医療心理学科
臨床発達心理専攻

医療心理学科
臨床発達心理専攻からの
お知らせ

More

人間の発達に応じて生じる問題を、カウンセリングや
セラピーなどの専門性を駆使し、理解、支援する人材へ。

取得可能な資格等

  • 認定心理士
  • 社会調査士
  • 社会福祉主事任用資格
  • 児童指導員任用資格

目指す資格

  • 公認心理師
  • 臨床心理士
  • 行動療法士
  • 臨床発達心理士

※資格を取得するには、大学院などへの進学が必要になります。

学生インタビュー動画(YouTube)

学びのポイント

新資格・公認心理師の取得を目指せる
近年、心のケアの重要性・必要性が高まっており、質の高い心理の専門職が求められています。この流れを受けて、初の心理系国家資格として「公認心理師」が誕生することになりました。本専攻では、公認心理師法の施行に合わせて、「公認心理師」取得を目指せるカリキュラム整備を行う予定であり、取得を志す学生を強力にバックアップしていきます。
臨床心理&発達心理。
2つの柱を学ぶ
子どもから高齢者まで、あらゆる年齢層に対応する心理学のカリキュラムが充実。カウンセリングの手法や技法を学ぶ「臨床心理」と、人が発達・成長する上での心の発達を学ぶ「発達心理」を2つの柱として、幅広い心理学を学ぶことができます。心理テスト、カウンセリング、知能・発達検査などの学内実習も充実。実践的なスキルと知識が身に付きます。
専門性を高める3つのコース
1~2年次で幅広い心理学を学び、将来的に自分が進みたい方向性を探っていきます。3年次からはコースを選択。臨床現場の心理のプロを目指す「悩みによりそうカウンセリングコース」、子どもの発達支援に携わるプロを目指す「子どもの心のサポートを考えるコース」、心理職の国家資格・公認心理師の資格取得を目指す「公認心理師コース」の3つに分かれ、より専門性を高めます。

PROFESSOR'S MESSAGE

医療心理学科 臨床発達心理専攻
山本 孝子 教授

悩み多き社会に貢献する。
心理の知識・技能を持ったプロフェッショナルへ。

日本は欧米に比べて、心理カウンセリングの文化があまり根付いていません。そのため、心に悩みをかかえていても誰にも相談できず、孤立し、症状を長引かせてしまう方もいます。しかし、今後はカウンセリングの敷居も徐々に低くなり、心理カウンセラーへの依頼が増えることも予想されます。その活躍の場も、医療・保健、福祉、教育、産業、司法など多岐にわたり、心理の資格を取得して社会に貢献したいと考える人も増えています。
本専攻では、まず自分自身をよく知ることから学びをスタートさせ、自分とは異なる相手を理解するために「聴く姿勢」を身に付けて個人尊重のマインドをはぐくみます。その上で、人間の生涯にわたる発達の過程で生じる様々な悩みや問題を、専門的な理論やスキルに基づいて解決へと導くことのできる人材を育成します。

コース紹介

3つのコースから臨床発達心理の学びを深めます。

悩みによりそうカウンセリングコース

医療や臨床の現場でカウンセリングができる
心理のプロを目指す。

医療・保健、教育、福祉の現場で行われているカウンセリングに必要な知識や技術を実践的に習得し、臨床の場で活躍できる心理のプロフェッショナルを目指します。

目指せる進路

  • 医療機関のカウンセラー
  • スクールカウンセラー
  • 児童福祉施設心理職 など

子どもの心のサポートを考えるコース

乳幼児から児童まで、発達の過程で生じる心の問題を理解し、発達支援ができる心理のプロフェッショナルを目指す。

乳幼児から児童期にかけての子どもの社会的な関係や感情、パーソナリティの発達とそれを支える家庭や教育環境について学ぶことができます。

目指せる進路

  • スクールカウンセラー
  • 児童相談員
  • 学童保育スタッフ
  • 児童養護施設 など

公認心理師コース New!

医療・教育・福祉をはじめ、
臨床の現場で活躍できる心理カウンセラーを目指す。

私たち現代人は、様々な心の問題で悩んでいます。本コースでは、心理支援の専門的な知識や技術を実践的な学びを通して習得し、心理職の国家資格「公認心理師」の取得を目指すことができます。現場で役立つ心理カウンセラーやセラピストとして、多職種と連携してこころの問題に対処できる専門家を養成します。

目指せるキャリア

  • 心理職・心理カウンセラー職全般
  • 福祉領域(児童相談所・子育て支援センター など)
  • 教育領域(スクールカウンセラー・特別支援学校 など)
  • 医療・保健(病院・精神保健センター など)
  • 産業・労働(企業の健康管理センター・障害者職業センター など)
  • 司法・警察(家庭裁判所・少年鑑別所/少年院・科学捜査研究所 など)
  • 大学・研究所(学生相談室・大学附属心理相談室 など)

授業紹介

医療心理学

多職種協働によるチーム支援の重要性を認識した上で、精神障がいを理解するための心理学を学び、人間に対する幅広い理解力をはぐくみます。

臨床心理学

臨床心理学の歴史をはじめ、心理臨床の対象や発達検査・人格検査、心理臨床面接の様々な技法について、体験的な学習を交えながら学んでいきます。

広がる、カウンセラーの仕事

人間の発達に応じて生じる様々な心の問題を理解・支援していくカウンセラー。
対象者によって一人ひとり異なる心の問題に寄り添い、援助するその能力が、様々なフィールドで求められています。

教育
子どもたちが健やかに成長できる環境づくり

小・中・高等学校と、心身ともに成長していく子どもの心には、その発達に沿ったケアが必要です。それに加え、現在の教育現場は、学力低下・不登校・いじめなど、多くの問題をかかえています。子どもたちのより健やかな成長のために、学校で設置されている相談室のほか、教育センターや各種教育相談所で、一人ひとりの心に寄り添う力が必要とされています。

医療
心身ともに健康に過ごすためのサポート

現代の日本は、精神疾患の患者が増加していると言われます。様々な理由から心の問題をかかえている人のほか、病気やけがをしている人へのメンタルケア、乳幼児の発達相談なども、相手の心と向き合い、支援する力が求められます。病院や診療所、市町村の保健センターやリハビリテーションセンターをはじめ、カウンセラーの力が必要とされる場は数え切れません。

福祉
社会適応を目指す人の心に寄り添い、支える

障がい児や障がい者、介護を必要とする高齢者、虐待や差別を受け心に傷を持つ人など、多様な問題をかかえながら社会適応を目指す人々にとって、その心に寄り添い、サポートしてくれるカウンセラーの存在はとても重要です。児童相談所や心身障害者福祉センター、老人福祉施設などの福祉施設で、その活躍が期待されています。

企業
「その人らしく働く」ためのメンタルケアを行う

「その人らしく健やかに働く」ことは、簡単なようで難しい課題です。だからこそ、職場でのメンタルヘルスや就業・キャリア開発のサポートを行い、心身ともに健全に働くための環境づくりが必要とされています。労働者の心理を理解し支える第三者として、企業内の相談室や健康管理センター、公立職業安定所で、カウンセラーの力が求められています。

STUDENT'S VOICE

4年次生 野中 美幸さん
大阪市立工芸高校出身

様々なことにチャレンジして、
将来の選択肢を広げていきたい。

3年次生の夏、先生の紹介で障がい者の就労支援を行うカフェでのインターンシップに参加させていただくことになりました。実際に障がいのある方と触れ合うことで、相手の価値観や対応の方法を学ぶことができました。学外でも、ボランティアや地域復興アートプロジェクトなどの活動をしています。今後も興味のあることに挑戦して、将来の選択肢を広げていきたいと思います。

PROFESSIONAL'S VOICE

相田 公義さん
職種:学生相談員・心理カウンセラー

本来の「その人らしさ」を
取り戻すためのカウンセリングを。

心の悩みを聞き、相談者とともに解決の道を考えていくのが私の仕事です。精神科病院やクリニック、児童施設など様々な現場に携わってきました。週に一度本学で学生の悩みを聞く、相談員もしています。心理カウンセラーの仕事は、指導やトレーニングといった支援ではありません。相談者の悩みを傾聴し共感すること、そして相談者のすべてを受け入れることが肝心です。人は元々問題解決する力を持っています。なんらかのストレスや状況によって抑えられている問題解決能力を引き出せるよう、相手に応じたカウンセリングをし、相談者の力になれることを心がけています。

学科専門科目のカリキュラム

子どもから高齢者まで幅広い年齢に対応する力を磨く心理学の科目が充実しています。

専攻共通科目

1年次

  • 心理学概論
  • 心理学研究法
  • 医療心理学
  • 基礎医学Ⅰ(医学総論・病理学)
  • 基礎医学Ⅱ(解剖学・生理学)
  • 言語発達学
  • データ解析Ⅰ(基礎統計)

2年次

  • 臨床心理学
  • 心理測定法
  • 聴覚心理学
  • 言語心理学
  • 心理学基礎実習Ⅰ(実験)
  • 心理学基礎実習Ⅱ(調査法観察法)
  • データ解析Ⅱ(推測統計)
  • 生理心理学
  • 知覚心理学
  • コミュニティ心理学
  • 健康心理学
  • 社会心理学
  • グループ・ダイナミックス
  • 学習心理学

3年次

  • 子どもの発達支援の心理学
  • 子どもの発達と障害
  • 心理薬理学
  • 健康心理アセスメント概論
  • 神経心理学
  • 装いの心理学
  • 産業心理学
  • 対人行動論
  • 医療心理学演習Ⅰ

4年次

  • 心理学史
  • 心理学関連法規・倫理
  • 医療心理学演習Ⅱ

臨床発達心理専攻科目

1年次

  • 感情心理学
  • 心理学基礎演習

2年次

  • 行動療法
  • パーソナリティ心理学
  • 臨床発達心理学
  • カウンセリング論
  • 乳幼児心理学
  • 児童心理学
  • 青年心理学
  • 心理実習Ⅰ

3年次

  • 心理学応用実習Ⅰ(アセスメント)
  • 心理学応用実習Ⅱ(カウンセリング)
  • データ解析Ⅲ(多変量解析1)
  • データ解析Ⅳ(多変量解析2)
  • データ解析特殊講義Ⅰ
  • 社会調査実習
  • 認知心理学
  • 家族心理学
  • 心理臨床演習Ⅰ
  • 心理臨床演習Ⅱ
  • 臨床心理学特殊講義Ⅰ
  • 臨床心理学特殊講義Ⅱ
  • 比較行動論
  • 心理実習Ⅱ

4年次

  • 認知行動療法
  • メンタルヘルス論
  • ライフサイクル論
  • データ解析特殊講義Ⅱ
  • 発達心理学特殊講義Ⅰ
  • 発達心理学特殊講義Ⅱ
  • ※カリキュラムは変更になる場合があります。
  • ※言語聴覚専攻では、言語聴覚士国家試験受験資格取得を卒業要件とします。