医療福祉学科 介護福祉専攻からのお知らせ

トピックス

授業紹介【介護技術(演習)Ⅶ】スライディングボード編

今日は授業紹介第2弾 医療福祉学科 介護福祉専攻の介護技術(演習)Ⅶ<3年次生の授業>を紹介します。

介護技術(演習)Ⅶでは1年次生の授業で習った移動・移乗介助技術を基礎として、最新の福祉用具やリフトを使った様々な介助を学びます。
介護の技術は日進月歩・・・ 福祉用具・福祉機器も新しいものが開発されています。本学では新しい介護技術である「利用者の力を引き出し、介護者にも優しい『持ち上げない移動・移乗介助』」を学びます。

20180611ft04.JPG

今日は、モジュール型車椅子(肘当てや足のサポート部分が外れる車椅子)とスライディングボードを活用した移乗介助を行いました。

先生の説明を聞くみんなも、真剣そのものです。

最初はスライディングボードの位置など、上手く設置することができず、介助する方もされる方も不安そう・・・。
「えっと、・・・これでよかったかな・・・」

20180611ft05.JPG

スライディングボードの移乗といっても、いろいろなパターンを練習します。

20180611sb06.JPG

上手くいくと、あちこちから声が上がります。
「わ!すごく楽!」
「介助されてても、怖くない!」
「使い方、簡単!」

スライディングシートやスライディングボードは、まだまだ介護現場で使いこなされていない福祉用具ですが、使いこなすことで利用者の快適性と介護職員の安全衛生が守られる重要な技術です。

20180611ft07.JPG

20180611sb01.jpg

介護の未来を背負って、学生たちは今日も頑張っています。