健康心理学科

健康心理学科からの
お知らせ

More

臨床健康心理学(公認心理師)、教職(特別支援学校教諭/中学校教諭〈社会〉/
高等学校教諭〈公民〉)、社会心理学を学ぶ。

取得可能な資格等

  • 特別支援学校教諭一種免許状〈知的障害者・肢体不自由者・病弱者〉
  • 高等学校教諭一種免許状〈公民〉
  • 中学校教諭一種免許状〈社会〉
  • 認定健康心理士
  • 認定心理士
  • 社会調査士
  • 社会福祉主事任用資格

※取得には高等学校教諭免許状若しくは中学校教諭免許状の取得が必要です。

目指す資格

  • 公認心理師(国)
  • 指導健康心理士
  • 行動療法士
  • 臨床心理士
  • 学校心理士
  • 健康運動実践指導者
  • スポーツメンタルトレーニング指導士

※資格を取得するには、大学院への進学などが必要になります。

学生インタビュー動画(YouTube)

学びのポイント

健康にかかわる
心理学を学べる5つのコース
5つのコースを設定しており、それぞれを1〜2年次で学びながら、自分の興味や関心、将来進みたい方向を探ることができます。3年次からは興味に合わせてコースを絞り込み、専門的に学びながら、志望の未来へ向かいます。
公認心理師や、
特別支援学校教員の資格取得へ
心理系国家資格「公認心理師」取得に向けたカリキュラムに対応。少人数制のきめ細やかな指導で、資格取得を支援します。さらに関西の大学の心理学系学科ではめずらしく、特別支援学校だけでなく中高の教員免許が取得可能。
「様々な人々の健康に寄与する心理学」を軸に社会に貢献
本学科の学びのテーマは、「健康な人をより健康にする」こと。そのため将来は、病院など医療機関だけでなく、教育現場や企業など多彩な分野が活躍の場に。心理学を軸に、広く「健康に暮らせる社会づくり」に貢献する力を身に付けます。

PROFESSOR'S MESSAGE

健康心理学科
高木 麻未 助教

ポジティブサイコロジー。
人としての「強み」を活かし、成長を育む。

ストレスへの対処は、現代人が健康的に生きていくための最も重要な課題です。2015年から、50人以上の従業員がいる企業で「ストレスチェック」が義務化され、年々、社会全体で「心の健康」への注目が高まっています。さらに、心理専門職で初の国家資格、「公認心理師」が誕生したことからも分かるように、心の問題に向き合い対処する力は、より一層必要とされるでしょう。その中で、従来からの「病める人を健康にする人材」に加えて、「人の強みを引き出す」ポジティブサイコロジーの考え方をふまえ、「より生き生きと充実した生き方を支援する人材」が更に求められています。そのため本学科では、心の健康を様々な角度から研究。「ストレスマネジメント」をはじめ、心理学の幅広い分野を学べることも特長です。卒業後の進路も多様で、医療機関をはじめ、子どもの健やかな成長を助ける教職、健康に暮らせる社会づくりに挑む企業人など多岐にわたります。健康心理学を学ぶことで、人と社会がこれまでとは違って見えるでしょう。ぜひまっさらな心で、健康心理の学びに踏み込んでください。

PROFESSIONAL'S VOICE

小椋 千愛さん
2016年 健康心理学科卒業
L's College おおさか 勤務
職種:教員/支援員

ストレスをマネジメントし、心の成長をはぐくむ。
人が豊かになれば、社会も豊かになる。

私が勤務する、知的・精神障がい者を対象とした学校では、知識を教えるというよりも、子どもたちの持っているものを引き出し、心身の成長を大切にするという教育の原点を実践しています。言葉によるコミュニケーションが苦手な生徒たちは自分の想いをうまく伝えられず大きなストレスを抱えることがあります。こうしたとき、大学での学びが役立ちます。例えば「どうして期待通りに動いてくれないのだろう?」ではなく、「何を不安に感じているのだろう?」と考えるのです。言語でのコミュニケーションが難しければ体を使って通じ合う、発散させるなど、心へのアプローチは多様です。中でも体を使ったアプローチは有効で、近くのグランドで運動をすることもあります。体を動かして楽しみながら、「周囲とのかかわり方」を学ぶこともできます。近年、こうした知的・精神障がい者を対象とした教育ニーズはますます拡大しており、相手の心に柔軟にアプローチしながら、ともに成長していく指導者が求められています。これらの特別支援教育の場が豊かになれば、社会はもっと豊かになるはず。私の夢もまた、広がっています。

コース紹介

現代社会に求められる5つのコース。必ず、あなたに合った心理学が見つかるはず!

公認心理師コース

医療・教育・福祉をはじめ、
臨床の現場で活躍できる心理カウンセラーを目指す。

心理カウンセラーと呼ばれる領域での活躍が期待される新しい国家資格「公認心理師」の資格取得を目指し、カウンセリングやセラピーなど、心理支援の専門的な知識や技術を実践的な学びを通して習得します。なお、基本的に資格取得には大学院への進学と国家試験の合格が必要ですが、本学大学院(人間科学研究科心理学専門職コース)との連携教育を通して質の高い公認心理師の養成を行います。

健康カウンセリングコース

思いを力に、希望を成長に。
心や気持ちをポジティブに変える実践法を学ぶ。

ストレスに満ちた現代社会、多くの人の心がマイナス感情を抱いています。ストレスに上手に対処し、健康的な生活を送ることは、すべての人の願いです。悲しみや怒りなどのマイナス感情は、出来事の捉え方を変えることによって、「心の強さ」や「自己の成長」を促進させる力へと変えることができます。考え方をポジティブにし、健康行動を活性化させる実践法を学びます。

特別支援教育・心理コース

特別支援を必要とする児童・生徒の数は年々増加、
ますます高まる特別支援ニーズに応える。

少子化が進む社会において、特別支援を必要とする児童・生徒の数は年々増加しています。このような現状において、特別支援への専門的ニーズが高まるなか、特別支援学校では、その知識とスキルを持った教師が不足しています。基礎から応用までの専門的な実践指導により、特別支援教育の専門家を育成します。

対人心理コース

社会を動かしているのは心理学!
より充実し生き生き働くための心理学を学ぶ。

対人や集団の場で求められるソーシャルスキルを、社会心理学を通した多様な視点から身に付けます。ストレス対応や自らの強みを活かすポジティブ心理学の視点、あるいはメイクや装いなどを通した非言語的コミュニケーションなど、社会人基礎力を高め、生き生きと働き、人生をより充実したものにするための知識とスキルを学びます。

スポーツ心理コース 

アスリートの心理的サポートの知識と技術を学び、
スポーツメンタルトレーニング指導士を目指す。

アスリートが競技場面で能力を最大限に発揮できるようにするために、メンタルトレーニングやコーチングの知識に基づいて、心理的側面に対する指導・助言ができる力を身に付けます。これらの能力は、アスリートの心理的サポートはもちろん、一般企業におけるパフォーマンスの向上やチームマネジメントなどにも活かすことができます。

SPECIAL VOICE(新資格・公認心理師(国)を目指す先輩)

2年次生 川村 祐未さん
大学院 人間科学研究科 健康心理領域

併設の大学院に進学。
慣れ親しんだ環境で挑戦を続けています。

学部で心理学の学びや児童施設でのボランティアなどの経験を通して心理職に就きたいという思いが強くなっていきました。日本初の心理職国家資格「公認心理師」が生まれると聞いたときは「これだ!」と思いました。取得には大学院進学も求められますが、本学には心理系の大学院が併設されており、スムーズに進学することができました。院に進んでも変わらず親身な先生方に、資格についてだけでなく修士論文や進路など、たくさん相談しながら、試験合格を目指しています。

4年間の学び

健康心理学を活かす未来も、学びも様々。段階的に専門性を高めていきます。

POINT

1年次から各コースごとの学科専門科目を実施。自分が希望する領域の中で幅広く学びながら、きめ細かな指導と、多くの実習に取り組み、卒業後の即戦力をはぐくみます。

1年次 - 基礎を学ぶとともに、各コースの進路に即した学びを1年次から展開。
公認心理師コース/健康カウンセリングコース特別支援教育・心理コース対人心理コース/スポーツ心理コース
基礎科目
FA演習Ⅰ
人間科学演習Ⅰ・Ⅱ
心の科学
障害児教育
FA演習Ⅰ
人間科学演習Ⅰ・Ⅱ
教育原理
教育心理学
FA演習Ⅰ
人間科学演習Ⅰ・Ⅱ
心の科学
スポーツ実技Ⅱ
学科専門科目
心理学概論
現代社会とストレス
心理学研究法
魅力の心理学
心理学概論
心理学研究法
教職概論
地理学概論
心理学概論
レクリエーション概論
魅力の心理学
ワークショップデザイン
2年次 - 実習がスタート。コースごとの学科専門科目で知識を増やしながら、実践!
公認心理師コース/健康カウンセリングコース特別支援教育・心理コース対人心理コース/スポーツ心理コース
基礎科目
FA演習Ⅱ
発達心理学
プレ演習
健康心理カウンセリング
FA演習Ⅱ
生活と統計
コミュニケーション(英語)Ⅰ/Ⅱ
子どもの心と体
FA演習Ⅱ
生活と統計
プレ演習
発達心理学
学科専門科目
臨床心理学
ストレスマネジメント
ポジティブ心理学
心理学実習Ⅰ
教育課程論
学習発達論
特別支援教育
知的障害教育総論
心理学基礎実習Ⅰ・Ⅱ
スポーツ心理学
社会心理学
パーソナリティ心理学
3年次 - キャリアデザインを じっくり考えながら、さらに実践を重ねる。
公認心理師コース/健康カウンセリングコース特別支援教育・心理コース対人心理コース/スポーツ心理コース
基礎科目
キャリアデザインⅢ
キャリアデザインⅣ
キャリアデザインⅢ
キャリアデザインⅣ
学科専門科目
認知行動療法
心理学応用実習Ⅰ(アセスメント)
心理学応用実習Ⅱ (カウンセリング)
心理学実習Ⅱ
教科(社会科・公民科)教育法Ⅰ・Ⅱ
肢体不自由者の心理・生理・病理
病弱者の教育課程及び指導法
特別支援教育実習
コーチングの心理学
対人行動論
社会調査実習
キャリアカウンセリング論
4年次 - 学科専門科目に特化し、自分が望む進路に向けた学びを追求。
公認心理師コース/健康カウンセリングコース特別支援教育・心理コース対人心理コース/スポーツ心理コース
基礎科目
学科専門科目
地域のヘルスプロモーション
産業カウンセリング論
心理学関連法規・倫理
心理学演習Ⅱ
教育実習事前・事後指導
教育実習Ⅰ・Ⅱ
教職実践演習
実践情報処理演習
データ解析特殊講義Ⅰ
ライフサイクル論

学科の特長

ポジティブサイコロジーとストレスマネジメントを中心に健康心理学の基礎を学びます。
これらの講義が後の健康心理学関連の実践的な教科に発展していきます。

Pick Up 授業

産業カウンセリング実習

産業における心理的アプローチの必要性、心理技法など、産業カウンセリングにおけるカウンセラーの役割や手法について学び、労働と健康の関連性について理解を深めます。

心理学応用実習Ⅱ(カウンセリング)

臨床領域で行われる心理技法を体験的に学び、臨床場面でのカウンセリングや認知行動療法を学習。理論を学んだ後に、基本スキルについて実習を行います。

教職実践演習(中等)

4年次後期に実施。教育実習を振り返っての意見交換・発表や、「不登校生徒との指導場面を想定」といった様々なロールプレイングなどを通じて実践力を磨きます。

グループ・ダイナミックス

個人の心理学をふまえて、「集団の心理学」を学びます。例えば家庭におけるDV、学校におけるいじめなど、集団のダイナミックスに働く原理とその応用可能性を考察します。

STUDENT'S VOICE

2年次生 西岡 杏菜さん
大阪府・私立箕面自由学園高校出身

アクティブラーニングで身に付けた多様な視点を、未来へ活かします。

健康心理学科には、子どもから老人までの年齢別や、恋愛の心理といったケース別など、様々な観点から学ぶ授業があります。また、お互いの考えを交わし合うアクティブラーニングも多いことにとても満足しています。心理学は言語・非言語コミュニケーションを駆使して他者と心を通わせることを学ぶ学問です。だからこそ仲間の想いを正確に理解することや、異なる視点をいくつも学ぶことが力になると思います。

Topics

研究テーマが幅広く選べるから、卒業論文も多彩。【卒業論文テーマ】

人それぞれの「愛着の形」を分類!

愛着の実験

乳児と母親の情愛の発達やその類型を明らかにするための「ストレンジシチュエーション法」の実験を実施。幼児の自己や他者への関係性がどのように形成されるかを分析しています。

好不調の「波」に影響する要因の解明

競技パフォーマンスの向上

選手は常に高いパフォーマンスを求められますが、それは簡単なことではありません。自分たち自身が選手として感じているこの好不調の「波」の問題について研究しています。

キャリアイメージ

誰もが健康を望んでいます。様々な人たちが生活するフィールドで健康心理学を実践できる人材を育成します。

健康心理学を活かすことができる4つのフィールド

公認心理師

心理学の専門職として、様々な問題をかかえる人々に対して相談・支援できる力を身に付けます。専門の大学院に進学することで、公認心理師やカウンセラーなどを目指すことができます。


教育分野

心理学研究に裏付けられた分かりやすく、やる気の出る授業方法を学習します。中学・高校・特別支援学校の教員や塾の講師などの教育現場で活かすことができます。


健康増進分野

健康心理学の専門的な知識や技術を習得し、様々な職場で観察・テスト・面接などの健康心理アセスメントと健康心理カウンセリング、健康教育プログラム作成の実施に当たります。


医療・福祉分野

身体の仕組みや対人心理を学び、身体や精神に障がいのある人の心と身体の両面から支援できる力を身に付けます。高齢者福祉施設や障がい者施設など、幅広い現場で活かすことができます。


12業種への幅広い就職実績~企業を中心に様々なフィールドで進路を構築~

業種別の就職割合

医療・福祉などの健康にかかわる分野はもちろん、販売や接客など特に人とのかかわりが重要な分野で多くの卒業生が活躍しています。近年では特別支援教育の分野で活躍する卒業生も出てきており、健康心理学の視点を持った卒業生の活躍の場は更に広がっていくことが見込まれます。

  • 小売業...25.5%
  • 卸売業...12.7%
  • 生活関連サービス業、娯楽業...12.7%
  • 製造業...9.1%
  • 医療、福祉...9.1%
  • 不動産業...7.3%
  • 教育、学習支援業...7.3%
  • 飲食店、宿泊業...5.5%
  • 建設業...3.6%
  • サービス業...3.6%
  • 保険業...1.8%
  • その他の専門・技術サービス業...1.8%

内定者 VOICE

田村 啓輔さん
2017年3月卒業
大阪府立交野高校出身
東京シャツ株式会社 内定

心理学を活かした接客と、ファッションで人に力を与えたい。

衣服は相手の心に印象を与え、自分の心に力を与えてくれる、心理的な応援団でもあります。授業でそのことを教わったことが、この業界を選ぶきっかけに。心理学はこうした、心理に働きかける要因や、人と人との心地良い距離感を分析する「パーソナルスペース」といった概念などに気づかせてくれました。適切な距離感でぴったりのファッションをおすすめし、就職活動に臨む若者を応援していきます。

リーフレット等

特別支援学校教諭編_時間割で見る対人援助のプロを目指す4年間

leaflet_sien1_01.jpg  leaflet_sien1_02.jpg

公認心理師・資格紹介

leaflet_shinri1_01.jpg