医療福祉学科
介護福祉専攻

福祉と医療の学びを通じて、高齢者や障がい者に対して、
より多角的に支援できる介護のエキスパートへ。

取得可能な資格等

  • 介護福祉士(国)受験資格
  • 介護福祉士資格(国)〈暫定的〉
  • 社会福祉主事任用資格

目指す資格

  • 認知症ケア指導管理士
  • レクリエーション・インストラクター
  • 福祉住環境コーディネーター®

学生インタビュー動画(YouTube)

学びのポイント

地域と連携した学外活動・実習が充実
質の高い介護には、常に相手の立場を思いやり、最適な方法を生み出す「創造性」と、要介護者に最も近い存在として、他の医療・福祉スタッフをつなぐリーダーシップが求められます。本専攻では、地域と連携した学外活動や実習を数多く実施。地域の高齢者や認知症の方々と触れ合い、経験を積むことで、創造性とリーダーシップに富んだ人材を育成します。
幅広いカリキュラムで
医療に強いプロを育成
地域や自宅で介護を受けたいと望む人が増加し、介護福祉士の果たす役割が大きくなるとともに、医療分野に強い人材が必要とされています。この状況を受けて、介護技術に加えて、医療的な知識やケア、高齢者の心理学、認知症の知識、介護者自らの健康管理法などを身に付ける、幅広いカリキュラムを設定。4年制大学の強みを活かし、要介護者を総合的に支援できる力を養います。
3つのコースで専門性を高める
近年、介護福祉士の活躍フィールドは、福祉から、保健、医療分野へと拡大しています。そのため「介護事業マネジメントコース」「障がい児(者)支援コース」「医療・認知症ケアコース」の3コースを設置。「将来は起業したい」「障がい児を支援したい」「医療的知識や最新の認知症ケアをしたい」など、それぞれの目標に合わせた専門性を高めることができます。

PROFESSOR'S MESSAGE

医療福祉学科 介護福祉専攻
武田 卓也 専攻主任/教授

「介護=優しさ」だけではない。
求められるのは、確かな技術と分析力。

介護に優しさは必要です。しかし、それだけでは続けられません。介護される方はどんな性格で、何ができて、何ができなくて、どんな生活を望んでいるのか。これらをふまえた個人の状況に応じた介護が求められます。そのためには、相手を思う優しさや介護技術に加え、客観的な分析と論理的な思考が必要。どんな介護にも根拠があるからです。
「なんて大変なんだろう」と思う方もいるでしょう。ですが、大変なことばかりではありません。介護は本来、魅力的な仕事。専門性が深く、働き方が幅広く、結果が現れて楽しいものなのです。本専攻では、介護の楽しさを発見してもらい、業界を担うリーダーシップを身に付けることを目指します。さらに、マネジメントや起業に関する知識も学び、介護業界をダイナミックに進んでいける人材を育てます。

コース紹介

全コースとも介護福祉士(国)受験資格の取得が基盤となっています

介護事業マネジメントコース

介護・福祉分野で将来的に起業や
管理者を目指す基礎力を養う。

介護福祉の経営に関係する介護報酬、リスクマネジメント、コンプライアンス、人材育成などの知識を習得し、介護現場で力を発揮するスぺシャリストを目指します。

目指せる資格
  • 社会福祉主事任用資格
  • 福祉住環境コーディネーター®
  • レクリエーションインストラクター
目指せる進路
  • 介護系企業
  • 社会福祉施設
  • 福祉機器・用具販売事業所 など

障がい児(者)支援コース

障がい児(者)分野で活躍できる
介護福祉士を目指す。

介護福祉士の基礎的教育をベースに、障がい児(者)の理解を深める専門科目を学び、多様な介護実習を経験しながら障がい児(者)支援に特化した介護福祉士を育成します。。

目指せる資格
  • 福祉住環境コーディネーター®
  • 社会福祉主事任用資格
目指せる進路
  • 障がい者支援施設
  • 障がい児施設 など

医療・認知症ケアコース

医療的ケアや認知症ケアのスペシャリストを目指す。

医療的ケアに必要な医学的知識を学び根拠あるケアを実践します。また、認知症の人がその人らしく生活できることを目指す最新の技術を、地域でのフィールドワークを中心に学びます。

目指せる資格
  • 認知症ケア指導管理士
  • 社会福祉主事任用資格
  • レクリエーション・インストラクター
目指せる進路
  • 老人保健施設
  • 病院
  • 認知症対応型グループホーム など

授業紹介

介護過程Ⅰ~Ⅳ

様々な事例を元に、根拠のある介護を学びます。様々な情報から利用者さんの生活課題を見出し、介護計画の立案ができることを目指します。

介護技術(演習)Ⅰ~Ⅶ

視覚・聴覚、心臓や腎臓機能など、利用者さんの障がい状況を想定して、学生同士で実際に介助を行いながら介護スキルを実践的に磨いていきます。

充実の学外実習

介護福祉士の国家資格取得のために必要な実習。
利用者さんと接することで現場ならではの経験や実践的なスキルが養えます。

Point1 現場で学びを深める。

高齢者向けの施設や障がい者支援の施設など、実習先を豊富に用意しています。早い年次から実習を経験することで、将来どのような場所で働きたいのかを考えることができます。

Point2 実践力を磨く豊富な実習日数。

全5回、計57日間の実習。2年次には指導者のもと施設の様子や働き方を学び、3年次には利用者さんとかかわりながら実践力を培います。

実習内容

実習事前指導として、実習先でのマナーや実習記録の書き方を学びます。また、実習先へ見学に行き、実習のイメージを高めます。実習中は、実習先を教員が巡回し実習先施設の方とカンファレンスを実施。実習後には、報告会を開催し、経験や知識の共有を行います。

実習施設とスケジュール

実習施設実習時期(予定)
介護老人福祉施設・介護老人保健施設・障がい児(者)施設・訪問介護事業所・グループホーム・デイサービスセンター 等
1年次

2月 介護実習Ⅰ(入所)...6日間

2年次

8月 介護実習Ⅰ(グループホーム)...5日間
2月 介護実習Ⅱ(入所)...21日間

3年次

6月 介護実習Ⅰ(訪問)...4日間
8月 介護実習Ⅱ(入所・通所)...21日間

※実習の時期は予定であり、変更となる可能性があります。

TOPICS

大山崎町との連携

京都府乙訓郡の大山崎町、大山崎町社会福祉協議会と本学介護福祉専攻が連携し、介護予防システム構築プロジェクト事業を実施。地域で介護予防に取り組む人材を育成するというねらいのもと、様々な活動に参加しています。実習以外にも豊富な学外活動の場があることも本学の特長です。

STUDENT'S VOICE

4年次生 櫻井 一也さん
大阪市立汎愛高校出身

授業で学んだ「観察」が、実習現場で役立ちました。

実習で右半身麻痺の60代の利用者さんを担当。その方は右手が動かなくなったことから自信をなくし、無気力になっていました。ある日、その方がお花を好きなことに気づき「押し花なら楽しめるかもしれない」とアイデアが浮かんだんです。実習先に相談して実践すると、初めは少し嫌がっていた利用者さんも、笑顔で取り組み「ありがとう」と言ってくださいました。介護のやりがいを感じた瞬間です。

PROFESSIONAL'S VOICE

日好 悠貴さん
2012年 社会福祉学科 介護福祉コース卒業
(現・医療福祉学科)
社会福祉法人ライフサポート協会
障がい児者 余暇生活支援センターじらふ・泉北 勤務
職種:支援員

笑顔が増える日々を
一緒につくっていきたい。

障がいのある中高生を対象に、放課後や長期休暇の生活支援をしています。子どもが主体的にかかわることが出来る「遊び」をメインにしつつ、将来の地域生活に役立つスキルを身に付けられるようにサポートします。個別に支援計画を立て、目標に沿って活動していきます。時にはこちらの「こう成長して欲しい」という思いが強すぎて、利用者さんとの思いにズレが生じることがあり、気持ちを汲み取ることの難しさを感じます。それでも、ふと振り返ったときに彼らの成長を感じられると「この仕事をしていて良かった」と心から思いますね。障がいに目を向けるのではなく、長所を見つけ伸ばしていく支援を心がけています。

カリキュラム

国家資格である社会福祉士、精神保健福祉士の資格取得に必要な科目はもちろん、スクールソーシャルワーカーの資格も取得可能。福祉への理解を深める科目と現場で国家資格を活かして実践できる力を養う科目が充実しています。

専攻共通科目

1年次

  • 医学一般Ⅰ
  • 高齢者福祉論Ⅰ
  • 障害者福祉論
  • 相談援助の基盤と専門職Ⅰ
  • 相談援助の基盤と専門職Ⅱ
  • 精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅰ

2年次

  • 医学一般Ⅱ
  • 医学一般Ⅲ
  • 相談援助の理論と方法Ⅰ
  • 相談援助の理論と方法Ⅱ
  • 公的扶助論
  • 保健医療論
  • 権利擁護と成年後見
  • 福祉サービスの組織と経営
  • 家庭支援論
  • 就労支援サービス
  • 更生保護制度
  • 地域福祉の理論と方法Ⅰ
  • 地域福祉の理論と方法Ⅱ
  • 社会保障論Ⅱ
  • 社会調査の基礎
  • 精神保健福祉に関する制度とサービスⅠ
  • 精神保健福祉に関する制度とサービスⅡ
  • 児童・家庭福祉論

3年次

  • 福祉行財政と福祉計画
  • 社会福祉史
  • 精神疾患とその治療Ⅰ
  • 精神疾患とその治療Ⅱ
  • 相談援助の理論と方法Ⅲ
  • 相談援助の理論と方法Ⅳ
  • 医療福祉学演習Ⅰ

4年次

  • 医療福祉学演習Ⅱ

介護福祉専攻科目※1

1年次

  • 社会福祉Ⅱ
  • 相談援助演習Ⅰ
  • 介護概論Ⅰ
  • 介護技術(演習)Ⅰ
  • 実習指導(演習)Ⅰ
  • 認知症の理解Ⅰ
  • 障害児・者介護
  • 介護実習

2年次

  • 高齢者福祉論Ⅱ
  • 介護概論Ⅱ
  • 介護概論Ⅲ
  • レクリエーション活動
  • 福祉コミュニケーション
  • 形態別コミュニケーション
  • 介護技術(演習)Ⅱ
  • 介護技術(演習)Ⅲ
  • 介護技術(演習)Ⅳ
  • 介護技術(演習)Ⅴ
  • 介護技術(演習)Ⅵ
  • 生活科学概論
  • 介護過程Ⅰ
  • 介護過程Ⅱ
  • 実習指導(演習)Ⅱ
  • 実習指導(演習)Ⅲ
  • 認知症の理解Ⅱ
  • 介護実習

3年次

  • リハビリテーション論
  • 介護技術(演習)Ⅶ
  • 介護技術(演習)Ⅷ
  • 生活科学演習
  • 介護過程Ⅲ
  • 介護過程Ⅳ
  • ケアマネジメント論
  • 実習指導(演習)Ⅳ
  • 認知症の理解Ⅲ
  • 医療的ケアⅠ
  • 医療的ケアⅡ
  • 医療的ケアⅢ
  • 介護保険事務
  • 非営利組織論
  • 福祉用具の理論と実践
  • 介護実習
  • ※カリキュラムは変更になる場合があります。
  • ※1 介護福祉専攻では、介護福祉士国家試験受験資格取得を卒業要件とします。

リーフレット等

介護福祉士編_時間割で見る対人援助のプロを目指す4年間

leaflet_kaigo1_01.jpg leaflet_kaigo1_02.jpg

カイゴの風プロジェクト(地域での学び特集)

leaflet_kaigo2_01.jpg leaflet_kaigo2_02.jpg