保健医療学部理学療法学科

保健医療学部
理学療法学科からの
お知らせ

More
保健医療学部特集 未来の医療・福祉は私が創る LEADERS 患者さまの多様性にチーム支援で支える 発達に障がいがある子どもたちを支援する スポーツ分野でも求められるリハビリテーション専門職
理学療法学科特設サイト

理学療法士国家試験受験資格とアスレチックトレーナー資格のダブル取得が可能。
スポーツリハビリテーションに強みを持ち、
チームで患者さまの支援に取り組める理学療法士へ。

取得可能な資格等

  • 理学療法士 国家試験受験資格
  • JATAC認定 アスレチックトレーナー資格
  • *ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会

学びのポイント

アスレチックトレーナーの
資格取得が目指せる
スポーツ現場におけるケガの応急処置や傷害の評価、傷害予防のトレーニングなどを担うアスレチックトレーナー。本学科では、JATAC(ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会)認定の資格取得が可能。現場経験を持つ教員が支援します。
作業療法士、言語聴覚士を
目指す学生とともに学ぶ
リハビリテーション専門職である理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を目指す学生たちがともに学ぶことのできる環境です。互いの領域を学び合い、刺激し合いながら、対象者を多角的に捉え、チームで支援する力を養うことができます。
ハイテク・最新機器を使用した教育で
科学的な思考力・表現力を養う
再生医療やロボットリハビリテーションの発展などに伴い、今後ますますリハビリテーションの高度化が進むと予想されます。卒業研究を行う「理学療法学演習」では、様々なハイテク機器や最新機器を使用した研究を通じ、科学的な力を磨きます。

現場の最前線を知る

佐々木 亮成 さん 理学療法学科 4年次生 滋賀県立玉川高校出身

「その方らしく生きる」ためのサポート、
それが理学療法士の役割です。

学生同士で何度も練習した検査や測定がうまくできない。こちらからの問いかけに何も答えてもらえない。実習で初めて患者さまを担当させてもらったとき、自分のあまりの無力さに愕然としました。理学療法に関する専門知識や技術を身に付けてはいても、それらをどう組み合わせて活用すればいいのか、それが分かっていなかったのです。一般的な検査の姿勢を取るのが難しい患者さまには、負担のかからない姿勢で検査を行う。痛みに敏感で心配性の患者さまには、安心感を与える声がけを続けながら身体を動かす。共通の話題を見つけ、少しずつ距離を縮めていきながら心を開いてもらう。一人ひとりに合わせた対応を丁寧かつ効果的に実践されている臨床実習指導者の先生方の姿を見て、患者さまに向き合うとはどういうことなのかが理解できました。ここからが、新たなスタート。コミュニケーション能力もしっかりと磨きながら、「その方らしく生きる」ための支援ができる理学療法士を目指し頑張ります。

チーム支援のリーダーとして

患者さまの症状や身体の状態だけでなく、性格や興味があることなど、様々な情報を共有することがチーム支援の大前提だと思います。他職種とも積極的に交流を図り、理学療法士ならではのアプローチ法を提案していけるよう、知識と技術を高めていきたいです。

現場の"いま"に応える学び

長倉 裕二 教授

医療機関におけるリハビリテーションに加え、
暮らしや地域社会の中で理学療法の
専門知識や技術が求められる時代へ。

今や日本は、世界で一番理学療法士の数が多い国となりました。患者さまの身体だけでなく、心にもしっかり向き合い、言葉にできない思いを治療やトレーニングに取り入れていくために、求められるのは高い技術と幅広い知識、そして、専門職としてのコミュニケーションスキルです。また、地域における理学療法のニーズも高まっています。例えば、学校生活の中で起こりがちな事故やケガの予防、高齢者の転倒を防ぐための環境への配慮や運動指導など、理学療法士だからこそできることはたくさんあります。これからの理学療法士は、専門性の高いスペシャリストであると同時に、生活に密着したジェネラリストでもあるのです。

Check! チーム支援のリーダー養成に向けた取組

せっつ健康長寿測定会

摂津市在住の高齢者を対象とした「せっつ健康長寿測定会」に、学生が測定員として毎年参加しています。昨年、初参加したときには先輩の動きを見て接遇や測定方法を覚えることに一生懸命だった1年次生たちも今年は2年次生として高齢者への接遇や測定の説明などで活躍。「見学実習」で得た経験を活かし、高齢者一人ひとりに合わせた対応を行っていました。さらに3年次生はチームをまとめるリーダー役として後輩の指導や測定会の運営にも注力。介護予防や障がい予防に貢献しています。

4年間の学び

医療現場をはじめ、地域やスポーツ分野で活躍する力を磨ける履修モデルを展開。

保健医療学部 理学療法学科の履修モデル
1年次通年
「身体の構造」など基礎知識を習得
[主な授業例]
身体運動学、生理学、FA演習、対人援助演習 など
2年次通年
医学的知識や「運動療法」についてなど、より専門性の高い学びへ
[主な授業例]
運動器障害理学療法学、義肢装具学演習 など
3年次通年
スポーツ分野、地域など、活躍の場を広げる学び
[主な授業例]
スポーツ傷害学演習、地域理学療法学演習、スポーツトレーニング学演習 など
4年次通年
実習で現場経験を積み、国家試験に向けて総仕上げ
[主な授業例]
理学療法学演習Ⅱ、理学療法学実習Ⅳ(総合A)、理学療法学実習Ⅴ(総合B) など

先輩の4年間をCHECK!

基礎の学びをさらに深めて、
将来の仕事に役立てていきたい。

中正 純平さん
4年次生
兵庫県立福崎高校出身

1年次 習得すべき知識の多さに驚きながらも前向きに学習。

身体の構造や理学療法の基礎を学習。骨や神経、筋肉の名前や役割を一つひとつ覚えながら、人間の身体がいかに複雑かを知りました。どんどん質問することで、先生との距離もぐっと縮まりました。

2年次 実習を見据えリハビリテーションの演習に全力投球。

1年次に身に付けた基礎知識をベースに、様々な疾患や障がいに対する評価方法を学び、学生同士で手技や評価の実技練習に没頭。疾患別や障がい別の治療に関する学びもより専門的に。

3年次 「評価実習」とゼミ活動の両輪で、実践力を磨く。

「評価実習」を通し、疾患のみならず、対象者の生活面や心情面など総合的に捉えて評価をしなければならないと再認識。ゼミでは、義足を装着した方などを支援する活動にも力を注ぎました。

4年次 国家試験合格を目標に、基礎から猛勉強の日々。

前期は2か所の現場で「臨床実習」を積み、後期からは国家試験に向けた勉強に集中。「解剖学」や「生理学」といった基礎分野の理解度が合否のポイントになると感じながら、毎日頑張っています。

最新設備・機材を使い、確かな技術を習得。

運動療法による治療を学ぶ

呼吸・循環障害理学療法学演習
対象者の障がいの程度の把握、適切な運動療法の選択・実施、得られた治療結果について考察。治療プログラムの立案に役立てることができるよう、臨床場面を想定した演習を行います。

物理療法による治療を学ぶ

物理療法学演習
身体外部から刺激を与え、身体の持つ自然回復力を活性化させる物理療法。安全かつ効果的に実施するための機器の操作方法や物理エネルギーの法則、生体組織の反応などを学んでいきます。

日常生活活動練習による治療を学ぶ

運動器障害理学療法学演習
運動器疾患は症状も多様であるため、評価方法や治療手段の理論を整理し理解することが大切です。演習・実技を通じて理学療法における対象者の評価と治療技術を習得します。

Pick Up 授業

発達障害理学療法学

胎児期から新生児期及び乳幼児期など、発達途上で生じる発達障がいに対する小児リハビリテーション(療育)及び小児科領域の理学療法について学びます。

義肢装具学演習

模擬的に義足を装着して歩行演習を行ったり、義足歩行のアセスメントを行うなど、共生社会の実現に向けて義足の歴史や理論、社会生活の中での役割について学びます。

1年次から、計20週にわたる学外実習で、
資格取得はもちろん、「現場力」を鍛える。

1年次後期(1週間)
地域見学実習
理学療法学実習Ⅰ(見学)

施設及び治療の現場を見学するとともに、対象者とのコミュニケーションを学びます。
2年次後期(1週間)
検査・測定実習
理学療法学実習Ⅱ(検査測定)

各種検査・測定を実施し、数値の妥当性を学習します。
3年次後期(4週間)
評価実習
理学療法学実習Ⅲ(評価)

対象者との面接や検査測定を通して情報を収集し、治療計画の立案方法を学びます。
4年次前期(14週間)
総合臨床実習
理学療法学実習Ⅳ(総合A)・Ⅴ(総合B)

情報収集から治療の実施・検証まで、理学療法の一連の過程を学びます。

主な実習先

  • 大阪回生病院
  • 茨木医誠会病院
  • 大阪府済生会 富田林病院
  • 神戸労災病院
  • 摂津医誠会病院
  • 南草津病院
  • 牧リハビリテーション病院
  • 宇多野病院
  • 琵琶湖中央病院
  • 園田病院
  • 関西医科大学附属病院
  • 国立循環器病研究センター など

アスレチックトレーナーへの学び

本学は、JFL加盟サッカークラブ「FC大阪」とのアカデミック・パートナー契約を締結しているほか、全国大会へ常連で出場する本学の女子バスケットボール部の選手へのサポートなどスポーツ選手の支援について身近に学ぶことのできるプログラムが充実しています。

「FC大阪」とのアカデミック・パートナー契約

FC大阪の紹介・提携について

大阪を本拠地とするサッカークラブ。Jリーグ入りを目指すとともに、「大阪を世界へ」をコンセプトに地域と一体となったクラブ運営を進めています。2018年、大阪人間科学大学とアカデミック・パートナー契約を締結しました。

具体的な取組について

練習や試合の見学を予定しています。試合前のウォーミングアップでは、トレーナーと選手のかかわりを間近で見学でき、トレーナー業務の実際を現場で学ぶことができます。今後は、FC大阪関係者による研修や出張講義を計画しています。

Topics 学内でのアスリートとの連携活動

オリンピック選手を輩出した名門の女子バスケットボール部と協力し、実践、研究に活かす。

スポーツ科学の知識と技術を磨くための取組として、全国大会へ常連で出場する本学の女子バスケットボール部の測定を行う機会を用意しています。最新機器「筋機能解析運動装置」などの使用法の習得をはじめ、今後は三次元動作解析装置を用いて、フォームの解析などを計画しています。

課外活動用のユニフォームが完成。
更に活動を本格化させていきます。
筋機能解析運動装置を
使った学びの様子。

Student's Voice → 連携における成長

砂山 泉さん / 3年次生
京都市立塔南高校出身

アスリートの身体に向き合うことで
スポーツ分野の学びが深められます。

先進の機器を使って現役アスリートの筋力や関節の可動域を測定したり、持久力のデータを収集したりできる機会は、授業だけでは分からない気づきにあふれています。一般の人とアスリートでは筋力や持久力が大きく違うこと、脚の長さによって機器のセッティングを細かく調整しなければいけないことも、一つひとつ納得しながら理解できました。私たちが測定したデータが、ケガの予防や新たなトレーニングメニューづくりにつながっていくと思う

キャリアイメージ

活躍のフィールドがますます広がる理学療法士。リハビリテーションはもちろん、今後はケガや身体機能の低下を未然に防ぐ「予防」や心身機能を維持する「介護」の分野でも活躍が期待されています。

チーム支援を行う理学療法士 様々な専門職と連携するためには、「コミュニケーションスキル」や「幅広い専門知識」が求められます。

医療分野

日常の基本動作の改善を図る

日常生活において身体をうまく動かすことができないなどの身体機能を回復するための治療や、歩く、座る、立つといった基本動作の改善を図るための動作練習などを行います。

主な就職先
  • 総合病院
  • 大学病院
  • リハビリテーション病院
  • スポーツ・ 整形外科病院 など

スポーツ分野

ケガをした選手の機能回復を目指す

ケガをした選手の現場復帰の支援やケガをしにくい身体づくりのトレーニング指導などを担当。アスレチックトレーナーの資格を取得すればメディカルスポーツトレーナーとしての活躍も期待できます。

主な就職先
  • プロスポーツ
  • 実業団
  • スポーツ関連企業 など

介護・福祉分野

自立のための予防的ケアを実施

主に高齢者や身体障がい者の方を対象に、自立した日常生活が送れるように予防的な対応や環境調整、身辺の自立に向けた日常生活活動の練習などを行います。

主な就職先
  • 介護老人福祉施設
  • 障がい者支援施設
  • 訪問リハビリテーション など

子ども分野

成長に応じて心身機能の発達を促す

障がいのある子どもに対して、自立した日常生活に向けての治療や動作練習などを行います。心身機能の発達を促すことを目的とした取組が中心となります。

主な就職先
  • 総合病院の小児リハビリテーション
  • 小児専門病院
  • 肢体不自由児施設 など

さらに、大学院へ進学して専門性を深める道も

大学院 進学

本学には大学院 人間科学研究科があり、「心理学専門職コース」「心理学総合コース」の2コースを備えています。また、他大学の大学院への進学を含め、リハビリテーション学を中心とした様々な分野への進学が望めます。

キャリア形成を支える国家試験対策

eラーニングを活用した国家試験対策

スマートフォンやパソコンを利用した学習を国家試験対策として導入。過去の試験データに基づいた効果的な対策を実践しています。

学年を超え、互いに教え合う勉強会

国家試験問題をベースに上級生が下級生へ授業をする形式で、双方の実力を伸ばしていきます。