医療福祉学科 介護福祉専攻からのお知らせ

トピックス

「第32回国際アルツハイマー病協会国際会議」に参加しました。

認知症の知識やケアの技術は、専門職として欠かせません。
グローバルに進められている認知症の取り組み、国の施策の動向とともに、常に最先端のケア知識を身につける必要があります。

20170512kaigo_03.jpg


学生たちは、国際会議へ、ボランティアとして参加予定でしたが、早朝からの開催に断念。
でも、国内では2回目の開催、国際会議に出る機会はないと、ポスター発表会場へ。

20170512kaigo_04.jpg
様々な国の言葉が飛び交う中、家族会の取り組みやパネル展示を見学しました。

20170512kaigo_05.jpg
【鳥取の認知症カフェ 家族会の取り組みへ参加】

20170512kaigo_02.jpg
【会場では世界の国の方に抹茶のサービス。京都ならではですね】

20170512kaigo_01.jpg
【現在、日本では約420万人ともいわれている認知症の人達】

各国の認知症ケアの研究発表への参加は、学生にとってよい刺激になったようです。