医療心理学科
臨床発達心理専攻

医療心理学科
臨床発達心理専攻からの
お知らせ

More

人間の発達に応じて生じる問題を、カウンセリングや
セラピーなどの専門性を駆使し、理解、支援する人材へ。
心理職初の国家資格「公認心理師」にも対応。

取得可能な資格等

  • 公認心理師(国)受験資格
  • 認定心理士
  • 社会調査士
  • 社会福祉主事任用資格
  • 児童指導員任用資格

※受験資格取得には、大学•大学院で所定の科目を修める必要があります。

目指す資格

  • 臨床心理士
  • 行動療法士
  • 臨床発達心理士

※受験資格取得には、大学•大学院で所定の科目を修める必要があります。

学生インタビュー動画(YouTube)

学びのポイント

公認心理師資格の取得を
強力にバックアップ
より質の高い心理専門職が求められている社会情勢を受けて誕生した、初の心理系国家資格「公認心理師」の資格取得を目指せるカリキュラムを設定。心理支援職を志す学生を医療・福祉・教育の各領域での臨床経験豊かな教員が、強力に支援します。
臨床心理&発達心理の二本柱で、
幅広い年齢に対応
カウンセリングを中心に学ぶ「臨床心理」と、人が成長する上での心の発達を学ぶ「発達心理」を柱に、子どもから高齢者まで幅広い年齢に対応する学びを展開。また豊富な学内実習で、実践的なスキルと知識を習得できます。
心理の専門職として、
より専門性を高める3コース
1~2年次で基礎を学び、3年次でコースを選択。「公認心理師コース」、「悩みによりそうカウンセリングコース」、「子どものサポートを考えるコース」のそれぞれの道を目指すコースに分かれ、将来の強みとなる「専門性」を獲得します。

PROFESSOR'S MESSAGE

医療心理学科 臨床発達心理専攻
山本 孝子 教授

基礎を身に付け、実践の場を創造する。
可能性へ向け、しなやかに生きる力をはぐくみます。

臨床発達心理専攻では、学んだ知識を個々の状況に合わせていかにしなやかに実践できるかという点に重きをおいて指導しています。悩みの内容は人それぞれです。まずは十分にかかわり、話を聴いていくということが重要となります。その際に力を発揮するのがマイクロカウンセリング技法で、基本的傾聴技法を用いてしっかりと話を聴くことで、クライエント(相談者)はカウンセラーに信頼感を持ち、安心して話をされるようになります。その後の展開がうまくいくかどうかは、この初回の場面での基本的傾聴にかかっていると言っても過言ではありません。加えて、私が専門としている「カウンセリング心理学」では「予防・心理教育」にも重点を置いてかかわります。例えばスクールカウンセラーとして勤務しているのであれば、児童・生徒や教職員の方々に向けてストレスへの対処法やコミュニケーションの改善に役立つお話をし、心の健康や対人関係の改善に役立てていただくことができますし、保護者のみなさまにも親子関係をより良いものにするコツをお伝えすることができます。学校へ、職場へ、医療へ。あなた次第で活躍の場はどんどん広がります。

PROFESSIONAL'S VOICE

松本 恭平さん
2017年3月 医療心理学科 臨床発達心理専攻卒業
社会福祉法人 大阪自彊館 特別養護老人ホーム
ジュネス 勤務
職種:介護ケアスタッフ

心理学的アプローチで、
認知症の方々の「今」生きる喜びを増やしていきたい。

自身の認知症に悩む方々にとって、自宅とは異なる「知らない場所」で暮らすことは大きなストレスです。私は今、特別養護老人ホームで働いていますが、ストレスを和らげるだけでなく、コントロールして認知症のケアやリハビリテーションの「成果」に結びつけていくには心理学のアプローチが欠かせません。例えばちょっとした段差や馴染みのない家具が心理学的にどれだけ負担になっているかに注目することで「施設の改善」という環境創造に役立てることができます。また、心理学的には過去に経験したポジティブな出来事が心身への良いストレスとなり、認知症の進行を緩和させるともいわれています。ご家族との面談で利用者さんの若い頃のお話を聞き出し、ボウリングがお好きだったと分かればレクリエーションに取り入れることも。「できる」を称賛され認められることは、利用者さんにとっての「今」の生きがいになるのです。こういった心理学の知見と福祉の支援スキルを融合させれば、利用者さんのより良い生活をつくることができます。今後も、利用者さんのこれまでの人生を受け入れ、一瞬一瞬の喜びをともに増やしていきたいです。

現場の"いま"を知る学び

新たな時代へ。対人援助の在り方を変える心理士の役割。

「多職種協働」への取組

対人援助の在り方は進化し続けています。医師主導から「チーム支援」へ。そして今、患者さまの「こう生きたい」という意志を叶えるための「多職種協働」プロジェクトの時代が模索されています。こうした時代に、「患者さまの本音」「潜在的な意志」を顕在化することができるのが心理支援職。福祉や保育、理学療法など多分野の仲間と学ぶことができる本学の心理学の強みはそこにあります。さらに他学科と協働して行う学びも検討されています。

4年間の学び

3つの領域を軸に、学習と実践。心理学を将来にどのように活かすかを探る。

実践心理学3つの領域

医療・健康

予防・治療・リハビリの各段階で、専門職によるチーム支援の現場で必要とされる、公認心理師としてのフットワーク、ネットワーク、そしてヘッドワークについて具体的に学びます。

福祉

障がいのある子どもの支援や虐待を受けた方へのケアなど福祉現場で生じる問題とその背景を知り、支援方法について学んでいきます。

教育・学校

いじめや不登校など、児童・生徒の様々な悩みの相談に応じる力、また保護者や教員に対して的確な助言ができる力を身に付けていきます。

医療心理学科 臨床発達心理専攻の履修モデル

STEP1 知識・技術

基礎科目・発展科目で確かな知識を身に付ける

心理学基礎科目
心理学の研究や実験の方法、心理学や臨床心理学の成り立ちについて学びます。また、公認心理師の役割や職責について学びます。
心理学発展科目
基礎心理学を幅広く学びます。そこには、感情、認知・知覚、学習、家族、発達、障がいについての学びや、心理学によるアセスメントや支援についての学びが含まれます。

STEP2 実践力

実習演習科目で技術を磨く

心理学による支援の基本的な知識やスキルを修得するために、具体的な場面を想定した演習を行ったり、支援事例について検討します。

心理実習では医療、教育、福祉などの支援の現場へ行って見学等による実習を行いながら、どのようにケアが行われているのか、どのような職業の人と一緒に仕事をしているのかを学びます。

STEP3 実践力を磨く

進学または就職で実践力を高める

  • 本学大学院等進学
  • 臨床現場実務経験

先輩の4年間をCHECK!

幅広い分野や体験と出合い、広がっていった私の可能性。

2018年3月卒業 坂井 梨佳子さん
大阪府立布施高校出身
株式会社LAVA International 内定

1年次 多様な学びと、たくさんの心理学の可能性に出合う。

心理学の先生といっても、専門は様々。医療、福祉、教育...先生方の体験談を聞き、次第にスクールカウンセラーや福祉分野にも関心が向きました。心理学の幅広い可能性に気づくことができました。

2年次 オープンキャンパスで学びを実践!

オープンキャンパススタッフとして高校生に学びの魅力を伝えたり、相談に乗るときにも心理学は活かされるのだと実感しました。人の気持ちと向き合うことの難しさも、実践の中で見えてきました。

3年次 対象者の周囲まで巻き込むアプローチに感激。

実習や、先生の紹介による支援センターでの活動を通じ、学んだことを障がいのある子どもの援助で実践しました。子どもだけでなく家族にもかかわるという、周囲まで見据えたケアに感動しました。

4年次 心理とヨガの思いがけない出合い。将来が決まる。

内定先はヨガスタジオを世界に展開する企業。実習先の福祉施設で、ヨガで人の心をほぐし、開かせている姿に魅力を感じました。広がった心理学の可能性が私を夢に出合わせてくれました。

コース紹介

公認心理師コース

※基本的に資格取得には大学院進学と国家試験の合格が必要です。本専攻では、本学大学院との連携教育を通して質の高い公認心理師の養成を行います。

医療・教育・福祉をはじめ、
臨床の現場で活躍できる心理カウンセラーを目指す。

心理カウンセラーと呼ばれる領域での活躍が期待される新しい国家資格「公認心理師」の資格取得を目指し、カウンセリングやセラピーなど、心理支援の専門的な知識や技術を実践的な学びを通して習得します。

悩みによりそうカウンセリングコース

医療や臨床の現場でカウンセリングができる心理のプロを目指す。

医療・保健、教育、福祉の現場で行われているカウンセリングに必要な知識や技術を実践的に習得し、臨床の場で活躍できる心理のプロフェッショナルを目指します。

子どものサポートを考えるコース

乳幼児から児童まで、発達の過程で生じる心の問題を理解し、発達支援ができる心理のプロフェッショナルを目指す。

乳幼児から児童期にかけての子どもの社会的な関係や感情、パーソナリティの発達とそれを支える家庭や教育環境について学ぶことができます。

目指せる進路

  • 医療機関の心理専門職
  • 企業カウンセラー
  • スクールカウンセラー
  • 幼稚園の心理カウンセラー
  • 児童福祉施設心理職
  • 児童発達相談員
  • 保健センター等の心理相談員 など

Topics

現役カウンセラーによる徹底指導で、臨床の場で質の高い心理支援を行える実践家を養成

「医療」・「福祉」・「教育」の主要3領域で活躍する現役カウンセラーが直接指導。

「医療」「福祉」「教育」、それぞれの領域で長くカウンセラーとして活躍している教員が、臨床の場で得られた豊富な経験を元に、これから活躍の場が一層広がる公認心理師に必要とされる知識や技術、更には心理支援職に必要な姿勢や態度について丁寧に指導します。現役でカウンセラーとして活躍する教員からは、過去に得られた知見にとどまらず、ストレスや課題の多い現代社会の「今」に活かせる幅広い学びが得られます。

心理支援職・現役カウンセラー・教員陣

医療・健康分野
東 千冬 准教授
専門分野
医療心理学、精神分析学、スクールカウンセリング
これまでの活動機関
  • 精神科病院
  • 心療内科クリニック
  • 金融機関(産業カウンセラー)
  • 小学校・中学校・高等学校(スクールカウンセラー)
福祉分野
山﨑 康一郎 准教授
専門分野
臨床心理学、社会的養護、障害児・者の心理と支援
これまでの活動機関
  • 虐待等にかかわる児童福祉施設
  • 障がいのある方の支援を行う福祉施設
教育・学校分野
山本 孝子 教授
専門分野
カウンセリング心理学
これまでの活動機関
  • 小学校・中学校・高等学校(スクールカウンセラー)

他にもこんな教員が!

宮脇 稔 教授
専門分野
医療心理学
鈴木 国威 准教授
専門分野
発達心理学、認知発達神経学、行動遺伝学(双生児)
筒井 優介 講師
専門分野
心理臨床学、心理療法におけるイメージとその変容について

専攻の特長

専門性の深さ、そして実践。現場で活躍できる力をはぐくむ、高度な学び。

Pick Up 授業

心理学基礎実習

質問紙調査法や自由記述法、心理検査法など、目に見えない心理現象を科学的な視点から解明するための様々な技法を実践。グループでのデータ解析も行い、理解を深めます。

心理的アセスメント

対象者のかかえる問題点を明らかにし、適切な援助介入の方針を立てるための心理的評価(アセスメント)を学びます。発達検査や性格検査など様々な手法を実践します。

臨床発達心理学

発達の問題・障がいのある人の状態を、的確に理解し支援する具体的な方法を学習。支援対象者を、生物学・心理・社会・実存などの側面から検討し、理解を深めます。

心理実習Ⅰ

心理臨床実践現場へ実習に行くために必要な知識を習得します。そのため、医療・保健、教育、福祉、司法、産業の各領域における臨床心理実践や、制度・施設について学びます。

観察からデータ解析まで。心理学の調査スキルを磨くための施設・設備が充実。

行動観察室(プレイルーム)

「多動な子ども」や「自閉症傾向のある子ども」の特徴を観察したり、遊びを用いたセラピーを行うために活用します。

生理心理学実験室

外部からの刺激を遮断したシールドルームで、中にいる人の脳波や心拍数、まばたき、呼吸などの生体反応を厳密に測定・分析。人の生理学的な反応と心理学的な反応の関連などの実験が可能です。

STUDENT'S VOICE → about 行動観察室

4年次生 小笠原 和希さん
大阪府立生野高校出身

他者も自分も見つめる。そこから、人と向き合う姿勢を学びました。

臨床心理学の基本は、被験者の行動や気持ちをまず受け入れること。行動観察室のマジックミラーは、対象者を冷静かつ客観的に観察でき、自分とは異なる視点があることに気づかせてくれました。アルバイトをしているコンビニエンスストアでもその姿勢を実践。お客さまの思いがけない言動にもお客さまの視点で対応してみると受け入れられ、なじみのお客さまも多くなりました。心理学は実践学なのだと実感しました。

キャリアイメージ

広がる、心理の専門職の仕事。

教育
子どもたちが健やかに成長できる環境づくり

小・中・高等学校と、心身ともに成長していく子どもの心には、その発達に沿ったケアが必要です。それに加え、現在の教育現場は、学力低下・不登校・いじめなど、多くの問題をかかえています。子どもたちのより健やかな成長のために、学校で設置されている相談室のほか、教育センターや各種教育相談所で、一人ひとりの心に寄り添う力が必要とされています。

主な勤務先

  • 小・中学校・高等学校
  • 大学相談室
  • 教育センター
  • 適応指導教室

医療
心身ともに健康に過ごすためのサポート

現代の日本は、精神疾患の患者が増加していると言われます。様々な理由から心の問題をかかえている人のほか、病気やけがをしている人へのメンタルケア、乳幼児の発達相談なども、相手の心と向き合い、支援する力が求められます。病院や診療所、市町村の保健センターやリハビリテーションセンターをはじめ、カウンセラーの力が必要とされる場は数え切れません。

主な勤務先

  • 精神科病院
  • 保健センター

福祉
一人ひとりの心に寄り添い、誰もが幸せに暮らせる社会に

障がいのある子どもの発達支援、障がいのある方やその家族の支援、虐待やいじめを受けた子どもの心のケア、精神疾患をかかえた方の社会復帰、介護が必要な方や介護をする方の心のケアなど、一人ひとりの心に寄り添った支援はますます重要になっています。福祉の領域では、保育士、社会福祉士をはじめ他の職種とタッグを組んで心理的な支援を行い、ともに生きる社会を作ることに貢献します。

主な勤務先

  • 児童養護施設
  • 乳児院
  • 児童心理治療施設
  • 障がい児入所施設

企業
「その人らしく働く」ためのメンタルケアを行う

「その人らしく健やかに働く」ことは、簡単なようで難しい課題です。だからこそ、職場でのメンタルヘルスや就業・キャリア開発のサポートを行い、心身ともに健全に働くための環境づくりが必要とされています。労働者の心理を理解し支える第三者として、企業内の相談室や健康管理センター、公共職業安定所で、カウンセラーの力が求められています。

主な勤務先

  • 人事課
  • 産業保健センター

「公認心理師」の先に広がるキャリア像

宮脇 稔 教授

待ち望まれていた"国家資格"。採用ニーズは既に拡大中です。

「公認心理師」という国家資格がついに誕生しました。保険適用による診療費の低減、診療機会の増加による正社員採用の増加なども期待されており、既に雇用の側も、採用の拡大に動き始めています。医療機関や教育機関、福祉施設はもちろん、企業の産業医とともに働く場も増えていくでしょう。さらに近年、求められているのは治療やリハビリとしての心理ケアだけでなく、ストレスを未然に防ぐ予防ケア。その活躍の領域も、ますます増えていきます。その先陣を切るのが、みなさんなのです。

リーフレット等

公認心理師・資格紹介