関する理論と実践
  • 心理支援に関する理論と実践
  • 家族関係・集団・地域社会における心理支援に関する理論と実践
  • 心の健康教育に関する理論と実践

実習科目

  • 心理実践実習

研究演習科目

  • 人間科学研究演習Ⅰ
  • 人間科学研究演習Ⅱ

※カリキュラムは変更になる場合があります。

心理学総合コース

ポイント

  • 心理学、医療、教育などにおいて、心身の健康に関連する仕事に従事している人や、これから専門の業務に進もうとする人に対するリカレント教育の場を提供します。
  • 大学で学んだ心理学や他の行動科学の研究を深めることもできます。
  • 看護師、保健師、教員、その他人びとの健康に関連する現場において、対人援助の更なるスキルアップを目指す人、心理学の研究を継続したい人への教育を行います。

修了後の進路

  • 医療・保健・教育・社会福祉における専門職
  • 企業におけるメンタルヘルス担当者
  • コミュニティにおける相談業務職など高度な対人援助職
  • 健康分野における研究者

開講科目一覧

特論科目

  • 精神医学特論
  • 社会福祉学特論
  • 応用行動分析学特論

特殊講義科目

  • 人間科学特殊講義Ⅰ
  • 人間科学特殊講義Ⅱ

演習科目

  • 心理学研究法演習
  •  
  • 行動観察・分析法演習
  • ソーシャルリサーチ演習
  • 多変量解析法演習
  • 質的研究演習

実習科目

  • 健康心理カウンセリング実習
  • 健康心理アセスメント実習

研究演習科目

  • 人間科学研究演習Ⅰ
  • 人間科学研究演習Ⅱ

一部公認心理師対応科目を受講することができます。

※カリキュラムは変更になる場合があります。

長期履修制度について

自分のペースで仕事と学習の両立を実現

長期履修制度とは、職業を有するなどの事情により、年間に履修できる単位数や研究・学習活動に充てられる時間が限られているため、標準修業年限(2年)では大学院の教育課程の履修が困難な学生を対象に、一定の期間にわたり計画的に教育課程を履修し修了することにより、学位の取得を可能とする制度です。
長期間でマイペースに学べ、無理せず仕事と大学院での学びが両立でき、じっくり時間をかけて学ぶことができます。

申請資格

  • 職業を有し、就業している者(正規雇用者に限らず、主として当該収入により生計を維持している者)で、著しく学習時間の制約を受ける者
  • 家事、育児、長期介護などにより、著しく学習時間の制約を受ける者

履修期間

【3年又は4年のいずれか】
長期履修の開始時期は入学時点とし、学年の途中から開始することはできません。また、履修期間は延長できません。

※その他詳細については学生募集要項をご確認ください。

指導教員紹介

大野 太郎 教授

研究科長 大野 太郎 教授

ストレスマネジメント教育、EAP、産業カウンセリング、非行犯罪臨床

 ストレスマネジメントについて研究しています。ストレスは老若男女に共通するテーマですが、とりわけ学校教育と産業領域の精神衛生が主研究です。子どもたちへのストレスマネジメント教育や、働く人たちのストレス予防及びEAP(Employee Assistance Program、従業員支援プログラム)、産業カウンセリングの研究・実践を行ってきました。ストレスに強い子どもたち、ストレスを成長のチャンスにできる働く人たちの育成を目指す専門家になりましょう。

副学長 山岸 正和 教授

副学長 山岸 正和 教授

総合内科学(総合内科専門医)、循環器内科学(循環器内科専門医)、総合医学教育

 ヒトの心理を探究するには、まずヒトの成り立ちを熟知することが重要です。特に、ヒトの起源であるアミノ酸からのDNA合成、細胞への変化、そしてヒトの誕生の歴史を知ることは、その後生ずる「人間関係」を理解する上でも必要です。生命の分子生物学からヒト諸臓器、特に心血管、脳の機能についての研究を進めます。

東 千冬 准教授

東 千冬 准教授

臨床心理学、精神分析的心理療法、スクールカウンセリング、緊急支援

 胎児から高齢者、終末期までを対象に「人間の苦悩とは何か」や、そこに臨床家として、いかに関与し二人の関係性の中で心理臨床の方法をどのように扱えるかについてを研究しています。専門は精神分析(対象関係論)によるクライエント理解、そしてその状態像によって適切かつより効果的な心理療法を活用する統合的心理療法です。

堤 俊彦 教授

堤 俊彦 教授

児童臨床心理学、行動療法

 専門は児童臨床心理学です。主となる活動は、幼児から思春期までの子どもを対象とする発達臨床です。人生早期の幼児期、学童期に不適応に陥り、生きづらさを抱える子どもが増えています。その多くに発達障がいが疑われますが、障がいだからと諦めるのではなく、不適応の原因は、物事を認識する力、あるいは人とかかわる力、または両方の遅れであると捉え、認知面と行動面からのアプローチによる心理的支援を行っています。

日上 耕司 教授

日上 耕司 教授

応用行動分析学、発達障がい、禁煙支援

 専門は応用行動分析学(ABA)で、発達障がい児(者)及びその家族や周辺の人々への支援が主な実践・研究のテーマです。ABAは単なる療育技法ではなく、独自の行動観に立脚する心理・行動科学の一領域である行動分析学の"応用領域"です。行動の原因は個体内にある"心(や意思)"ではなく、"心(や意思)"もまた行動であり、それらの原因は環境の側にあると捉える行動観に基づき、"個人攻撃の罠"に陥ることなく行動(心)のあらゆる問題の解決を目指します。

宮脇 稔 教授

宮脇 稔 教授

医療心理学、病院臨床、精神保健

 精神保健・医療関連における就労を目指す大学院生への臨床実習や実践指導を担当しています。公認心理師国家資格では、一般財団法人・日本心理研修センター(http://shinri-kenshu.jp/)の理事として、公認心理師の試験制度や運営にかかわり、試験の実施に携わっています。

山本 孝子 教授

山本 孝子 教授

カウンセリング心理学

 病理や問題ではなく個人の長所・強みに焦点を当てるカウンセリング心理学が専門です。様々な人生をマイクロカウンセリング技法(傾聴技法)を用いて聴き取り、語られたストーリーを「意味」を軸とした新たなストーリーに書き換えるアプローチ(ナラティヴ・セラピーやロゴセラピーによる心理教育)の研究と臨床活動を行っています。