保健医療学部作業療法学科

保健医療学部特集 未来の医療・福祉は私が創る LEADERS 患者さまの多様性にチーム支援で支える 発達に障がいがある子どもたちを支援する スポーツ分野でも求められるリハビリテーション専門職

日常の暮らしの中で身体機能を回復させる支援を行う

地域包括ケアや在宅支援が進み、活躍が期待される作業療法士。本学では理学療法学科や言語聴覚学科との連携で知識と技術を広く深く学びます。

取得可能な資格等

取得可能な資格

  • 作業療法士 国家試験受験資格

学びのPOINT

各分野をリードしてきた教員から実践的に学ぶ
作業療法士には、専門知識や技術はもちろん、様々な要望に応える高度な実践力が求められます。本学科には、作業療法の現場や研究の各分野で活躍してきた、経験豊富な専門家が集結。作業療法について、より深く専門的に学べる環境です。
地域リハビリテーションに強い作業療法士を養成
訪問作業療法や就労支援、特別支援教育といった地域活動に取り組むためには、各分野に関する専門知識とともに、多職種と連携する力も重要です。将来を見据えたカリキュラムで、現場で活かせる応用力やコミュニケーション能力を磨きます。
義肢装具・自助具を活用した支援、技術に強い作業療法士を養成
作業療法では、スムーズな作業を助けるための道具や機器を用いたり、義足や義手を装着しての訓練を行ったりすることも少なくありません。義肢装具の装着方法、機能などについても理解を深められるよう、体験や演習を通して学びます。
作業を通して精神的達成感を共有し理解力と洞察力を育成
作業療法の効果は、身体的な向上だけでなく喜びや達成感など精神面に働きかけるメリットもあります。本学科では実践的な授業を通してそうした心についても学習。患者さまの立ち場に立ち、理解する力や本質を見抜く洞察力を養います。

作業療法士の最前線を知る

教授 古川 宏 保健医療学部 作業療法学科

患者さまの人生と向き合い
一人ひとりの"正解"を導くことで
生きるためのチカラをはぐくんでいく。

私が作業療法士の道に進んだのは1965年。日本におけるリハビリテーションの黎明期から数多くの経験を積み重ね、ますます作業療法士が果たす役割の大きさを実感します。作業療法士の仕事は、病気やケガ、心身の障がいによって日々の暮らしで必要となる「作業」がスムーズに行えない方に対し、食事やトイレ、家事などの「応用動作能力」をはじめ、職場や学校に復帰する「社会的適応能力」の改善・回復を促し、自立して生活が送れるようサポートすること。医学的な知識やリハビリテーションの専門スキルはもちろんのこと、一番大切なのは「患者さまの本当の望み」に気づき、その想いを支えていくことです。そこには決まった答えはありません。患者さまと対話を重ね人生としっかりと向き合うことで、一人ひとりにとっての「答え」を導き、生きる力をはぐくむやりがいのある仕事です。高齢化を背景に、さらに期待が高まる作業療法士。だからこそ、時代の要請に応え、真のプロフェッショナルの育成を目指します。

チーム支援のリーダーとして

地域包括ケアの最大の目標は、患者さまの日常生活を支えること。作業療法士は身体機能の回復だけでなく、自宅で生活する患者さまのために手摺りを付ける位置などの住宅修繕も指導。医療的視点から生活全般に至るまで幅広い視点を持つリハビリテーションのプロとして、チームの中心的役割を果たします。

4年間の学び

保健医療学部 作業療法学科 教授  古川 宏

複合的な能力が求められる作業療法士を、
様々なアプローチではぐくみます。

1年次 身体の構造に関する基礎知識を習得
基礎科目が中心。医学の基礎知識や倫理、社会に対する理解などを深めます。
[主な授業例]
・FA演習 ・対人援助演習Ⅰ・Ⅱ ・リハビリテーション概論 ・チーム医療論演習 ・内科学 ・解剖学Ⅰ・Ⅱ など
2年次 3年次生からの本格的実習に向け、専門知識を磨く
専門科目が増え、課題解決においても実際の課題に挑みます。
[主な授業例]
・作業療法運動学 ・身体障害作業療法治療学Ⅰ・精神障害作業療法治療学Ⅰ ・発達障害作業療法治療学 ・高齢者作業療法治療学 ・高次脳機能障害作業療法治療学など
3年次 演習や実習を重ね、現場で活躍できる力を高める
多くの施設に実習に行き、経験値を増やしながら柔軟な対応力を養います。
[主な授業例]
・身体障害作業療法治療学演習Ⅱ ・精神障害作業療法治療学演習 ・発達障害作業療法治療学演習 ・高齢者作業療法治療学演習 ・高次脳機能障害作業療法治療学演習 ・作業療法学実習Ⅱ(地域リハビリテーション) ・作業療法学実習Ⅲ(評価) など
4年次 長期実習に挑戦しながら国家試験対策にも注力
9週間の長期実習が2回。じっくりと取り組みます。国家試験へ向けた学習も本格化。
[主な授業例]
・作業療法管理学 ・臨床実習後学内演習(作業療法)・作業療法学総合実習Ⅰ・Ⅱ ・作業療法学演習Ⅱなど

幅広い対象者に対応できる作業療法士へ!

クローズアップ実習

1年次からスタートする実習で、
地域や医療機関など様々な現場で経験を積み、実践力を磨く。

1年次後期 作業療法学実習Ⅰ(見学)
1週間
身体障がい領域、精神障がい領域、発達障がい領域、高齢期領域の病院・施設などリハビリテーションを実施している現場を見学し、作業療法を取り巻く環境を理解します。
3年次前期 作業療法学実習Ⅱ(地域リハビリテーション)
1週間
地域作業療法学で学んだ知識と技術をもとに、実際に地域での医療・福祉の現場を見学・訪問し、地域でのリハビリテーションと作業療法の現状を体験・把握することで、作業療法士としての地域でのかかわり方・役割を理解します。
3年次後期 作業療法学実習Ⅲ(評価)
2週間
作業療法評価学演習で学んだ知識と技術の検査・測定に関する専門基礎を基に、実践的な作業療法を臨床現場で体験します。この実習では、対象者のニーズ、情報収集の方法、記録のプロセスを理解し、作業療法評価の実際と技術の正確性を経験します。
4年次前期 作業療法学総合実習Ⅰ・Ⅱ
各9週間
学内で学んだ作業療法学ならびに関連領域の知識・技術を臨床の場で実践しながら学ぶ集大成の実習です。この実習では、実習指導者の監督の下に、対象者のニーズ、情報収集の方法、記録のプロセス、疾病・疾患の医学的知識、臨床推論、技能、態度の実際と技術の正確性を経験します。

Teacher's Message 教員メッセージ

保健医療学部 作業療法学科 教授 (就任予定)辻 薫

豊富な実践機会で作業療法士としての基礎力を磨きます。

「知識として頭で理解する」ところから、「施設実習に取り組めるようになる」まで、学生に応じた指導援助を行います。初めからできる人はいませんので安心してください。視聴覚教材や実物に触れ、モデルを観察し模倣しながら、身体を動かし実践する体験学習を重視することで、具体的なイメージを持って作業療法ができる基本的能力を育てます。子ども、高齢者、障がいのある方の生活に寄り添い「その人らしい作業」ができる作業療法士を目指しましょう。

キャリアイメージ

作業療法士に高まる社会ニーズ

作業療法は日常の身体の動き、つまり「作業」を通じて運動機能や脳機能などの改善・維持・向上を図ります。
高齢化や医療制度の改革など、社会が変化する中、その重要性はますます高まっています。

多様な領域から、人材が求められています

病院やクリニックでの
作業療法(入院・外来)

高齢者や脳卒中などの後遺症で、身体的に障がいのある方の機能回復を支えます。また、精神障がいや発達障がいなどに対する作業療法を行う場合もあります。

福祉施設

機能維持や回復のため、集団で、または一人ひとりに適した作業療法を立案。日々の暮らしにやりがいを持たせながら、身体の機能維持・回復に努めます。

訪問作業療法

退院後の在宅リハビリテーションなどに従事します。各家庭を訪問し、対象者はもちろんご家族や支援者、他職種と話し合いながら作業療法を行います。

就労支援など行政機関や
地域活動支援センター

精神障がいの方の就労支援などをはじめ、様々な相談業務にあたります。また、一般企業の障がい者雇用部門など、その活躍の場は広がっています。

特別支援教育・教育機関

発達障がいのある子どもたちに対し、作業療法の知見をもとに心身の成長を支えます。公立・私立の学校や、支援センターなどその活躍の場は多岐にわたります。

福祉用具メーカー

義手や義足だけでなく、自助具など様々な福祉用具のメーカーでの製品開発業務やアドバイザリー業務などに、作業療法士の知見が求められています。

TOPICS

各分野をリードしてきた専門家たちが教員に就任

全分野を学びながら、自分が進みたい分野を選び、専門的な「臨床家」への道を歩みます。

作業療法学科専用教室が誕生

基礎作業実習室Ⅰ

木工や革細工などの演習で使用します。

基礎作業実習室Ⅱ

陶芸や絵画などの基礎作業を学びます。

評価実習室

主に作業療法評価学の実習で使用します。