医療福祉学科
視能訓練専攻

医療福祉学科
視能訓練専攻からの
お知らせ

More

4年制大学では関西唯一。視能訓練士の国家試験受験資格が取得可能。
国家試験合格率94.1%。2年連続で高い合格率を達成。(2017年3月卒業生実績)

取得可能な資格等

  • 視能訓練士(国)受験資格
  • 社会福祉主事任用資格

目指す資格

  • 視覚障害者ガイドヘルパー(同行援護従業者・一般課程)※在学中の取得を目指す。

国家資格に自信あり。2年連続で高い合格率を達成。

視能訓練士合格率
大阪人間科学大学
94.1%
(全国平均:93.1%)
2年連続で高い合格率を達成

※新卒者(平成28年度卒業生)の合格率

平成28年度卒業生の合格率は、昨年度(平成27年度卒業生)の100%に引き続き、94.1%と高い合格率となりました。本専攻では、国家資格取得のために段階的なカリキュラムを構成し、無理なく知識や技術が身に付く独自のカリキュラムを導入しています。

学生インタビュー動画(YouTube)

学びのポイント

国家資格を目指しつつ
実践力を磨く4年間
関西の4年制大学で唯一、視能訓練士の国家試験受験資格が取得できる専攻です。視能訓練士に関する技術・知識を段階的に学びながら、1年次から国家試験対策をスタート。合格に向けた手厚いサポートを行っています。また、社会福祉や心理学など、現場で役立つ幅広い知識を身に付けることができるのも、4年制の医療・福祉系大学ならではの強みです。
少人数制教育&現場同様の
機器で学ぶ
パソコン、スマホ、テレビなど、現代社会では、視覚から得る情報量が圧倒的に増え、目の健康に対する重要性が高まっています。また、眼科は医療の中でも最先端を走る分野。その先進性に対応できる人材を育成するために、現場の機器を導入。少人数制教育で、機器の扱いや患者さまとの接し方など、実践的な技能をきめ細やかに指導します。
長期の学外実習で
現場経験を積む
学外実習は、実際の現場で患者さまに接することができる貴重なチャンス。本専攻では3年次後期と4年次前期にそれぞれ9週間の実習を行い、計4ヶ所の施設を経験。前回の反省点を改善して、次の実習へと臨むことで、着実なステップアップを図ります。また、現場でプロの仕事を目の当たりにすることで、将来のビジョンが明確になり、モチベーションが高まります。

施設サポート

現場同様の機器が充実! 学生のやる気にこたえる設備とサポート体制で、しっかりとスキルを育成します。

充実の最新機器

視力検査装置やオートレフラクトメータをはじめ、視能訓練士の業務に欠かせない機器が充実。現場での実践的なスキルを身に付けることができます。

自主的な学びのサポート

授業以外にも、手技の練習用に演習室を開放。授業の復習や技術向上に向けて頑張る学生のやる気をサポートします。

PROFESSOR'S MESSAGE

医療福祉学科 視能訓練専攻
桝田 浩三 准教授

人々の大切な視覚機能を守る。
その使命を胸にスキルアップを。

人は、外界からの情報の80%を眼から得ています。その大切な視覚機能を支えているのが、視能訓練士です。しかし、たとえ最新の機器で正しい手順で検査を行ったとしても、検査結果の質は測定する人のスキルによって大きく変わってしまいます。そのため現場では、眼科学や疾患、検査機器などの「眼に関する総合的な知識とスキル」「仕事への責任感」そして患者さま、医師、看護師など周囲の方々との「協調性」が求められます。
本専攻では授業や実習を通じて、現場で求められる基礎知識と実践力、コミュニケーション能力を養います。皆さんに期待するのは、たゆまぬスキルアップ。この大学での学びを土台に、実力的にも人間的にも、信頼される視覚検査のプロへと成長して欲しいと願っています。

キャリアイメージ

視覚に関する幅広い知識と専門技術を身に付けた視能訓練士を目指す。

視覚に関する幅広い知識と専門技術を身に付けた視能訓練士を目指します。
眼に何らかの異常や違和感をかかえている方のために、検査や機能回復訓練をする視能訓練士を育成します。
現場を知る教員の指導により、現場で必要な専門知識や技術を少人数で学習。
1年次から国家資格取得に向けて学びを進めながら、3年次からは医療現場で臨地実習を行います。

視能訓練士の仕事内容

視能訓練士の業務内容は大きく、眼科一般検査、視能矯正、検診業務、視力低下者のリハビリ業務に分類され、総合病院や眼科クリニックなどで働きます。

  • 眼科一般検査分野
    適切な診断治療のために、視力・視野・屈折・眼圧などをはじめ、幅広い検査を担当します。
  • 視能矯正分野
    弱視・斜視などの患者さまに対して必要な検査及び機能回復のための視能訓練を行います。
  • 検診業務分野
    保健所や職場で行われる、様々な検診に参加し、弱視や眼疾患の早期発見に貢献しています。
  • 視力低下者のリハビリ指導
    視機能が十分に回復しない方を対象に、必要な補助具の選定、その使い方を指導します。

授業紹介

視能検査学各論Ⅱ

様々な視野検査法や調節検査などを、講義と実習形式で習得。各検査の理論・方法を理解し、正しい手順で検査を行い、結果を評価できることを目指します。

視能障害学各論Ⅱ

眼の構造や視覚情報を伝える視路などの知識から、白内障・緑内障をはじめとした各眼疾患の病態を学習。手術などの治療法の概要、治療後の経過の理解も深めます。

充実の学外実習

視能訓練士の国家資格取得のために必要な実習。患者さまとのコミュニケーションが取れる現場での経験はスキルだけでなく、相手の立場になって考えて行動する大切さを学ぶことができます。

Point1 将来像を現場で考える。

臨地実習は将来を考える場にもなります。例えば総合病院なのか、眼科クリニックなのか。実際に見て、聞いて、感じて、「将来、どんな職場で働きたいか」をじっくりと考えます。

Point2 医療現場の「今」を体感。

3年次、4年次で計4か所の実習を経験。
実際の現場での経験は、今の自分の能力や知識を見つめ直す貴重な機会となります。

実習に関する指導

実習に向け、事前指導・事後指導を徹底

実習に臨むにあたり、基本的な検査業務を行えるよう事前指導を授業内で行うとともに、ゼミでは実習先でのマナーや接遇について、実習記録の書き方、カルテの読み方なども個別に指導します。実習後はゼミ単位で「実習報告会」を開催し、各自の体験を共有。視能訓練士としての課題を再認識し、次の学びに活かします。

実習施設とスケジュール

実習施設 実習時期(予定)
公的病院・私立病院・個人診療所・大学病院 など
3年次後期

約9週間

4年次前期

約9週間

STUDENT'S VOICE

4年次生 佐藤 春水さん
大阪府立金岡高校出身

実習で改めて実感した、見えないことへの「不安」

病院で働く人ってかっこいい。そんな思いから医療系の進路を選択しました。けれども私自身はいたって健康。そのため、病気への不安が実感できずにいました。そんな折、実習先で患者さまが「私、これからどうなるんでしょう」と不安を口にされました。その一言から、患者さまの思いと自分の未熟さを痛感。大学で更に学びを深め、不安と闘う患者さまの力になれる視能訓練士を目指します。

PROFESSIONAL'S VOICE

豊西 昂代さん
職種:視能訓練士

信頼性の高い結果を導くため
妥協せずに検査を続ける

総合病院の眼科で、視力検査や眼圧測定、視野検査などを行っています。高齢の患者さまが多いので、「光が眩しい」と眼を開けてもらえなかったり、耳が遠くこちらの質問が伝わらなかったりすることがよくあります。そんな中、心がけているのは丁寧に検査することと、妥協しないこと。視力検査は患者さまの応答によって判断する検査です。もし私が妥協して尋ねることを止めてしまったら、深い検査ができません。信頼性の高い結果を導くために、最後までしっかりと検査を続ける必要があります。声がけや検査技術を磨き続け、この仕事を極めたいですね。

カリキュラム

国家資格である視能訓練士の資格取得に必要な科目はもちろん、福祉や医療への理解を深めるとともに、国家資格を活かして現場で実践できる力を養う科目が充実しています。

専攻共通科目

1年次

  • 医学一般Ⅰ
  • 高齢者福祉論Ⅰ
  • 障害者福祉論
  • 相談援助の基盤と専門職Ⅰ
  • 相談援助の基盤と専門職Ⅱ
  • 精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅰ

2年次

  • 医学一般Ⅱ
  • 医学一般Ⅲ
  • 相談援助の理論と方法Ⅰ
  • 相談援助の理論と方法Ⅱ
  • 公的扶助論
  • 保健医療論
  • 権利擁護と成年後見
  • 福祉サービスの組織と経営
  • 家庭支援論
  • 就労支援サービス
  • 更生保護制度
  • 地域福祉の理論と方法Ⅰ
  • 地域福祉の理論と方法Ⅱ
  • 社会保障論Ⅱ
  • 社会調査の基礎
  • 精神保健福祉に関する制度とサービスⅠ
  • 精神保健福祉に関する制度とサービスⅡ
  • 児童・家庭福祉論

3年次

  • 福祉行財政と福祉計画
  • 社会福祉史
  • 精神疾患とその治療Ⅰ
  • 精神疾患とその治療Ⅱ
  • 相談援助の理論と方法Ⅲ
  • 相談援助の理論と方法Ⅳ
  • 医療福祉学演習Ⅰ

4年次

  • 医療福祉学演習Ⅱ

視能訓練専攻科目※1

1年次

  • 視能学総論
  • 基礎視能学Ⅰ
  • 基礎視能学Ⅱ
  • 視能矯正学総論
  • 視能検査学総論
  • 視能障害学総論
  • 視能訓練学総論

2年次

  • 眼科薬理学
  • 神経眼科学
  • 視能矯正学演習
  • 視能矯正学各論Ⅰ
  • 視能矯正学各論Ⅱ
  • 視能検査学演習
  • 視能検査学各論Ⅰ
  • 視能検査学各論Ⅱ
  • 視能障害学各論Ⅰ
  • 視能障害学各論Ⅱ
  • 視能訓練学演習
  • 視能訓練学各論Ⅰ
  • 視能訓練学各論Ⅱ

3年次

  • 視能リハビリテーション学
  • 視能病理学
  • 視能検査機器学
  • 視能リハビリテーション論
  • 視能矯正学各論Ⅲ
  • 視能検査学各論Ⅲ
  • 視能訓練学各論Ⅲ
  • 視能学実習Ⅰ
  • 視能学実習Ⅱ
  • 視能学実習Ⅲ
  

4年次

  • 視能訓練実践論
  • 高齢者の視能障害
  • 視能学実習Ⅳ
  • ※カリキュラムは変更になる場合があります。
  • ※1 視能訓練専攻では、視能訓練士国家試験受験資格取得を卒業要件とします。

リーフレット等

視能訓練士編_時間割で見る対人援助のプロを目指す4年間

leaflet_shinou1_01.jpg leaflet_shinou1_02.jpg