楠本 麻奈さん

医療心理学科 言語聴覚専攻※

人の気持ちに寄り添える言語聴覚士として
地元医療に貢献したい。

2016年度入学
和歌山県立新宮高校出身
※2020年4月から保健医療学部 言語聴覚学科

  • 先生と学生の距離の近さ
  • 授業間の関連性
  • 発達障がいへの支援

患者さまの「ありがとう」と心から喜ばれている姿を見て、言語聴覚士になりたいと思いました。

まだ幼い頃でしたが、リハビリテーションの仕事をしている父が忘れたお弁当を届けるために病院へ行ったときに目にした患者さまと父とのやりとりが、言語聴覚士を志すきっかけになりました。

患者さまから父への「ありがとう。」という言葉や、やりとりの光景を見ていて、自分も人から感謝される仕事がしたいと強く思いました。

夢を実現するために、地元和歌山の新宮を離れ、この大学への進学を決めた理由は、オープンキャンパスです。

会場内で、先生と先輩学生がお話されている様子を見ていて感じた先生と学生の距離の近さや温かみは、医療専門職である言語聴覚士を目指す学びの環境としては理想的でした。

一つひとつの授業がつながっている。

今は、2年次生として学んでいますが、1年次の専門基礎の内容理解を前提に進む授業も多く、より高度な内容を学んでいる感覚があります。症例から身体のどの部分が障がいされているかを見立てる授業では、過去に学んだ内容との関連性に気付いて「ハッ」とすることもあり、言語聴覚療法の学びの奥深さを感じる毎日です。

また、課外活動では、発達に課題を抱えた子どもたちを支える放課後デイサービスの施設でアルバイトをしています。発達障がいへの支援も言語聴覚士の専門領域ですので、ここでの活動を通じて、子どもたちとのかかわり方や支援方法を学び、専門性を磨いていきたいと考えています。

そして、将来は、地元の和歌山で、子どもからご年配の方まで幅広く支援ができる言語聴覚士として、地域の医療に貢献していきたいと思います。

CAMPUS LIFE SHOT!!

学外実習できちんと患者さまと向き合えるよう、練習は欠かせません。

友達とは、勉強以外にもいろんなことを相談します。

先生は、いつも親切。分からなかったところを丁寧に教えてくださります。

MESSAGE

高校生のみなさん、言語聴覚士を目指すための大学での学びは想像より大変ですが、同じ志を持つ友達とグループ学習をしたり、積極的に課外活動に取り組むことで、在学中でも成長を実感できる機会が何度もあります。まずは、言語聴覚士という職種がどのような役割を担っているのか、やりがいなど、オープンキャンパスで先生や先輩学生に聞いてみてください。きっと新しい発見があると思いますよ。

※掲載情報は、取材時点の内容です。最新の情報と変わっている場合がありますのでご了承ください。

他の学生紹介を見る