健康心理学科

健康心理学科からの
お知らせ

More

対人関係、心身、社会を健康にする手段を学び、幅広い分野で心理学を活かせる人材へ。
特別支援学校教諭などの教員免許の取得も可能。

取得可能な資格等

  • 認定健康心理士
  • 認定心理士
  • 高等学校教諭一種免許状〈公民〉
  • 中学校教諭一種免許状〈社会〉
  • 特別支援学校教諭一種免許状〈知的障害者・肢体不自由者・病弱者〉
  • 社会調査士
  • 社会福祉主事任用資格

※特別支援学校教諭免許状取得には高等学校教諭免許状若しくは中学校教諭免許状の取得が必要です。

目指す資格

  • 公認心理師
  • 指導健康心理士
  • 行動療法士
  • 臨床心理士
  • 学校心理士
  • 健康運動実践指導者
  • スポーツメンタルトレーニング指導士
  • レクリエーション・インストラクター

※資格を取得するには、大学院への進学などが必要になります。

学生インタビュー動画(YouTube)

学びのポイント

5つのコースから専門的に学びを深める
健康心理学は幅広い分野、事柄を対象とします。そのため1~2年次で総合的に心理学を学び、自分の興味関心や将来進みたい方向を探っていきます。そして3年次から学びたい内容に応じて特別支援教育・心理、スポーツ心理、対人心理、健康カウンセリング、公認心理師コースの5つのコースで専門的に学びます。コース間の垣根は低く、横断的に学習を進めることも可能です。
特別支援学校教員免許など
各資格の取得も可能
関西の大学の心理学系学科ではめずらしく、中高の教員免許に加え特別支援学校の教員免許が取得できます。教職課程も充実しており、少人数制ならではのきめ細やかな指導を実現しています。また、初の心理系国家資格として「公認心理師」が誕生することになりました。公認心理師法の施行に合わせて、「公認心理師」取得を目指せるカリキュラムへの対応を行う予定です。
幅広いフィールドで必要なスキルを磨く
本学科では「健康」をキーワードに学びを深めていきます。重点を置いているのは、病気の人を治療するための学びよりも、「健康な人をより健康にする」「健康な人を増やす」といった考え方。そのため将来は、病院や施設に限らない社会の多彩なフィールドが活躍の場となります。心理学はもちろん、社会の様々な出来事に関心を持つ姿勢を大切にしながら、学びを深めます。

PROFESSOR'S MESSAGE

健康心理学科
高木 麻未 助教

誰にとっても欠かせない「健康」。
心理学の観点から健康の維持・増進を目指す。

対人関係や日常生活で、ストレスを感じたことはありますか?この問いに「いいえ」と即答できる人は恐らくいないでしょう。現代社会において人は、身体的であれ、精神的であれ、ストレスを全く感じずに生きていくことはできません。生活していれば必ず生じるストレスと、どのように向き合い、コントロールしていくか。健康心理学科ではそれを学び身体と心を健康に保つこと、そしてその方法を多くの人に伝えていくことを目指しています。
本学科では、「良好な対人関係を築くには」「スポーツでメンタル面を強化するには」「健康な人を増やすには」といった課題に心理学の観点から取り組みます。心理専門職に限らず幅広い職種やプライベートの面でも、活かせる学びとなるでしょう。

コース紹介

5つのコースから健康心理の学びを深めます。

特別支援教育・心理コース

心理学の視点から分かりやすく
効果的な教え方を学ぶ。

心理学の知見を活かして、分かりやすく教える方法を考えていきます。また、健康心理学の立場から子どもたちがかかえる問題や悩みをサポートできる力を身に付けます。

目指せるキャリア

  • 中学校教諭
  • 高等学校教諭
  • 特別支援学校教諭
  • 医療施設スタッフ
  • 保健施設スタッフ
  • 福祉施設スタッフ
  • NPOスタッフ など

スポーツ心理コース

スポーツ心理学の知見に基づき、
スポーツを通した健康づくりの方法を学ぶ。

スポーツによるストレスの低減やコミュニケーションの促進などスポーツの心理的、社会的効果を学び、職場や地域などの様々な場面で活用する方法を身に付けます。

目指せるキャリア

  • スポーツ関連施設のスタッフ
  • 健康関連施設のスタッフ
  • スポーツ関連の企業 など

対人心理コース

社会心理学の知見に基づいて
コミュニケーション能力を学ぶ。

言葉や文字による言語的コミュニケーション、ファッションやメイク、表情など言葉を使わない非言語的コミュニケーションなど社会心理学に基づく知識を幅広く学び、対人関係を円滑にするための方法を身に付けます。

目指せるキャリア

  • 営業
  • マスコミ関係
  • 販売員
  • ビューティアドバイザー など

健康カウンセリングコース

健康を科学し、
臨床に活用するスキルを学ぶ。

健康カウンセリングの基礎から実践までを深く幅広く学び、自分自身だけでなくまわりの人々の健康とストレス予防に関して適切に働きかける方法を学びます。

目指せるキャリア

  • 企業における健康管理にかかわる仕事
  • 禁煙指導の仕事
  • 病院施設や福祉施設のスタッフ など

公認心理師コース New!

医療・教育・福祉をはじめ、
臨床の現場で活躍できる心理カウンセラーを目指す。

私たち現代人は、様々な心の問題で悩んでいます。本コースでは、心理支援の専門的な知識や技術を実践的な学びを通して習得し、心理職の国家資格「公認心理師」の取得を目指すことができます。現場で役立つ心理カウンセラーやセラピストとして、多職種と連携してこころの問題に対処できる専門家を養成します。

目指せるキャリア

  • 心理職・心理カウンセラー職全般
  • 福祉領域(児童相談所・子育て支援センター など)
  • 教育領域(スクールカウンセラー・特別支援学校 など)
  • 医療・保健(病院・精神保健センター など)
  • 産業・労働(企業の健康管理センター・障害者職業センター など)
  • 司法・警察(家庭裁判所・少年鑑別所/少年院・科学捜査研究所 など)
  • 大学・研究所(学生相談室・大学附属心理相談室 など)

授業紹介

教職概論

教職課程科目の基礎として教育の本質を考え、教育の基礎的な理論・事象、歴史を学び、教育を受ける側・授ける側を総合して理解・考察する力を身に付けます。

装いの心理学

ファッションやメイクなど「装い」をテーマに、心理学の視点で研究。実験・調査・観察などの科学的方法を通し、「装うこと」が健康に与える心理的効果を学びます。

TOPICS

3種類の教員免許の取得が可能

「教職課程」を設置している本学科では、教員免許の取得を目指すことができます。自分の内面を理解する、相手の話を傾聴するといった心理学の学びは、教育分野で存分に活かすことができるでしょう。高校(公民)・中学(社会)の教員免許に加え特別支援学校(知的障害者・肢体不自由者・病弱者)の免許の取得も可能です。教育実習や教員採用試験に向けてのサポートも充実。少人数制のプログラムで、資格取得を目指すことのできる環境が整っています。

  • 高等学校教諭
  • 中学校教諭
  • 特別支援学校教諭

心理学の実習・演習

心理学は、目には見えない「こころの動き」を科学的な手法を用いて研究する学問です。
健康心理学科では、心理学の既存の理論を学ぶだけでなく、実験、観察、調査、統計など様々な手法から「こころの動き」を研究し、私たちの行動にどのような影響を与えるのかを研究します。

心理学基礎実習Ⅰ(実験)

ミュラー・リヤー錯視、触の2点閥、重さの弁別閥、記憶の過程の分析といった心理学における基礎的な実験の手続き、測定方法、データの収集、結果の整理方法や考察の過程を学びます。

心理学応用実習Ⅰ(アセスメント)

知能や発達、人格など多様な心理学的評価(アセスメント)の方法を学びます。
心理的評価(アセスメント)の意義や目的を学習するとともに、多様な技法を実際に体験し、それに基づいた心理的介入のプロセスについて理解します。

心理学演習Ⅱ

大学4年間の学びの集大成として卒業論文の制作に取り組みます。一人ひとりが関心を持つテーマごとに卒業論文を作成。先行研究の収集や、4年間で学んだ調査、実験、結果の分析などを各自で行い、完成を目指します。

キャリアイメージ

心と身体の仕組みを理解する健康心理学は社会の様々なフィールドで活かすことができます。
お客さまの気持ちをつかむ接客から、分かりやすい授業ができる教員など、心理学の視点を持ったプロフェッショナルを目指せます。

健康心理学を活かすことができるフィールド

健康増進分野

健康心理学の専門的な知識や技術を習得し、様々な職場で観察・テスト・面接などの健康心理アセスメントと健康心理カウンセリング、健康教育プログラム作成の実施に当たります。

教育分野

心理学研究に裏付けられた分かりやすく、やる気の出る授業方法を学習します。中学・高校・特別支援学校の教員や塾の講師などの教育現場で活かすことができます。

ファッション分野

色がもたらす心理的な効果の理解やファッションなどのノンバーバル(非言語)・コミュニケーション技法を習得することで、販売士やスタイリストなど、ファッションから支援できる職業を目指せます。

防犯・防災分野

犯罪の発生を防ぐコミュニティ心理学や自然災害後のストレスを未然に抑えるストレスマネジメントを学び、健全な暮らしや街づくりに貢献できる人材を育成。警察官や自衛官、市の防災課などでの活躍を目指せます。

サービス分野

心理学の視点から言葉遣いや相手の立場に立ったコミュニケーションの取り方を学び、質の高いサービスを提供します。販売士や接客など人と接する職業を目指せます。

心理専門職分野

心理学の専門職として、様々な問題をかかえる人々に対して相談・支援できる力を身に付けます。専門の大学院に進学することで、公認心理師やカウンセラーなどを目指すことができます。

医療・福祉分野

身体の仕組みや対人心理を学び、身体や精神に障がいのある人の心と身体の両面から支援できる力を身に付けます。
高齢者福祉施設や障がい者施設など、幅広い現場で活かすことができます。

業種別の就職割合

医療・福祉などの健康にかかわる分野はもちろん、販売や接客など特に人とのかかわりが重要な分野で多くの卒業生が活躍しています。近年では教育の分野で活躍する卒業生も出てきており、健康心理学の視点を持った卒業生の活躍の場は更に広がっていくことが見込まれます。

健康心理学科卒業生の進路

  • ①サービス業...36.4%
  • ②医療、福祉...18.2%
  • ③小売業...13.6%
  • ④製造業...9.1%
  • ⑤卸売業...4.5%
  • ⑥不動産業、物品賃貸業...4.5%
  • ⑦教育、学習支援業...4.5%
  • ⑧情報通信業...2.3%
  • ⑨金融業、保険業...2.3%
  • ⑩公務...2.3%
  • ⑪その他...2.3%

STUDENT'S VOICE

平成28年3月卒業 梶山 絵美さん
兵庫県立伊丹高校出身
株式会社ゲオホールディングス 内定

心と体を健康にする知識や技術、
幅広い学びが仕事に役立つ。

健康心理学科を希望したのは、「人の心と体を健康に保つ」という分野に興味を持ったからでした。
授業はストレスへの対処法やコミュニケーション術など、周りとの関係を円滑にするための内容が多く、社会に出てからも活かせます。心理について幅広く学べる点も魅力的ですね。私は「消費者行動論」を研究しているのですが、卒業後は販売業で働くので大学での学びが役立つと思います。

PROFESSIONAL'S VOICE

金原 菜満さん
2014年 健康心理学科卒業
大阪府 特別支援学校 勤務
職種:特別支援学校教諭

悩み続けることが教育なのかもしれない。

大学時代に受けた、障がい児教育に関する授業がきっかけで教育の仕事に興味を持ちました。今は特別支援学校で高等部の担任として、生徒に社会科の教科指導をはじめ、自立や摂食などの生活指導をしています。
時々ふと「私は教員として生徒に何を教えることができるだろう」と考えることがあります。それを相談した先輩教員からは「そうやって悩むからこそ、教育だよ」と言われました。そうかもしれません。正解のないこの仕事は、難しいです。でも、難しいからこそ楽しい。そして何より、生徒の成長をすぐ側で感じ、喜びを一緒に味わえる最高の仕事だと思います。

学科専門科目のカリキュラム

心理学の基礎となる知識や実験、調査・観察及びデータ解析の方法を2年次までにしっかりと身に付け、3年次から高度な専門課程へと進みます。社会で役立つ専門性の高い科目が充実しています。また、中学・高等学校、特別支援学校の教員免許状の取得が可能です。

学科専門科目

1年次

  • 心理学概論
  • 心理学研究法
  • 現代社会とストレス
  • ワークショップデザイン
  • レクリエーション概論
  • 魅力の心理学
  • ライフデザイン論
  • 哲学
  • 地理学概論
  • 日本史概論
  • 外国史概論
  • 教職概論

2年次

  • ストレスマネジメント
  • 心理学基礎実習Ⅰ(実験)
  • 心理学基礎実習Ⅱ(調査法観察法)
  • データ解析Ⅰ(基礎統計)
  • データ解析Ⅱ(推測統計)
  • 生理心理学
  • 知覚心理学
  • コミュニティ心理学
  • 健康心理学
  • 心理薬理学
  • パーソナリティ心理学
  • 臨床心理学
  • 行動療法
  • 社会心理学
  • グループ・ダイナミックス
  • 学習心理学
  • 健康心理学実践法
  • ポジティブ心理学
  • スポーツ心理学
  • キャリア開発論
  • 環境社会学
  • 環境経済論
  • 学習・発達論
  • 教育社会学
  • 教育制度論
  • 教育課程論
  • 特別活動論
  • 教育方法論
  • 生徒指導論(進路指導を含む)
  • 教育相談の理論と方法
  • 特別支援教育
  • 知的障害教育総論
  • 肢体不自由教育総論
  • 病弱教育総論
  • 自閉症児の心理・生理・病理
  • 介護等体験
  • 道徳教育論
  •                                 
  • 心理実習Ⅰ

3年次

  • 心理学応用実習Ⅰ(アセスメント)
  • 心理学応用実習Ⅱ(カウンセリング)
  • 心理実習Ⅱ
  • データ解析Ⅲ(多変量解析1)
  • データ解析Ⅳ(多変量解析2)
  • データ解析特殊講義Ⅰ
  • 認知心理学
  • 健康教育概論
  • 健康心理アセスメント概論
  • 神経心理学
  • 健康栄養学
  • 心理学特殊講義Ⅰ
  • 心理学特殊講義Ⅱ
  • 対人援助の心理
  • 装いの心理学
  • 対人行動論
  • 産業心理学
  • 消費者行動論
  • 比較行動論
  • 職場のヘルスプロモーション
  • 社会調査実習
  • 心理学特殊講義Ⅲ
  • 心理学特殊講義Ⅳ
  • 健康スポーツ科学
  • コーチングの心理学
  • 犯罪心理学
  • 防犯・防災の心理学
  • キャリアカウンセリング論
  • 行動変容論
  • ソーシャルスキル演習
  • 心理学演習Ⅰ
  • 知的障害者の心理・生理・病理
  • 肢体不自由者の心理・生理・病理
  • 病弱者の心理・生理・病理
  • 知的障害者の教育課程及び指導法
  • 肢体不自由者の教育課程及び指導法
  • 病弱者の教育課程及び指導法
  • 障害児の教育と指導
  • LD等教育総論
  • 発達障害論
  • 社会科教育法Ⅰ(社会)
  • 社会科教育法Ⅱ(社会)
  • 公民科教育法Ⅰ(社会)
  • 公民科教育法Ⅱ(社会)
  • 特別支援教育実習

4年次

  • データ解析特殊講義Ⅱ
  • 心理学史
  • 心理学関連法規・倫理
  • メンタルヘルス論
  • ライフサイクル論
  • 感性工学
  • 学校心理学
  • メンタルトレーニング論
  • 産業カウンセリング論
  • 実践情報処理演習
  • 認知行動療法
  • 心理学演習Ⅱ
  • 教職実践演習(中等)
  • 教育実習事前・事後指導
  • 教育実習Ⅰ
  • 教育実習Ⅱ
  • 特別支援教育実習

※カリキュラムは変更になる場合があります。