医療心理学科
言語聴覚専攻

患者さまの心に寄り添い、支援できる言語聴覚士へ。
充実した学習環境の中、現場レベルの知識と技術を習得。

取得可能な資格等

  • 言語聴覚士(国)受験資格
  • 社会福祉主事任用資格

学生インタビュー動画(YouTube)

学びのポイント

心理学に強い言語聴覚士を育成
医療心理学をはじめ、臨床心理学や聴覚心理学など心理系の科目が受講でき、心理学に強い言語聴覚士を目指すことができます。リハビリで不安をかかえる患者さまの気持ちを理解し、相手の立場にたって考える力は現場で欠かせません。患者さまから「この人と話したい」と思っていただけるよう、4年間かけて言語聴覚士としての素養を育てます。
現場経験豊富な教員と最新の施設・設備
本専攻の教員は、すべて現場経験者です。現場で出会った患者さまの事例や医療現場での話など、豊富な体験談を聞くことで実践的に学ぶことができます。また、実習施設・設備も充実。「ことばときこえの発達支援センター」では、実際に言葉や聞こえの問題をかかえた子どもとそのご家族の相談を受け付けているため、言語聴覚士の仕事を学内でも学ぶことができます。
少人数制のゼミによる国家試験対策
本専攻は、国家試験受験資格の取得を卒業要件としています。専門性の高い分野であるからこそ、国家試験を受験し合格しなければ、言語聴覚士として働くことができません。そのため、国家試験に向けた模試や試験対策講座を早期から実施。4年次のゼミでも、少人数制の強みを活かし、試験に向けたきめ細やかな指導を行っています。

PROFESSOR'S MESSAGE

医療心理学科 言語聴覚専攻
宮地 ゆうじ 助教

「相手に寄り添う姿勢」を忘れない
しなやかな言語聴覚士を目指して。

「人と話すことが好き・コミュニケーションが好き」といった理由から言語聴覚士を目指す方は多いでしょう。言語聴覚士が対象とする「話す」「聞く」「食べる」といった活動は、コミュニケーションや生きがいに深くかかわります。しかし、相手はこうした活動に障がいのある方です。話したくても話せない、聞きたくても聞こえない、そんな患者さまの気持ちを健康な人間が100%理解することはとても難しいでしょう。
それでも、その辛さを想像し、寄り添うことは可能です。目の動きや口角の角度といった"言葉にならない言葉"を読み取り、支援の糸口を見つけようとする姿勢が、最も大切です。本専攻では、幅広い知識や専門的技術を身に付けるのはもちろんのこと、こうした「相手に寄り添う姿勢」を養い、様々な患者さまに柔軟に対応できる人材を育成します。

キャリアイメージ

話す、聞く、食べるなど、コミュニケーションや食べる障がいに対応する言語聴覚士の仕事。
医療をはじめ、保健・福祉や教育の分野で活躍します。

言語聴覚士の仕事内容

話すことの障がい

声帯や舌などの発声発音器官に障がいがある方、声に異常が発生する方、なめらかに話すのが難しい方などと向き合い、その評価や訓練を行います。

聞こえの障がい

聴覚検査や訓練、補助器のフィッティングなどを行います。幼児を対象に、言葉の獲得のサポートを担うこともあります。

食べることの障がい

食べ物が口からこぼれる、うまく飲み込めない、むせる、といった障がいに対して、原因の調査や器官の運動訓練などを実施します。

ことばの遅れ

言語機能の発達が遅れている子どもに対して、言葉や会話への関心づけ、語彙や文法、文字の習得の促進などの訓練・指導を担います。

成人の言語障がい

失語症や記憶障がい、認知症などをかかえる患者さまに対して、その症状や発生メカニズムを把握し、訓練・指導の業務に携わります。

ことばときこえの発達支援センター

言葉の発達や聞こえの問題をかかえる子どもとその家族を支援します。

大学内で、言語聴覚士の仕事内容を間近で学ぶ専門機関です。専門教員の指導のもと学生が主体となり、言葉の発達や聞こえの問題をかかえた子どもとご家族の相談を受け付けます。子どもたちの検査・訓練などの援助、ご家族への養育支援、就学前児のグループ指導、聴覚スクリーニングなどを行いながら、実際の現場での働きや、求められる専門的な知識や技術を養います。

授業紹介

基礎医学Ⅱ

人体の構造をミクロとマクロの視点から見る系統解剖学を中心に学習を進めていき、各臓器や神経系における生体の機能について学びます。

聴覚障害学Ⅰ

成人の聴覚障がい者の状況を知り、問題点を整理して、先天性・後天性による課題の違いや対応法を学びます。また、公的な支援制度に関する知識も深めます。

充実の学外実習

言語聴覚士の国家資格取得のために必要な臨床実習は、患者さまと接するとても貴重な機会です。
現場でのコミュニケーション能力を磨くとともに、患者さまの立場になって考えて行動することの大切さを学びます。

Point1 チーム支援を現場で体験。

実習先では言語聴覚士のもとで実際に患者さまとかかわっていきます。リハビリの様子や作業療法士・理学療法士との連携など、専門職としての仕事を体験します。

Point2 現場で学びを深化。

現場は講義や演習で学んだ知識や技能を活かす場になります。
また、現場での体験を通じて感じたことや反省点をグループディスカッションや講義で更に深化させます。

実習に関する指導

症例報告会

実習に向け、事前指導・事後指導を徹底

実習は3年次後期と4年次前期に8週間ずつ実施しています。報告書の書き方やマナーなどの事前指導に加え、実習中は教員が実習先を都度訪問し、学生へフィードバックを行います。実習後は「症例報告会」を実施し、振り返りを行います。実習中に見つかった言語聴覚士としての課題を整理し、その後の学びに活かします。

実習施設とスケジュール

実習施設 実習時期(予定)
総合病院・リハビリテーション病院
障がい児(者)施設 など
3年次
後期 学内実習 約2週間、学外実習 約6週間
4年次
前期 学外実習 約8週間

STUDENT'S VOICE

3年次生 江本 義隆さん
奈良県・私立奈良大学附属高校出身

言語聴覚士という夢を叶えるため、
努力を重ねる日々です。

ストレス性難聴になった母の助けになりたい。その思いから言語聴覚士を志しました。「聴覚障害学」の授業では、病気の種類や症状などの医療的知識だけでなく、患者さまがどんな気持ちになるか、どんなサポートが必要かといった心理学的な側面からも聴覚障がいについて学びを深めることができました。将来は、母と同じような症状の方から頼られるプロフェッショナルになりたいです。

PROFESSIONAL'S VOICE

寺井 敦さん
医療法人大寿会 介護老人保健施設ユートピア 勤務
職種:言語聴覚士

症状も目指すゴールも異なる
40名以上の患者さまを担当。

介護老人保健施設で、嚥下障がいや失語症などの患者さまを対象にリハビリを実施しています。喪失感や疎外感から心を閉ざしてしまう方も多いのですが、できるところからコミュニケーションのチャンネルを広げていくことが重要。リハビリの効果が現れ、患者さま側からの自発的な発信が増えてくると、とても嬉しいですね。
今後の課題は、リスクに関する情報共有です。退所後も生活しやすい環境を提供できるよう、言語聴覚士として考えられるリスクや適正な介助方法を、患者さまのご家族やヘルパーさんへ伝えていくことに力を入れています。

学科専門科目のカリキュラム

子どもから高齢者まで幅広い年齢に対応する力を磨く心理学の科目が充実しています。

専攻共通科目

1年次

  • 心理学概論
  • 心理学研究法
  • 医療心理学
  • 基礎医学Ⅰ(医学総論・病理学)
  • 基礎医学Ⅱ(解剖学・生理学)
  • 言語発達学
  • データ解析Ⅰ(基礎統計)

2年次

  • 臨床心理学
  • 心理測定法
  • 聴覚心理学
  • 言語心理学
  • 心理学基礎実習Ⅰ(実験)
  • 心理学基礎実習Ⅱ(調査法観察法)
  • データ解析Ⅱ(推測統計)
  • 生理心理学
  • 知覚心理学
  • コミュニティ心理学
  • 健康心理学
  • 社会心理学
  • グループ・ダイナミックス
  • 学習心理学

3年次

  • 子どもの発達支援の心理学
  • 子どもの発達と障害
  • 心理薬理学
  • 健康心理アセスメント概論
  • 神経心理学
  • 装いの心理学
  • 産業心理学
  • 対人行動論
  • 医療心理学演習Ⅰ

4年次

  • 心理学史
  • 心理学関連法規・倫理
  • 医療心理学演習Ⅱ

言語聴覚専攻科目

1年次

  • 臨床医学Ⅰ(内科学)
  • 臨床医学Ⅱ(リハビリテーション医学)
  • 臨床医学Ⅲ(臨床神経学)
  • 臨床医学Ⅳ(小児科学)
  • 臨床医学Ⅴ(耳鼻咽喉科学・聴覚医学)
  • 臨床医学Ⅵ
  • (臨床歯科学・口腔外科学・形成外科学)
  • 言語学
  • 音声学
  • 音響学
  • 言語聴覚障害学
  • 言語聴覚障害診断学

2年次

  • 失語症Ⅰ
  • 失語症Ⅱ
  • 高次脳機能障害学Ⅰ
  • 高次脳機能障害学Ⅱ
  • 言語発達障害学Ⅰ
  • 言語発達障害学Ⅱ
  • 発声発語障害学Ⅰ(運動障害性構音障害・音声障害・吃音)
  • 発声発語障害学Ⅱ(運動障害性構音障害・音声障害・吃音)
  • 発声発語障害学Ⅲ(器質性構音障害・機能性構音障害)
  • 嚥下障害Ⅰ
  • 嚥下障害Ⅱ
  • 聴覚障害学Ⅰ
  • 聴覚障害学Ⅱ

3年次

  • 失語症学演習
  • 高次脳機能障害学演習
  • 言語発達障害学演習
  • 発声発語障害学演習Ⅰ(運動障害性構音障害・音声障害・吃音)
  • 発声発語障害学演習Ⅱ(器質性構音障害・機能性構音障害)
  • 嚥下障害演習
  • 聴覚障害学演習(含む聴力検査法)
  • 補聴器・人工内耳
  • 言語聴覚学実習Ⅰ

4年次

  • 言語聴覚障害学演習
  • 言語聴覚学実習Ⅱ
  • ※カリキュラムは変更になる場合があります。
  • ※言語聴覚専攻では、言語聴覚士国家試験受験資格取得を卒業要件とします。

リーフレット等

言語聴覚士編_時間割で見る対人援助のプロを目指す4年間

leaflet_gengo1_01.jpg leaflet_gengo1_02.jpg