医療福祉学科 介護福祉専攻からのお知らせ

トピックス

障がい児・者の支援をしている卒業生が授業に来てくれました!

「障がい児・者介護」の授業に卒業生の日好さんが来てくれました。

日好さんは、障がい施設で働いて5年目の先輩です。
もう、3歳と1歳の2児の父です。

授業では「放課後等デイサービス」の話をしてくれました。

20180105kaigo01.jpg

「放課後等デイサービス」とは、6歳~18歳までの障がいのある子どもたちが、放課後や夏休みなどの長期休暇に利用できる福祉サービスです。

20180105kaigo02.jpg

学生からも多くの感想を聞けました。

「障がいのある子どもたちと関わりたいと思いました。」
「確かに疲れる部分がありそうだけど、それを上回るぐらいの魅力を感じました。」
「障がい分野の楽しさが伝わってきました。」
「やりがいのある良い仕事だと思いました。」
「自分も一緒に成長できる仕事だと思いました。」

20180105kaigo03.jpg

「すごく楽しそうな仕事だと感じました!」
「実際に働いている先輩の意見が聞けて良かったです!」
「ボランティアやアルバイトに行ってみたくなりました。」
「ガイドヘルパーもやってみたいです。」

20180105kaigo04.jpg

授業の後、日好さんは「皆さんが障がい分野で働いてみたいと思ってくれたので、こんな嬉しいことはないです」と話をされました。

20180105kaigo05.jpg

大阪人間科学大学の卒業生は、障がい施設でも引っ張りだこです。

日好さん、仕事で忙しい中、授業に来てくれてありがとうございました。