保健医療学部言語聴覚学科

保健医療学部
言語聴覚学科からの
お知らせ

More
保健医療学部特集 未来の医療・福祉は私が創る LEADERS 患者さまの多様性にチーム支援で支える 発達に障がいがある子どもたちを支援する スポーツ分野でも求められるリハビリテーション専門職

食べる、聞く、話す。日常の喜びをともに支える

患者さまの心に寄り添い、支援できる言語聴覚士へ。充実した学習環境の中、現場レベルの知識と技術を習得します。

取得可能な資格等

取得可能な資格

  • 言語聴覚士 国家試験受験資格

目指す資格

  • 手話通訳士*
  • *在学中の取得を目指す資格

学びのPOINT

在学中から、専門機関で
豊富な実戦経験が得られる
障がいのある子どもとご家族を支援する「ことばときこえの発達支援センター」を学内に設置。実践的な臨床能力を持ち、子どもの支援に強い言語聴覚士を養成します。
現場経験豊富な教員と充実の
施設が、実践的な学びを後押し
教員はすべて現場経験者。医療現場の事例など、豊富な体験談を聞くことができます。また、現場と同様の様々な検査・訓練機器やツールを用いた豊富な実践経験を得ることができます。
早期対策と少人数制ゼミなど、
国家試験合格を強力にサポート
本学科は、国家試験受験資格の取得を卒業要件としており、国家試験に向けた模試や試験対策講座を早期から実施。4年次のゼミでも、少人数制の強みを活かし、試験に向けたきめ細やかな指導を行っています。
少人数制の良さを活かし
実践的に学ぶ
授業や学内実習なども少人数で実施しており、疑問に思ったことは気軽に担当教員に相談することが可能です。教員も一人ひとりの学生の状況を理解し、適切なアドバイスを行っています。

言語聴覚士の最前線

置田 彩香さん 医療法人 錦秀会 阪和第二泉北病院 勤務
職種:言語聴覚士
2019年3月 人間科学部 医療心理学科
言語聴覚専攻卒業
(現 保健医療学部 言語聴覚学科)
大阪府・私立大阪商業大学堺高校出身

大切なのは患者さまの想いに
しっかりと寄り添い
つねにベストを追求すること。

現在担当しているのは、誤嚥性肺炎を起こし、食べることや話すことが不自由になった患者さまの機能回復に向けた支援。早期退院に向けて、食事の介助や発声練習を通して状態を判断し、適切な食事の形態やリハビリテーション内容を考え実行していきます。誤嚥性肺炎の原因は、加齢による機能低下やパーキンソン病、脳血管疾患など様々で、病状や健康状態は日々変化。いつもスムーズに訓練できるわけではなく、なかなか成果が現れず辛い想いをすることも。そんなときこそ大切なのは、患者さまの「食べたい」「話したい」という想いに寄り添うこと。自分一人で考え込まず、医師や看護師、理学療法士など周囲のアドバイスをどんどん取り入れ、患者さまにとってのベストなサポートを実行していくのが言語聴覚士の役割だと感じます。絶食していた方がゼリーを口にし、泣いて喜ばれる。そんな光景を見るたび、この仕事を選んで本当に良かったと、日々やりがいを噛みしめています。

チーム支援のリーダーとして

各専門分野のプロフェッショナルがチームとなり患者さまを支える医療の現場では、ある意味全員がリーダーであるべき。自らの専門分野にとどまらず疾患や薬剤、治療のことなど関連する分野に興味を持ち幅広い知識と視野を培っていくことで、プロフェッショナルとしての成長とより良い支援につなげています。

4年間の学び

基礎を固めて実践、そして国家試験合格へ。
着実に成長できる体系的な学び。

講義と、現場の実習を経験。言語聴覚士に必要な専門的知識、技術、そして患者さまの立場で考え行動することの大切さや責任について学びます。

大西脳神経外科病院勤務 2020年3月卒業 
山口 将生さん
兵庫県立姫路工業高校出身

在学中の4年間、言語聴覚士を目指して走り続けた達成感があります。今後は患者さまやご家族に寄り添いながら、プロフェッショナルとして信頼を得るのが目標です。

1年次 基礎を固める
基礎知識の獲得
[主な授業例]
・言語聴覚障害学 ・言語聴覚障害診断学 など
山口先輩の4年間をCheck!
学科長の川井先生から基礎の大切さや仕事の面白さを教わりました。一番興味を持ったのが「臨床医学Ⅱ」。言語聴覚士は食べることの障がいだけでなく、高次脳機能障がいも担当することを学びました。知識が増えるほど幅広い仕事だと実感。
2年次 基礎を固める
専門領域の基礎知識の獲得
[主な授業例]
・言語発達障害学Ⅰ・Ⅱ ・失語症Ⅰ・Ⅱ ・高次脳機能障害学Ⅰ・Ⅱ ・発声発語障害学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ ・嚥下障害Ⅰ・Ⅱ ・聴覚障害学Ⅰ・Ⅱ など
山口先輩の4年間をCheck!
2年次になると専門科目に入ります。特に「失語症」や「高次脳機能障害」は興味を持った分野です。学習してきた内容が、実際の症例と具体的に自分の中で結び付くのが面白い瞬間。単位を意識しながら勉強に取り組みました。
3年次 基礎を固める/現場で実践!
知識の統合と発展・臨床実習
[主な授業例]
・高次脳機能障害学演習 ・発声発語障害学演習 ・聴覚障害学演習 ・補聴器 ・人工内耳・言語聴覚特別演習Ⅰ ・言語聴覚学実習Ⅰ など
山口先輩の4年間をCheck!
6週間の臨床実習へ。患者さまとのやり取りは年齢層に合わせて流行の歌や歌手を調べて準備したのが好評でしたが、状況や症状に応じて検査を追加したり、逆に省略するなどの判断の難しさを痛感。実習での学びが貴重な経験に。
4年次 実践力を磨く
臨床実習・卒業論文
[主な授業例]
・言語聴覚学実習Ⅱ など
山口先輩の4年間をCheck!
臨床実習では評価の流れや立ち振舞いを学び、言語聴覚士への志を新たに。就職活動ではキャリアセンター課のサポートもあり、希望の病院に内定。国家試験は、2年次で基礎を固めた甲斐がありラストスパートで突破できました。

国家試験合格! 臨床現場で
自ら言語臨床を築ける臨床家へ!

クローズアップ実習

充実の学外実習で学びを深化し、チーム支援を体験。

2年次前期 学外実習約4日間
言語聴覚学見学実習
実際の臨床現場を体験し、人間性豊かな言語聴覚士を目指します。
  • スタッフの一員であることを自覚する。
  • チーム支援の在り方を理解する。
3年次後期 学内実習約2週間
言語聴覚学実習Ⅰ
約6週間の学外実習をスムーズに行うために、学内で準備を行います。
  • 各種検査法の目的や手順を確認する。
  • 評価の手順を確認する。
  • 実習日誌や症例報告書の書き方について学ぶ。
学外実習約6週間
言語聴覚学実習Ⅰ
病院や施設など、実際の臨床の現場で実習を行います。
  • 実習施設の概要や方針を理解する。
  • 言語聴覚士の業務内容について理解する。
  • 各種検査法や評価方法を習得する。
  • 評価から問題点を抽出し、訓練計画を立案する。
4年次前期 学外実習約8週間
言語聴覚学実習Ⅱ
3年次の6週間実習で学んだことを更に発展させる実習です。
  • 情報収集から訓練の実施、検証までの一連の過程を学ぶ。
  • 8週間の実習終了後、実習で学んだことを深めるために卒業論文作成を行う。

実習に向け、事前指導・事後指導を徹底

学外実習は2年次前期、3年次後期に6週間と4年次前期に8週間実施しています。報告書の書き方やマナーなどの事前指導に加え、実習中は教員が実習先を都度訪問し、学生へフィードバックを行います。実習後は「症例報告会」を実施し、振り返りを行います。実習中に見つかった言語聴覚士としての課題を整理し、その後の学びに活かします。

実習レポート 言語聴覚学実習Ⅰ

嚥下や発声、きこえの専門家として活躍する未来が見えました。

Before

学内実習で各種検査や評価の手順を集中的に学ぶとともに、実習日誌や症例報告書の書き方についても先生方に丁寧に教えていただきました。おかげで患者さまを担当する心構えができ、モチベーションも高まりました。

After

回復期リハビリテーション施設で、脳内出血による失語症の患者さまを担当し、検査から訓練プログラムの立案までを行いました。コミュニケーションに悩んだ時期もありましたが、工夫を重ねるうちに成長を実感。実習後半には、ある患者さまについて「今日が一番、お話しされていたよ!」と先輩方に褒められるまでになりました。また、障がいを評価する際、検査時だけでなく普段の様子を丁寧に観察する重要性も学び、視野が広がりました。

稲田 一花さん
尼崎市立尼崎高校出身

あなたにとって「チーム支援」におけるリーダーとは?

実習先では、チーム支援の実際を見学。言語聴覚士の方が、医師や看護師、理学療法士など他の医療専門職とともに活躍する姿に感動しました。患者さまの嚥下状態について医師に的確に情報提供をするなど、高度な専門性を土台にチームを支える存在が、私の目指すリーダーです。

キャリアイメージ

子どもから高齢者まで。食べること、聞くこと、コミュニケーションなど、
様々な支援対象があります。

卒業生たちが"言語聴覚士"として活躍する多様な分野。

2020年3月卒業者の全員が医療、福祉の分野に進んでいます。
その就職先は、子どもを対象とした専門医療機関から、総合病院、高齢者に重点を置いた医療機関まで、規模も分野も様々です。
また、その地域も関西各地はもちろん、北陸など多岐にわたっています。

成人の障がい

福 みやびさん / 2018年3月卒業

社会医療法人 信愛会 畷生会脳神経外科病院

症例は様々。積極的に勉強会に参加し、
幅広い知識と対応力を身に付けたいです。

成人の方の脳血管疾患(失語症、構音障がい、高次脳機能障がい 、嚥下障がい)や、誤嚥性肺炎などを主な分野として担当しています。言語聴覚士は「食べる、聞く、話す」という、生きる上で重要な機能のリハビリテーションを支える役割を担っていて、特に「食べる」ことに関しては、死とも直面するため大きな責任を感じています。しかし、経口摂取(口から直接栄養を摂取すること)が困難だった患者さまが、口から物を食べられるようになるなど、障がいの改善が見られて患者さまが笑顔になられたときはとてもやりがいを感じます。

小児の障がい

出村 鼓美さん / 2019年3月卒業

保育所等訪問支援・児童発達支援・放課後等デイサービス ぐるぐる

子どもたちの日常に沿った支援を。
そのために、保育の現場にも活動を広げたい。

言語聴覚士が支援する対象はとても幅広いですが、大阪人間科学大学で学ぶうち、小児の支援を行うことを目指すようになりました。現在、就職先で実際に子どもたちと接し、支援を行っていますが、子どもたちの「できた!」「やったぁ!」という瞬間の笑顔を見ることがやりがいです。とはいえまだまだ、目の前の子ども達がどうして困っているのかを模索する毎日ですが、もっと彼らの日常に寄り添った支援が行えるようになりたいです。そのため、いまは保育の現場にも活動範囲を広げていきたいと考えています。

成人の障がい

古谷 佳穂さん / 2019年3月卒業

医療法人 清仁会 洛西シミズ病院

より一層信頼されるプロを目指し、
勉強会に参加するなど研鑽の日々です。

主に脳卒中後の失語症・構音障がい・高次脳機能障がい・嚥下障がいの患者さまに対してリハビリテーションを行い、日常生活や職場復帰に向けたサポートを担当。より信頼される言語聴覚士を目指し、勉強会に参加するなど専門性を高めています。

小児の障がい

浦田 菖さん / 2019年3月卒業

社会福祉法人 桃林会 発達応援スペース 遊育園

保育の現場で言葉に課題がある
子どもに対する支援・療育をしています。

私が勤務している施設は保育現場とも近く、小さな子どもも多い環境です。そのため集中力には十分配慮し、「遊び」を中心に負荷のない支援を心がけています。子ども一人ひとりを理解し試行錯誤した訓練を、とびはねて楽しそうに取り組んでくれる姿を見られたときは心からやりがいを感じます。

主な就職先

  • (医)東和会グループ
  • (医)清翠会
  • (医)大西脳神経外科病院
  • (社医)愛仁会
  • (医)清仁会
  • (医)医誠会
  • (医)徳洲会
  • (福)恩賜財団済生会
  • (福)桃林会

学内の実践施設で、きこえの問題をかかえる子どもやそのご家族を支援

ことばときこえの発達支援センターを設置

大学内で、言語聴覚士の仕事内容を間近で学ぶ専門機関です。教員の指導のもと学生が主体となり、言葉の発達やきこえの問題をかかえた子どもとご家族の相談を受け付けます。子どもたちの検査・訓練などの援助、ご家族への養育支援、就学前児のグループ指導、聴覚スクリーニングなどを行いながら、実際の現場での働きや、求められる専門的な知識や技術を養います。

TOPICS

4年間を通じた段階的・実践的な言語聴覚士国家試験対策

言語聴覚士の学びを体感できるように1年次から専門科目を学習。さらに各学年で専門性を発展させていきます。2年次からの病院見学や実習を通して現場での言語聴覚士の役割や必要な能力を獲得します。また、実習前の準備、実習後の振り返りを行うことで、言語聴覚士への学びを深めます。そして4年次後期に、国家試験に特化した演習科目で国家試験合格を目指します。

さらに手話通訳士の資格取得を目指す!

言語聴覚士×手話通訳士のWライセンスで、専門性の高い聴覚領域で活躍するセラピストを養成します!

手話通訳士とは?

「手話」を用いる人と「音声」を用いる人のコミュニケーション場面において、両者の情報伝達を助ける専門職です。手話通訳士は公的資格であり、年に1回、省令に基づき実施される手話通訳技能認定試験に合格することで資格取得が可能です。

プラスαの学びで、キャリアに差をつける!

全国の言語聴覚士養成校の中でも、「手話」に関する学びに力を入れる大学は非常に少ない現状です。そのため、多くの言語聴覚士は「聴覚障害」について理解していても、実際に「手話」を用いて言語訓練や学習支援を行うことはできません。そこで本学では聴覚領域でも活躍可能な言語聴覚士を養成するため、通常の講義の他、小グループによる実技指導を実施するとともに、「ことばときこえの発達支援センター」にて実際に難聴の子どもたちと接する機会を設け、実践的な技術の獲得を目指します。

Teacher's Message 教員メッセージ

保健医療学部 言語聴覚学科 助教
青木 弥穂

言語聴覚士と手話通訳士のW資格取得で
「手話ができる言語聴覚士」へ

難聴や聴覚障がいがあるお子さんの支援は、言語聴覚士が行う仕事の中でもより専門性が高く、特別な技術を必要とする領域です。私たちは主に音声を使って患者さまとのリハビリテーションを行いますが、生まれつき耳が聴こえないお子さんの場合、音声によって検査や訓練を行うことができません。また、保護者の方が聴者(耳が聴こえる方)の場合、お子さんとどのようにコミュニケーションをとればよいか日々悩まれていることがあります。しかし、多くの言語聴覚士は専門的な知識や技術を持ちながら、手話による指導技術を学んできていないため、自分の力が発揮できない場合があります。そこで、本学では言語聴覚士と手話通訳士のW資格取得が可能な特別な講座を設け、「手話ができる言語聴覚士」の養成を行います。