心理学部心理学科

心理学部特集 そのギモン、心理学で解決だ! COCOROISM ココロイズム vol.01 vol.02 vol.03

現代社会の悩みに対し、人をケアする専門職へ

人間の発達に応じて生じる問題を、カウンセリングやセラピーなどの専門性を駆使し、理解、支援する人材へ。
公認心理師資格取得への支援も充実。

取得可能な資格等

  • 公認心理師 国家試験受験資格
  • 特別支援学校教諭一種免許状〈知的障害者・肢体不自由者・病弱者〉
  • 高等学校教諭一種免許状〈公民〉
  • 中学校教諭一種免許状〈社会〉
  • 認定健康心理士
  • 認定心理士

※受験資格取得には、大学•大学院で所定の科目を修める必要があります。

学びのPOINT

「公認心理師」取得をリードしてきた
本学ならではの専門性の高いカリキュラム
心の問題に対応する専門家として、大きな期待を集める「公認心理師」。心理職初の国家資格「公認心理師」取得を目指すとともに、保健・医療職、福祉職、教職、司法職などと連携し、心の問題をかかえる人への支援にすぐれた人材を育成します。
興味や将来の目標に合わせ
主体的に学ぶ5コースを設定
心理学の広範な知識を身に付けるとともに、心身両面のアセスメントや発達段階に即した対応、メンタルヘルスケア(予防)やウェルビーイングの維持、動機付けを扱うマーケティングや事業企画など、様々な領域で活用できる専門性の獲得を目指します。
心理学の専門知識や思考力を
現場で活かせる教員を目指す
特別支援学校をはじめ、中学・高校の教員免許の取得が可能。心理学の専門知識や思考力を身に付けることで、教育の現場でコミュニケーション能力や対人支援能力を発揮し、質の高い教育力や協働性を発揮できる人材を育成します。
大学から大学院へ続く、
一貫した教育体制
本学科では、公認心理師の受験資格取得のため、大学院へ進学する学生も多数います。大学から続く研究を更に深めるとともに、様々な現場での実習を経験し、心理のスペシャリストを目指します。

心理職の最前線を知る

川村 祐未さん 堺市子ども相談所 勤務
職種:公認心理師
2016年3月 人間科学部 健康心理学科卒業
(現 心理学部 心理学科)
2018年3月 大阪人間科学大学大学院
人間科学研究科 人間科学専攻修了
静岡県立静岡商業高校出身

心理学とは?ひと言では
語り尽くせない奥深さが、
探究心を高めてくれます。

心と体について学んでみたいと入学。講義を受ける中で児童分野に興味を持ちました。心理職で働こうと、専門性を高めるため大学院に進学。大学院では、子ども相談所で1年間研修をし、心理アセスメントの使い方や、保護者の方のタイプに合わせた実践方法を経験。その後、堤先生のゼミでは、教育と福祉の現場で学び、今も何かあれば相談するなどお世話になっています。私の場合は大学院を卒業したことで受験資格を得て、公認心理師の国家資格を取得しました。職場では療育手帳判定をベースに、保健センターでの発達相談、幼児教室業務を担当。各種検査で子どもの発達状況をアセスメントし、保護者にフィードバックするのが主な業務です。アセスメントの際は、保護者の気持ちに寄り添い、正しい知識や最新の福祉サービスをお伝えするよう心がけていますが、数年間の療育手帳の等級や子どもの進路が決まることもあるため、真摯に向き合う毎日です。

チーム支援のリーダーとして

各自が得意分野や専門性を発揮すると同時に、違う立場の見立てや情報が聞けるのがチームの利点。それぞれがリーダー的立場で責任を持つことで、チーム力の向上が可能に。お互いを尊重しつつ、自覚を持ちながらチームに貢献できるよう経験を積んでいきます。

4年間の学び

心理学を実践的に活用するため基礎から専門まで学び、知識や対処法を習得する。

2020年3月人間科学部医療心理学科臨床発達心理専攻卒業 (現心理学部心理学科)
大阪人間科学大学大学院人間科学研究科人間科学専攻
心理学専門職コース1年次生 川端 剛さん
大阪府 ・ 私立金光大阪高校出身

公認心理師として人間関係に悩みや苦しみをかかえる人々を支えるのが目標。大学院では、専門的知識とともにカウンセリング力を磨き、医療や教育の領域で活躍したいと思います。

1年次 幅広い心理学領域の基礎を学ぶ
[主な授業例]
・癒やしの科学 ・健康・医療心理学
・ライフスタイル論 ・ビジネス心理学入門 など
川端先輩の4年間をCheck!
漠然と興味を持っていた心理学が想像以上に幅広いことを知り、驚くとともにやりがいを感じました。講義の内容を振り返り、「このテーマで何を書くか?」と考えながら文章化する練習を始めたのもこの頃。学ぶ姿勢の土台を身に付けました。
2年次 心理学のより深い専門性を学ぶ
[主な授業例]
・感覚の心理学 ・ポジティブ心理学
・精神疾患とその治療 ・クリエイティブ心理学 など
川端先輩の4年間をCheck!
専門的な授業が増え、心理学の面白さに夢中に。中でもグループごとに様々な実験を行い、データを分析・考察する「心理学実験」では、科学的思考を養いました。公認心理師の果たす役割と職務を学んだ「心理実習Ⅰ」も印象に残っています。
3年次 将来の進路に向けて学びを進める
[主な授業例]
・ストレスマネジメント ・司法・犯罪心理学
・発達障害論 ・マーケティング心理学 など
川端先輩の4年間をCheck!
精神科病院や児童発達支援センターなど5つの現場で実習。それぞれの分野で活躍する専門家の姿に触れ、自分の将来像が明確になりました。ゼミでの発表やディスカッションを通じてコミュニケーション力が向上するなど着実な成長も実感。
4年次 進学及び社会で活躍するための力と自信を培う
[主な授業例]
・臨床コミュニティ心理学 ・心理演習
・職場のメンタルヘルス ・臨床心理学総論Ⅱ など
川端先輩の4年間をCheck!
大学院進学の準備と卒業研究に集中。ゼミの先生がマンツーマンで指導してくださったため、大学院試験には自信を持って臨めました。「人は失恋の後、何を支えに立ち直るのか」をテーマに人々の喪失体験を探究した卒論にも満足しています。

国内初の心理系国家資格
「公認心理師」取得へ

クローズアップ実習

多彩な施設実習を通して、目指す公認心理師像を明確に導き出す。

1年次 公認心理師についてのイメージを掴む
1年次では公認心理師資格の基礎(心理学・医療・癒し・家族・精神病理とは?)を学びます。公認心理師のイメージを掴み自分の適性と擦り合わせます。
2年次 実践現場に必要な知識や技術を学ぶ
2年次では1年次で学んだ知識を基に、心理検査の取り方や分析方法、実験や調査データの扱い方など専門分野に入っていきます。
3年次 実習生として実践現場に行き現場感覚を知る
3年次では医療保健分野、司法犯罪分野、福祉分野、教育分野などのうち3分野の実習施設を経験し、公認心理師が活躍する職域がどのようなものであるかを見学実習で体験します。3年次終了の時には実習で得た学びについて発表を行い、皆で振り返りを行います。
4年次 自分がどんな公認心理師になりたいかを導き出す
4年次では公認心理師に向けた基礎学問の定着を図り、実習で得た現場感覚とともに自分自身がどんな公認心理師になりたいかを考えます。その上で、実践に役立つ臨床心理学の学びを深め、卒業後の進路決定につなげます。

実習レポート 心理実習Ⅰ

公認心理師が活躍する幅広い領域の知識を学び、いよいよ施設実習へ。

before

ボランティアサークルLicoの仲間とともに障がいのある子どもの育成教室や起立性調節障がいのある小中学生の居場所づくりに挑戦。不登校児童の放課後学習支援にも携わるなど現場体験を重ねながら実習に備えています。

After

「心理実習Ⅰ」で、保健医療・福祉・教育・司法犯罪・産業労働の各領域における心理専門職の果たす役割を学び、少しずつ自分の目指す方向性が見えてきました。間もなく始まる施設実習では、医療機関に加えて福祉や司法関連施設を希望しています。児童相談所や少年院の実際に触れ、公認心理師に求められる知識やスキルを見極めるとともに自分の課題を具体的に把握することが目標。現場体験を通じて確かな実践力を養いたいと思います。

3年次生 酒井 結香さん
大阪府立牧野高校出身

あなたにとって「チーム支援」におけるリーダーとは?

実習科目やボランティア活動を通じて学んだのは、クライアントだけに集中するのでなく、全体に目配りすることの大切さです。だからこそリーダーには、広い視野を持ち、チーム全員の能力を最大限に引き出す能力が必要。専門外の意見を取り入れる柔軟性も大切だと思います。

キャリアイメージ

心理カウンセリングなどの専門分野に加え、社会や企業の様々な課題解決にも活用される心理学。その可能性は、今後ますます広がっていきます。

心理の専門家として活躍する多様な分野。

久保 理緒奈さん /2017年3月卒業

社会福祉法人 なにわの里

知的障がいや自閉症の方の暮らしと自立をサポートします。

成人の知的障がい・自閉症の方の生活全般を支援しています。利用者さんの個性を丁寧に見極め、充実した生活が送れるようにサポートすることが何よりも大切。利用者さんの笑顔やご家族の「この仕事を選んでくれてありがとう」という言葉にやりがいを実感する日々です。支援員として人間としてさらに成長したいと思います。

内藤 夕葵さん /2019年3月卒業

社会福祉法人 慶徳会 子供の家

生活の中で子どもに寄り添い、一人ひとりの成長を支えます。

児童養護施設で幼児フロアを担当しています。子どもたちと日常をともにしながら一緒に遊び、食事や入浴、寝かしつけなど生活全般をサポート。子どもに寄り添いながら成長にかかわる仕事に大きな責任とやりがいを感じています。大切にしているのは、一人ひとりと丁寧に向き合い、その個性を発見すること。大学時代に心のメカニズムを専門的に学んだ経験が役立っています。

権藤 聖乃さん /2017年3月卒業

株式会社 ニッコーコーポレーション

心理学を学んだことが、日々の仕事に活かされています。

今は、企業で経理と人事の仕事に携わっています。中でも、採用にかかわる仕事では、会社説明を行う際に、会社の良い所だけ伝える(片面提示)のでは無く、良い所も不十分な所も伝える(両面提示)ようにしており、不十分な所を伝えた後には良い所を伝えるようにしています(コントラスト効果)。また、最後に聞いたことの方が相手の記憶に残りやすい親近効果を使い、最も伝えたいことは最後に説明するようにしています。このように、大学で学んだ心理学の知識が日々の仕事でも活かされていると実感しています。

主な就職先

  • (株)シャンソン化粧品
  • (株)山形銀行/大和ハウス工業(株)
  • (株)ジェイアール西日本総合ビルサービス
  • (株)LAVA International
  • 大阪府 行政職
  • 株式会社ヤナセ
  • トヨタ紡織株式会社
  • (福)路交館
  • (福)ともしび福祉会

TOPICS

国家資格「公認心理師」、特別支援学校教諭を目指す在学生インタビュー

Student's Voice [大学院生]

2019年3月 人間科学部 医療心理学科 臨床発達心理専攻卒業(現 心理学部 心理学科)
大阪人間科学大学大学院 人間科学研究科 人間科学専攻 心理学専門職コース 2年次生 入江 日奈子さん

精神科デイケアでのアルバイトをきっかけに大学院に進学、公認心理師を目指し勉強中。

私は大学で心理学を学び、様々な心理領域の基礎から応用まで幅広く習得することができました。3年次では、精神科デイケアでのアルバイトに挑戦しましたが、日々知識・スキル不足を実感するばかりでした。そこで、より高度な心理支援を実践するために更に学びを深めたいと考え、公認心理師国家資格の取得を目標に大学院に進学しました。大学院の講義は少人数で行われ、担当教員の臨床現場における実体験に基づいた様々なエピソードを聞かせていただいたり、公認心理師として働く上で必要な法律や、活躍が期待される5分野を体系的に学ぶことができる授業などが充実しています。公認心理師受験資格取得に必要な実習についても、先生方のきめ細やかなサポートを受けることができ、将来の目標を高く持ち、邁進する仲間がいます。皆さんとともに切磋琢磨できることを楽しみにしています。

Student's Voice [在学生]

3年次生 田中 寿さん
大阪府立大冠高校出身

生きる勇気を与えられるカウンセラーを目指し、大学院へ。

私は高校生まで自ら行動することに消極的で、そんな自分を変えたいと心理学に興味を持ち、本学へ入学。1年次は基礎的な知識を学習、2年次からはより専門的な実験を行いました。実験は3~5名のグループワークで各自が意見を発表し合うのですが、面識がない学生とも積極的に会話ができるようになり、自分とは異なる発想や考えを学べるなど、自主性や行動力が身に付きました。また、発達障がいの子どもたちと一緒に工作遊びや運動遊びをするボランティアサークルにも所属。ここでは、授業で学んだことが感覚として理解できたほか、子どもたちから頼りにされることで、やりがいも感じられました。現在は公認心理師になるため、大学院への進学を考えています。そして将来、自分が大学での出会いで変われたように、私との出会いで生きる勇気を与えられるカウンセラーになることが目標です。

4年次生 河原 海人さん
兵庫県立姫路南高校出身

心理学の知識を活かし、特別支援学校教諭になることが目標。

小学生の頃から、周囲に障がいのある友人・知人が多くいたこともあり、自然と「障がいとは何か」を学びたいと思うようになりました。また、人の内面(心理学)にも興味があり、大学受験の際に「特別支援+心理学」が学べる本学への進学を決意し特別支援学校教諭を志しました。大学では、特別支援の現場経験がある先生の実態に即した講義のほか、特別支援教育にも活用でき、教員採用試験対策にもなる心理学の講義があり、今後特別支援学校教諭を目指す上で役立っていると実感しています。今後は、心理学と特別支援の知識・技能を活かし、子どもと共に成長していく「共育者」になることが目標です。そして、家庭・学校からドロップアウトしてしまった子どもたちの生活面・教育面などを生涯にわたって支援していく「第三の居場所」づくりができたらと考えています。