医療心理学科
言語聴覚専攻

患者さまの心に寄り添い、支援できる言語聴覚士へ。
充実した学習環境の中、現場レベルの知識と技術を習得。

取得可能な資格等

  • 言語聴覚士(国)受験資格
  • 社会福祉主事任用資格

学生インタビュー動画(YouTube)

学びのポイント

心理学を強みに、
相手と向き合える言語聴覚士へ
本学では、医療心理学をはじめ、臨床心理学、聴覚心理学など心理系科目が受講可能。現場で欠かせない、相手の想いを理解し、相手の立場で考える力を磨き、「この人と話したい」と思われるよう言語聴覚士としての素養をはぐくみます。
現場経験豊富な教員と充実の施設が、
実践的な学びを後押し
教員はすべて現場経験者。医療現場の事例など、豊富な体験談を聞くことができます。また「ことばときこえの発達支援センター」で、言語聴覚の問題をかかえた子どもの相談支援を行っており、学内でも実践的に学ぶ機会が豊富です。
早期対策と少人数制ゼミで、
きめ細やかな国家試験対策
本専攻は、国家試験受験資格の取得を卒業要件としており、国家試験に向けた模試や試験対策講座を早期から実施。4年次のゼミでも、少人数制の強みを活かし、試験に 向けたきめ細やかな指導を行っています。

PROFESSOR'S MESSAGE

医療心理学科 言語聴覚専攻
宮地 ゆうじ 助教

回復を待ち続ける力。
その一言が、その一口が、患者さまの日々に光を与える。

うまく意思を言葉にできなかった子どもがある日「うん!」と返事をしてくれたときの嬉しさを、嚥下が難しかったおばあちゃんがスープを飲み込めたときの感激を、あなたは想像できますか。 言語聴覚士はその名のとおり、話すこと、聴くこと、食べることなど、様々な「生きるための行動」を支える仕事です。しかも近年、その対象者は増加しており、言語聴覚士への要請が高まっています。例えば子どもの患者さまの増加も要因の一つ。それまでは「意思疎通が難しい子ども」は、性格の問題として認識されることが多かったのですが、それは、自分の思うように言葉が出ず、かんしゃくを起こしたりすることが誤解されていたからです。医学的な要因も一因であるとの認識が教育現場に広がり、言語聴覚士の対象となる患者さまが増加しました。こうした様々な患者さまに対し、あらゆる知識や技術を駆使し、回復を待ちます。工夫、分析、また工夫、そして辛抱。時には何年にも及びます。しかしある日、患者さまが発した一言や実現した一口に報われます。それは、共に勝ち取った「世界が変わる瞬間」なのですから。

PROFESSIONAL'S VOICE

五十嵐 千花さん
2016年 医療心理学科 言語聴覚専攻卒業
社会福祉法人 三ヶ山学園 いずみ診療所 勤務
職種:言語聴覚士

言葉にできない「伝えたい」を、
しっかりと受け止めたい。

言語聴覚士として、言葉やコミュニケーションの問題をかかえる子どもの患者さまを担当し、専門家として臨機応変に対応する難しさに直面しています。例えば同じ診断名でも一人ひとり状態は全く違いますし、話せない要因も様々。語彙が少ない、正しく発音できないなどのほか、緊張や寝不足なども影響します。わずかな手がかりからその患者さまがかかえる「問題」を掴んだ上で、40分の時間内で成果につながるよう、適切な課題や訓練を行う必要があります。また課題の最中も、「寝る」を「ねんね」と言ったり動作で伝えたりとアプローチを変えることや、途中で遊び要素のある課題を挟むなど集中させる工夫も必要です。さらに、保護者と想いを一つにして、訓練を進めることも欠かせません。簡単な仕事ではありませんが、一言話せるだけで、患者さまの世界が変わることもあります。友達の名前が呼べず、叩いて注意を引いていた子も、名前が呼べればより良い関係を築けるようになる。言語聴覚士の助けが必要な子どもや保護者がたくさんいる今、その気持ちをしっかり受け止められる、「頼れるプロ」として成長したいと思います。

4年間の学び

基礎を固めて実践、そして国家試験合格へ。着実に成長できる体系的な学び。

POINT.1

講義と、現場の実習を経験。
言語聴覚士に必要な専門的知識、技術、そして患者さまの立場で行動することの大切さや責任について学びます。

POINT.2

言語聴覚士国家資格取得に向け、段階的に実力を高める
本学オリジナルの国家試験対策プログラム。

2年次 3年次 4年次
  • 最も基本となるテキストを徹底解説
  • 科目ごとに対策ノート作りを実施
  • 毎週、科目別の確認テストで理解度をチェック
  • 過去問題から要点をまとめた解説ノートを作成
  • 科目別の重要キーワード集で専門用語を暗記
  • 本学オリジナルの総復習試験で合格点を目指す
  • 少人数でのグループ指導で苦手分野を克服
  • 合計140時間を超える、科目別の国家試験対策講座で実力アップ
  • 計8回の模擬試験で実力チェック

POINT.3

1年次から専門科目を開講。
基礎を固めるとともに、早期から専門性を磨いていきます。

1年次 - 基礎を幅広く学び、専門の学びもスタート。
前期後期
基礎科目
  • FA演習Ⅰ
  • オーラルワークショップ(英語)Ⅰ
  • 人間科学演習Ⅰ
  • 人間関係
  • 社会福祉Ⅰ
  • スポーツ実技Ⅰ
  • オーラルワークショップ(英語)Ⅱ
  • 人間科学演習Ⅱ
  • 人権と倫理
  • 生物学
  • 法学
  • 社会問題論
学科専門科目
  • 基礎医学Ⅰ(医学総論・病理学)
  • 基礎医学Ⅱ(解剖学・生理学)
  • 臨床医学Ⅲ(臨床神経学)
  • 臨床医学Ⅳ(小児科学)
  • 臨床医学Ⅴ(耳鼻咽喉・聴覚医学)
  • 音声学
  • 臨床医学Ⅰ(内科学)
  • 臨床医学Ⅱ(リハ医学)
  • 臨床医学Ⅵ(歯科・口腔・形成)
  • 言語学
  • 音響学
  • 言語聴覚障害学
  • 言語聴覚障害診断学
  • 言語発達学
2年次 - 基礎を固め、専門も更に発展系へ。
前期後期
基礎科目
  • FA演習Ⅱ
  • コミュニケーション(英語)Ⅰ
  • 生活と統計
  • 発達心理学
  • 精神医学
  • プレ演習
  • コミュニケーション(英語)Ⅱ
学科専門科目
  • 臨床心理学
  • 学習心理学
  • 失語症Ⅰ
  • 高次脳機能障害学Ⅰ
  • 言語発達障害学Ⅰ
  • 嚥下障害Ⅰ
  • 聴覚障害学Ⅰ
  • 発声発語障害学Ⅰ
  • 心理測定法
  • 聴覚心理学
  • 失語症Ⅱ
  • 高次脳機能障害学Ⅱ
  • 言語発達障害学Ⅱ
  • 嚥下障害Ⅱ
  • 聴覚障害学Ⅱ
  • 発声発語障害学Ⅱ
  • 発声発語障害学Ⅲ
3年次 - 本格的な演習を開始。
前期後期
基礎科目
学科専門科目
  • 医療心理学演習Ⅰ
  • 補聴器・人工内耳
  • 失語症学演習
  • 高次脳機能障害学演習
  • 言語発達障害学演習
  • 嚥下障害演習
  • 聴覚障害学演習
  • 発声発語障害学演習Ⅰ
  • 発声発語障害学演習Ⅱ
  • 医療心理学演習Ⅰ
  • 言語聴覚学実習Ⅰ
4年次 - 1年間を通じて演習と実習に打ち込む。
前期後期
基礎科目
学科専門科目
  • 医療心理学演習Ⅱ
  • 言語聴覚学実習Ⅱ
  • 医療心理学演習Ⅱ
  • 言語聴覚障害学演習

※カリキュラムは変更になる場合があります。

学びを深化し、チーム支援を体験。知識を実践力に変える、充実の学外実習。

3年次 後期 4年次 前期
学内実習
約2週間
約6週間の学外実習をスムーズに行うために、学内で準備を行います。
  • 各種検査法の目的や手順を確認する。
  • 評価の手順を確認する。
  • 実習日誌や症例報告書の書き方について学ぶ。
学外実習
約6週間
病院や施設など、実際の臨床の現場で実習を行います。
  • 実習施設の概要や方針を理解する。
  • 言語聴覚士の業務内容について理解する。
  • 各種検査法や評価方法を習得する。
  • 評価から問題点を抽出し、訓練計画を立案する。
学外実習
約8週間
3年次の6週間実習で学んだことを更に発展させる実習です。
  • 情報収集から訓練の実施、検証までの一連の過程を学ぶ。
  • 8週間の実習終了後、実習で学んだことを深めるために卒業論文作成を行う。

実習に向け、事前指導・事後指導を徹底

学外実習は3年次後期に6週間と4年次前期に8週間実施しています。報告書の書き方やマナーなどの事前指導に加え、実習中は教員が実習先を都度訪問し、学生へフィードバックを行います。実習後は「症例報告会」を実施し、振り返りを行います。実習中に見つかった言語聴覚士としての課題を整理し、その後の学びに活かします。

専攻の特長

多岐にわたる言語聴覚分野について、各分野の専門教員から広く、深く学びます。

Pick Up 授業

医療心理学演習Ⅰ

「言語聴覚学」や、関連する学びの知識・技能を深めます。実習に向けた知識の確認や症例報告書の作成を学び、将来、現場で適切な言語聴覚療法を実施する力を身に付けることを目指します。

言語聴覚障害診断学

言葉の理解や話す能力の発達が遅れる、「言語発達障がい」や「コミュニケーション障がい」を学習。障がいの特徴と、障がいを持つ子どもへの適切な支援を学びます。

臨床歯科医学・口腔外科学

言語聴覚士の基礎知識となる、口腔ならびに顎や顔の諸器官の解剖学・機能・疾患と治療法について学びます。歯と歯周組織について、咀嚼機能についてなど医学的な知識を習得します。

嚥下障害Ⅱ

摂食・嚥下障がいのリハビリテーションについて学びます。各種摂食訓練のほか、口腔ケアや経管栄養法なども学び、臨床実習に向け、摂食・嚥下訓練を行える技術を習得します。

STUDENT'S VOICE

3年次生 柴原 景さん

本気の授業で言語聴覚士の実力を磨き、患者さまの支えに。

一つひとつの授業に対して、先生も私たち学生も本気そのもの。国家資格の取得に向けてカリキュラムが緻密に組まれているため、緊張感がクラスの中にあふれており、集中して学習できます。授業は専門的な内容が多く大変ですが、しっかりと身に付けてこれから始まる実習に臨みたいです。そして手にした知識と技術で将来、患者さまと向き合い、健康の支えになりたいと思います。

キャリアイメージ

話す、聞く、食べるなど、コミュニケーションや食べる障がいに対応する言語聴覚士の仕事。
医療をはじめ、保健・福祉や教育の分野で活躍します。

言語聴覚士の仕事内容

発声や構音の障がい

声帯や舌などの発声発音器官に障がいがある方、声に異常が発生する方、なめらかに話すのが難しい方などと向き合い、その評価や訓練を行います。


きこえの障がい

聴覚検査や訓練、補助器のフィッティングなどを行います。幼児を対象に、言葉の獲得のサポートを担うこともあります。


食べることの障がい

食べ物が口からこぼれる、うまく飲み込めない、むせる、といった障がいに対して、原因の調査や器官の運動訓練などを実施します。


子どもの言語障がい

言語機能の発達が遅れている子どもに対して、言葉や会話への関心づけ、語彙や文法、文字の習得の促進などの訓練・指導を担います。


大人の言語障がい

失語症や記憶障がい、認知症などをかかえる患者さまに対して、その症状や発生メカニズムを把握し、訓練・指導の業務に携わります。


就職実績

2017年3月卒業者の全員が医療、福祉の分野に進んでいます。その就職先は、子どもを対象とした専門医療機関から、総合病院、高齢者に重点を置いた医療機関まで、規模も分野も様々です。また、その地域も関西各地はもちろん、北陸など多岐にわたっています。

2017年3月卒業者の内定先一覧(抜粋)

  • 平谷こども発達クリニック
  • 公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院
  • 医療法人 芙蓉会 南草津病院
  • 医療法人 恵泉会 堺温心会病院
  • 医療法人 清仁会 シミズ病院グループ

Topics

ことばときこえの発達支援センター

言葉の発達やきこえの問題をかかえる子どもとその家族を支援します。

大学内で、言語聴覚士の仕事内容を間近で学ぶ専門機関です。専門教員の指導のもと学生が主体となり、言葉の発達やきこえの問題をかかえた子どもとご家族の相談を受け付けます。子どもたちの検査・訓練などの援助、ご家族への養育支援、就学前児のグループ指導、聴覚スクリーニングなどを行いながら、実際の現場での働きや、求められる専門的な知識や技術を養います。

リーフレット等

言語聴覚士編_時間割で見る対人援助のプロを目指す4年間

leaflet_gengo1_01.jpg  leaflet_gengo1_02.jpg

//クロスドメイン用 /*通常コード */