保健医療学部言語聴覚学科

保健医療学部
言語聴覚学科からの
お知らせ

More
保健医療学部特集 未来の医療・福祉は私が創る LEADERS 患者さまの多様性にチーム支援で支える 発達に障がいがある子どもたちを支援する スポーツ分野でも求められるリハビリテーション専門職

患者さまの心に寄り添い、支援できる言語聴覚士へ。
充実した学習環境の中、現場レベルの知識と技術を習得します。

取得可能な資格等

  • 言語聴覚士 国家試験受験資格

学びのポイント

在学中から、専門機関で
豊富な実践経験が得られる
障がいのある子どもとご家族を支援する「ことばときこえの発達支援センター」を学内に設置。実践的な臨床能力を持ち、子どもの支援に強い言語聴覚士を養成します。
現場経験豊富な教員と充実の
施設が、実践的な学びを後押し
教員はすべて現場経験者。医療現場の事例など、豊富な体験談を聞くことができます。また、現場と同様の様々な検査・訓練機器やツールを用いた豊富な実践経験を得ることができます。
早期対策と少人数制ゼミ等、
国家試験合格を強力にサポート
本学科は、国家試験受験資格の取得を卒業要件としており、国家試験に向けた模試や試験対策講座を早期から実施。4年次のゼミでも、少人数制の強みを活かし、試験に向けたきめ細やかな指導を行っています。

現場の最前線を知る

神谷 茅波さん 医療法人幸生会 琵琶湖中央病院 勤務
職種:言語聴覚士
2018年3月 医療心理学科 言語聴覚専攻卒業
(2020年度から保健医療学部 言語聴覚学科)

患者さまとのかかわりの中で、
言語聴覚士として一歩一歩成長できています。

「患者さまとちゃんと話せるようになったね」。先輩から掛けられたその言葉で、1年前の自分を思い出しました。言語聴覚士として働き始めた頃の私は、必要な検査や訓練方法の説明だけで精一杯。思うように話せない、食べ物をうまく飲み込めないといった患者さまのもどかしさ、悔しさに寄り添う支援はまだできていなかったと思います。私が担当しているのは、脳血管疾患や高次脳機能障がいなどで入院されている回復期の患者さま。2~6か月にわたるリハビリテーションをいかに効果的に、楽しく続けていただけるかを考え、一人ひとりに合わせた訓練や指導を工夫します。音楽が好きな方には歌を訓練に取り入れたり、釣りが趣味の方なら「魚の名前、10匹言ってみましょう」と促したり。患者さまの機能回復を支援するためのヒントは、何気ない会話や表情の変化などから見つけるもの。「患者さまとちゃんと話す」とはそういうことなのではないかと、今、私は感じています。

チーム支援のリーダーとして

当院では合計約100人の言語聴覚士、理学療法士、作業療法士がそれぞれの専門知識や技術を活かし、総合的なリハビリテーションに取り組んでいます。患者さまとのコミュニケーションの取り方や注意して欲しい点など、言語聴覚士がリードする場面も少なくありません。

現場の"いま"に応える学び

青木 弥穂 講師

言葉以外の部分から伝わる思いを受け止め、
その人らしく生活できるよう支援するために。
大切なのは「人間力」を磨き続けていくこと。

言語聴覚士の仕事は、想像以上に幅広いものです。新生児から高齢者の方まで、コミュニケーションや食べることにかかわる様々なケースに対応します。病気や後遺症などによってしゃべれなくなった方のリハビリテーション、退院後の生活支援や在宅ケアに対応するケースも増え、チーム医療の一員としての役割も大きくなっています。それだけに大切なのは、患者さまやご家族のふとした表情や仕草などから、本当の思いに気づき寄り添っていけるプロとしての対応力。そして、患者さまの人生にかかわる仕事であるという意識を忘れず、自ら学び続けていける「人間力」を身に付けた言語聴覚士を目指していきましょう。

Check! チーム支援のリーダー養成に向けた取組

子どもから高齢者までの支援に必要な実践力や多職種との連携力を養う。

言語聴覚療法の対象となる方々は子どもから高齢者と幅広く、また、支援の実施には多職種が幅広くかかわります。対象となる方々への有効な支援の実践には、言語聴覚士としての技能と同時に多職種の職制の理解や協働の視点が大切です。本学科ではこのように言語聴覚士として必要な実践力をじっくり養います。

4年間の学び

基礎を固めて実践、そして国家試験合格へ。着実に成長できる体系的な学び。

講義と、現場の実習を経験。
言語聴覚士に必要な専門的知識、技術、そして患者さまの立場で
考え行動することの大切さや責任について学びます。

保健医療学部 言語療法学科の履修モデル

先輩の4年間をCHECK!

段階的な学びを通して子どもの
言語障がいに向き合う専門家に。

浦田 菖さん
2019年3月卒業
大阪府・私立関西大学第一高校出身
社会福祉法人 桃林会 勤務

1年次 知識を身に付けながら専門職としての役割を知る。

「言語学」や「音声学」といった専門科目に加え、解剖学や臨床神経学など身体全体に関する医学の授業が多いことに驚きました。必要な知識の幅広さを実感し、言語聴覚士の仕事や役割を改めて認識。

2年次 専門的、具体的な学びで向学心も高まる。

専門科目が増え、興味の幅も広がりました。「言語発達障害学」では、子どもの言語障がいの検査や支援方法などについて具体的に学習。元々興味があった分野なので、特に力を入れて勉強しました。

3年次 ゼミ活動を通して、子どもとご家族の支援にかかわる。

子どもの言語障がいを考えるゼミに所属。言葉の発達や聞こえの問題をかかえる子どもやご家族と接する機会が増え、発達障がいの子どもたちを支援する仕事に就きたいという思いが強くなっていきました。

4年次 先生のアドバイスを力に全力で挑み続けられた。

臨床実習と並行しながら、就職活動や国家試験に向けた勉強にも力を注ぐ毎日。迷ったり落ち込んだりした時は、所属するゼミの宮地先生に相談。親身になって話を聞いてもらえ、背中も押していただきました。

5つの領域を網羅する、言語聴覚士への学び。

発声や構音の障がい

声帯や舌などの発声発語器官に障がいがある方、声に異常が発生する方、なめらかに話すのが難しい方などと向き合い、その評価や訓練を行います。

専門科目例
  • 発声発語障害学Ⅰ
  • 発声発語障害学Ⅱ
  • 発声発語障害学Ⅲ
  • 発声発語障害学演習

Pick Up 授業

発声発語障害学Ⅰ・Ⅱ
発声発語を行うために必要な身体器官の構造と機能を理解した上で、運動障がい性構音障がい、音声障がい、吃音などの病態や発生メカニズムについて学習。最終的には、様々な音の誤り(省略、置換、歪みなど)を聴覚的に評価できるようになること、一般的な構音検査が適切に実施できるようになること、構音検査の分析結果から訓練プログラムを立案し言語指導ができるようになることを目指します。

きこえの障がい

聴覚検査や訓練、補助器のフィッティングなどを行います。幼児を対象に、言葉の獲得のサポートを担うこともあります。

専門科目例
  • 聴覚障害学Ⅰ
  • 聴覚障害学Ⅱ
  • 言語聴覚障害学
  • 聴覚心理学
  • 補聴器・人工内耳
  • 聴覚障害学演習

Pick Up 授業

聴覚障害学Ⅰ・Ⅱ
外耳内耳の構造や、それらでの疾患、また、遺伝性難聴とその仕組みや、障がいによる聞こえ方と語音明瞭度など様々な知識を習得。福祉など公的な支援制度についても知識を広げ、成人聴覚障がい者及び視覚聴覚二重障がい者とのコミュニケーション能力を身に付けます。

食べることの障がい

食べ物が口からこぼれる、うまく飲み込めない、むせる、といった障がいに対して、原因の調査や器官の運動訓練などを実施します。

専門科目例
  • 嚥下障害Ⅰ
  • 嚥下障害Ⅱ

Pick Up 授業

嚥下障害Ⅰ・Ⅱ
摂食・嚥下障がいの訓練、衛生管理や、代替栄養法、外科的対応、摂食嚥下障がいの疾患と特徴などについて学習。各種摂食訓練のほか、口腔ケアや経管栄養法なども学び、臨床実習に向け、摂食・嚥下訓練を行える技術を習得します。

子どもの言語障がい

言語機能の発達が遅れている子どもに対して、言葉や会話への関心づけ、語彙や文法、文字の習得の促進などの訓練・指導を担います。

専門科目例
  • 言語発達障害学Ⅰ
  • 言語発達障害学Ⅱ
  • 言語発達学

Pick Up 授業

言語発達障害学Ⅰ・Ⅱ
発達の問題や言葉の障がいをかかえた子どもたちの状態を的確に把握するために、絵画を用いた検査をはじめ、様々なアセスメントを実施します。同時に、得られた情報を分析し、有効な支援の糸口を見つけるための多様な分析方法を演習し、習得します。

大人の言語障がい

失語症や記憶障がい、認知症などをかかえる患者さまに対して、その症状や発生メカニズムを把握し、訓練・指導の業務に携わります。

専門科目例
  • 失語症Ⅰ
  • 失語症Ⅱ
  • 高次脳機能障害学Ⅰ
  • 高次脳機能障害学Ⅱ
  • 高次脳機能障害学演習

Pick Up 授業

失語症Ⅰ・Ⅱ
失語症とは高次脳機能障がいの一種であり、「聞く」「話す」といった音声にかかわる機能、「読む」「書く」といった文字にかかわる機能が損なわれるものです。脳の損傷部位などによりその種類は様々。臨床実習に対応できるよう、症状、タイプ別特徴、発生原因といった基礎や支援方法を学びます。

学科の特長

学外はもちろん、学内でも障がいのある方々とかかわり、実践を積むことのできる環境。

充実の学外実習で学びを深化し、チーム支援を体験。

2年次
前期
学外実習(約4日間)
言語聴覚学見学実習
実際の臨床現場を体験し、人間性豊かな言語聴覚士を目指します。
  • スタッフの一員であることを自覚する。
  • チーム支援の在り方を理解する。
3年次
後期
学外実習(約2週間)
言語聴覚学実習Ⅰ
約6週間の学外実習をスムーズに行うために、学内で準備を行います。
  • 各種検査法の目的や手順を確認する。
  • 評価の手順を確認する。
  • 実習日誌や症例報告書の書き方について学ぶ。
学外実習(約6週間)
言語聴覚学実習Ⅰ
病院や施設など、実際の臨床の現場で実習を行います。
  • 実習施設の概要や方針を理解する。
  • 言語聴覚士の業務内容について理解する。
  • 各種検査法や評価方法を習得する。
  • 評価から問題点を抽出し、訓練計画を立案する。
4年次
前期
学外実習(約8週間)
言語聴覚学実習Ⅱ
3年次の6週間実習で学んだことを更に発展させる実習です。
  • 情報収集から訓練の実施、検証までの一連の過程を学ぶ。
  • 8週間の実習終了後、実習で学んだことを深めるために卒業論文作成を行う。

実習に向け、事前指導・事後指導を徹底

学外実習は2年次前期、3年次後期に6週間と4年次前期に8週間実施しています。報告書の書き方やマナーなどの事前指導に加え、実習中は教員が実習先を都度訪問し、学生へフィードバックを行います。実習後は「症例報告会」を実施し、振り返りを行います。実習中に見つかった言語聴覚士としての課題を整理し、その後の学びに活かします。

言葉の発達やきこえの問題をかかえる子どもとその家族を支援します。

Topics 学内の実践施設で、きこえの問題をかかえる子どもやそのご家族を支援

ことばときこえの発達支援センター

大学内で、言語聴覚士の仕事内容を間近で学ぶ専門機関です。教員の指導のもと学生が主体となり、言葉の発達やきこえの問題をかかえた子どもとご家族の相談を受け付けます。子どもたちの検査・訓練などの援助、ご家族への養育支援、就学前児のグループ指導、聴覚スクリーニングなどを行いながら、実際の現場での働きや、求められる専門的な知識や技術を養います。

Student's Voice → ことばときこえの発達支援センター

鈴木 陽花さん / 4年次生
大阪府立千里青雲高校出身

子どもや保護者の方と直接かかわりながら、
自分も成長できます。

「言語発達障害学」の受講をきっかけに、言語機能の発達が遅れている子どもの支援に取り組むセンターの活動に関心を持ちました。ここでは、先生のアドバイスを受けながら学生が自主的に活動。子どもの状況や性格などに合わせ、検査や訓練を行います。自作の絵カードを使ったり、ジェスチャーでコミュニケーションを取ったりしながら、子どもが楽しみながら訓練できるよう工夫も。子どもの支援には、臨機応変な対応が求められること、保護者の方との信頼関係を築くことも大切だと実感できました。

キャリアイメージ

子どもから高齢者まで。食べること、聞くこと、コミュニケーションなど、様々な支援対象があります。

卒業生たちが"言語聴覚士"として活躍する多様な分野。

2019年3月卒業者の全員が医療、福祉の分野に進んでいます。
その就職先は、子どもを対象とした専門医療機関から、総合病院、高齢者に重点を置いた医療機関まで、規模も分野も様々です。
また、その地域も関西各地はもちろん、北陸など多岐にわたっています。

小児の障がい

出村 鼓美さん / 2019年3月卒業

子どもたちの成長を支える
保育所等訪問支援・児童発達支援・放課後等デイサービス ぐるぐる

子どもたちの日常に沿った支援を。
そのために、保育の現場にも活動を広げたい。

言語聴覚士が支援する対象はとても幅広いですが、大阪人間科学大学で学ぶうち、小児の支援を行うことを目指すようになりました。現在、就職先で実際に子どもたちと接し、支援を行っていますが、子どもたちの「できた!」「やったぁ!」という瞬間の笑顔を見ることがやりがいです。とはいえまだまだ、目の前の子ども達がどうして困っているのかを模索する毎日ですが、もっと彼らの日常に寄り添った支援が行えるようになりたいです。そのため、いまは保育の現場にも活動範囲を広げていきたいと考えています。

成人の障がい

福 みやびさん / 2018年3月卒業

地域医療における中核的な病院として活動
社会医療法人 信愛会 畷生会脳神経外科病院

症例は様々。積極的に勉強会に参加し、
幅広い知識と対応力を身に付けたいです。

成人の方の脳血管疾患(失語症、構音障がい、高次脳機能障がい 、嚥下障がい)や、誤嚥性肺炎などを主な分野として担当しています。言語聴覚士は「食べる、聞く、話す」という、生きる上で重要な機能のリハビリテーションを支える役割を担っていて、特に「食べる」ことに関しては、死とも直面するため大きな責任を感じています。しかし、経口摂取(口から直接栄養を摂取すること)が困難だった患者さまが、口から物を食べられるようになるなど、障がいの改善が見られて患者さまが笑顔になられたときはとてもやりがいを感じます。

※情報は取材時点のものです。

4年間を通じた段階的・実践的な国家試験対策

言語聴覚士の学びを体感できるように1年次から専門科目を学習。さらに各学年で専門性を発展させていきます。2年次からの病院見学や実習を通して現場での言語聴覚士の役割や必要な能力を獲得します。また、実習前の準備、実習後の振り返りを行うことで、言語聴覚士への学びを深めます。そして4年次後期に、国家試験に特化した演習科目で国家試験合格を目指します。