心理学部心理学科

心理学部特集 そのギモン、心理学で解決だ! COCOROISM ココロイズム vol.01 vol.02 vol.03

現代社会の悩みに対し、人をケアする専門職へ

人間の発達に応じて生じる問題を、カウンセリングやセラピーなどの専門性を駆使し、理解、支援する人材へ。
公認心理師国家資格取得への支援も充実。

取得可能な資格等

  • 公認心理師 国家試験受験資格
  • 特別支援学校教諭一種免許状〈知的障害者・肢体不自由者・病弱者〉
  • 高等学校教諭一種免許状〈公民〉
  • 中学校教諭一種免許状〈社会〉
  • 認定健康心理士
  • 認定心理士

※受験資格取得には、大学•大学院で所定の科目を修める必要があります。

学びのPOINT

「公認心理師」取得をリードしてきた
本学ならではの専門性の高いカリキュラム
心の問題に対応する専門家として、大きな期待を集める「公認心理師」。国内初の心理系国家資格「公認心理師」取得を目指すとともに、保健・医療職、福祉職、教職、司法職などと連携し、心の問題をかかえる人への支援にすぐれた人材を育成します。
興味や将来の目標に合わせ
主体的に学ぶ5コースを設定
心理学の広範な知識を身に付けるとともに、心身両面のアセスメントや発達段階に即した対応、メンタルヘルスケア(予防)やウェルビーイングの維持、動機付けを扱うマーケティングや事業企画など、様々な領域で活用できる専門性の獲得を目指します。
心理学の専門知識や思考力を
現場で活かせる教員を目指す
特別支援学校をはじめ、中学・高校の教員免許の取得が可能。心理学の専門知識や思考力を身に付けることで、教育の現場でコミュニケーション能力や対人支援能力を発揮し、質の高い教育力や協働性を発揮できる人材を育成します。
大学から大学院へ続く、一貫した教育体制
大学院生によるピアサポート活動が充実
本学では、心理学部と大学院の教育を一体的に行っている利点を活かし、公認心理師を目指す学生を対象に、大学院生の先輩が悩みや個人的な質問に答えるピアサポート活動などを実施しています。

心理職の最前線を知る

川村 祐未さん 堺市子ども相談所 勤務
職種:公認心理師
2016年3月 人間科学部 健康心理学科卒業
(現 心理学部 心理学科)
2018年3月 大阪人間科学大学大学院
人間科学研究科 人間科学専攻修了
静岡県立静岡商業高校出身

検査結果には表れない
部分にも目を向け、
子どもの成長や保護者の安心に
つながる支援を行っていきたい。

家庭や学校での生活を送っていく上で、何らかの支障や困りごとをかかえる18歳未満の子どもを対象に、療育手帳の判定業務をベースとした発達検査やカウンセリングを担当。子どもの発達状況について保護者へ説明するとともに、必要な支援や福祉サービスが受けられるようケースワーカーなどへの引き継ぎを行います。私が心がけているのは、検査中の子どもの表情や様子にも目を配ること。「言い方を変えると、すぐできるようになった」「この遊びには興味を示した」など、検査による評価だけでは表せない面も保護者やケースワーカーに伝えることで、子どもの成長につなげられればと考えています。現場に出て3年が経ち、難しいケースを任されることも多くなりました。また、発達障がいという概念が一般的になってきたことで、子どもの成長に不安を抱く保護者からの相談も増えています。社会福祉に関する法律や制度についても勉強を続け、対象者の支えになるよう頑張っていきたいです。

チーム支援のリーダーとして

児童福祉の分野では、多くの専門職の連携や協働が不可欠です。だからこそ、状況に応じて必要な専門性は何かを的確に判断し、自ら率先して力を発揮することが重要。また、各メンバーの意見を引き出し、チームとしての考えをまとめていくことも、心理専門職としての大切な役割の一つだと思っています。

4年間の学び

心理学を実践的に活用するため基礎から専門まで学び、知識や対処法を習得する。

2021年3月人間科学部 医療心理学科 臨床発達心理専攻卒業 (現 心理学部 心理学科)
大阪人間科学大学大学院 人間科学研究科 人間科学専攻
心理学専門職コース 1年次生 小野 拓人さん
兵庫県立神戸鈴蘭台高校出身身

心理的援助に関心があり、本学で心理学を専攻しました。医療や教育、カウンセリングなど、様々な現場で経験を積んでこられた先生方の指導、グループワークを中心とした学びの環境が、自分自身を大きく成長させてくれたと感じています。大学院では、公認心理師の資格取得に向けた専門的な勉強はもちろん、数多くの実習を体験できることも楽しみにしています。カウンセリング力を磨き、子どもの心に寄り添うカウンセラーを目標に頑張っていきたいです。

1年次 幅広い心理学領域の基礎を学ぶ
[主な授業例]
  • 心理学概論
  • 癒やしの科学
  • 健康・医療心理学
  • ライフスタイル論
  • ビジネス心理学入門 など
小野先輩の4年間をCheck!
基礎となる学びを通し、心理学には幅広い領域があり、専門知識やスキルを活かせる場も多いことに驚きました。また、様々な現場で求められている「公認心理師」という国家資格を目指すこともでき、心理学を探究していく上でのモチベーションがアップ。「対人援助演習Ⅱ」で、他学科の学生と一緒に学べたことで、チーム支援についての意識も生まれました。漠然としていた将来の目標が、少しずつ具体的になっていったように感じます。
2年次 心理学のより深い専門性を学ぶ
[主な授業例]
  • 知覚・認知心理学
  • 心理学統計法Ⅰ・Ⅱ
  • 神経・生理心理学
  • 感覚の心理学
  • ポジティブ心理学
  • 精神疾患とその治療
  • クリエイティブ心理学 など
小野先輩の4年間をCheck!
専門的な授業が増え、学びの内容がぐっと深くなってきました。神経や脳の構造など、医学的な知識も修得しなければならず大変でしたが、その分、心理学の奥深さも感じるように。実験や観察、調査から得たデータの分析・考察といった技法も学び、3年次からのゼミ活動に必要な力も身に付けられたと思います。グループワーク形式による活動も多く、人に伝える力、聞く力の大切さを実感。人前で話すことへの苦手意識もなくなっていきました。
3年次 将来の進路に向けて学びを進める
[主な授業例]
  • 心理学演習Ⅰ
  • 多変量解析
  • ストレスマネジメント
  • 司法・犯罪心理学
  • 発達障害論
  • マーケティング心理学 など
小野先輩の4年間をCheck!
「心理学演習Ⅰ」では、カウンセリングにおける質問の仕方や話し方などについて学びました。YES・NOで終わらない回答を導くためのテクニックなど、将来に活かせる力を意識できるようになったと思います。ゼミでは、「既視体験(デジャヴュ)」をテーマに研究に取り組むことに。ほかのゼミ生の前で進行状況を発表したり意見を交わしたりする中で、テーマに対しどうアプローチすべきか、どんな調査や分析が必要かなど考えを深めていきました。
4年次 進学及び社会で活躍するための力と自信を培う
[主な授業例]
  • 臨床コミュニティ心理学
  • 心理演習
  • 職場のメンタルヘルス
  • 臨床心理学総論Ⅱ など
小野先輩の4年間をCheck!
児童福祉や教育の分野で活躍できる公認心理師を目指すため、大学院への進学を決意。4年次前半は、大学院の入学試験に向けた勉強に集中し、合格後は3年次から続けてきた「既視体験(デジャヴュ)」の研究に注力。アンケート調査に加え、インタビューや心理テストも行い卒業論文を完成させました。また、子どもや保護者を対象としたSNSによる相談員も経験。これから大学院で学ぶべき自分自身の課題も見え、気持ちが引き締まりました。

国内初の心理系国家資格
「公認心理師」取得へ。

クローズアップ実習

多彩な施設実習を通して、目指す公認心理師像を明確に導き出す。

1年次 公認心理師についてのイメージを掴む
1年次では公認心理師資格の基礎(心理学・医療・癒し・家族・精神病理とは?)を学びます。公認心理師のイメージを掴み自分の適性と擦り合わせます。
2年次 実践現場に必要な知識や技術を学ぶ
2年次では1年次で学んだ知識を基に、心理検査の取り方や分析方法、実験や調査データの扱い方など専門分野に入っていきます。
3年次 実習生として実践現場に行き現場感覚を知る
3年次では医療保健分野、司法犯罪分野、福祉分野、教育分野などのうち3分野の実習施設を経験し、公認心理師が活躍する職域がどのようなものであるかを見学実習で体験します。3年次終了の時には実習で得た学びについて発表を行い、皆で振り返りを行います。
4年次 自分がどんな公認心理師になりたいかを導き出す
4年次では公認心理師に向けた基礎学問の定着を図り、実習で得た現場感覚とともに自分自身がどんな公認心理師になりたいかを考えます。その上で、実践に役立つ臨床心理学の学びを深め、卒業後の進路決定につなげます。

実習レポート 心理実習Ⅱ

心理学を活用する現場を体験し、将来の選択の幅が広がりました。

before

入学時から、緩和ケアなどに携わる仕事がしたいと考えていたので、その他の領域にはあまり興味がありませんでした。それだけに、教育や福祉などの現場で行う実習に不安も。とにかく何事にも臆せず取り組み、心理学がどのように活かせるのか確かめようとの思いで挑みました。

After

教育支援センター、依存症回復施設、児童養護施設の3か所で実習を行いました。小学校の特別支援学級を見学したり、アルコール依存症の方と話したりする中で、様々な分野で心理学の知識や技術が求められていることを実感。将来の選択の幅が広がり、公認心理師の資格取得を目指そうという意欲も生まれました。この実習が、学びにおけるステップアップの機会になったと思います。

4年次生 瀧川 楽乃さん
奈良県・私立奈良育英高校出身

あなたにとって「チーム支援」におけるリーダーとは?

その分野の専門家だからこそ分かることを見つけ、それをチームで共有できるよう発信できる人だと思います。また同時に、周囲の意見も受け入れる柔軟さや視野の広さも必要。チームメンバーの意欲を引き出し、チーム力を高めていくのも、心理専門職としての役割だと考えています。

キャリアイメージ

心理カウンセリングなどの専門分野に加え、
社会や企業の様々な課題解決にも活用される心理学。
その可能性は、今後ますます広がっていきます。

心理の専門家として活躍する多様な分野。

公認心理師
野中 美幸さん
2020年3月
大阪人間科学大学大学院卒業

公認心理師として活躍中!

公認心理師の現場では、相談者から学ぶことも多いです。

公認心理師としてクリニック2か所と夫婦・カップル専門カウンセリングルームでカウンセリングや心理検査、教育相談を担当しています。普段なら出会えないような人の考えや生き方を間近で聞くことができ、私自身にとって参考となる学びが数多くあると実感。大学での学びでは精神分析や家族療法の授業でのロール・プレイングが印象に残っていて、カウンセリングをする際に活かしています。卒業した今でも、在学中にお世話になった先生からアドバイスを受けるなど、カウンセラーとしてより成長するために努力を続けています。

内藤 夕葵さん
2019年3月卒業

旭化成アミダス株式会社(旭化成グループ)

IT分野の仕事でも心理学の学びが役に立っています。

社内のIT部門で3万人の従業員が使用するITサービスの導入や運用面の管理に携わっています。心理学を通して、人の行動や気持ちをデータ化し分析するなど、生理現象(今まで気にしていなかったこと)の裏を考えることを学んだ経験は、今の仕事の中でも些細なことでも分析し、改善や検討を行うことにつながっています。また、仕事では同僚や得意先など様々な人の助けが必要です。かかわる人の気持ちに寄り添うことで業務を円滑に進められているのも、心理学の知識のおかげだと感じています。

久保 理緒奈さん
2017年3月卒業

社会福祉法人なにわの里

知的障がいや自閉症の方の暮らしと自立をサポートします。

成人の知的障がい・自閉症の方の生活全般を支援しています。利用者さんの個性を丁寧に見極め、充実した生活が送れるようにサポートすることが何よりも大切です。利用者さんの笑顔やご家族の「この仕事を選んでくれてありがとう」という言葉にやりがいを実感する日々です。支援員として人間としてさらに成長したいと思います。

主な就職先

  • (株)シャンソン化粧品
  • (株)山形銀行/大和ハウス工業(株)
  • (株)ジェイアール西日本総合ビルサービス
  • (株)LAVA International
  • 大阪府 行政職
  • 株式会社ヤナセ
  • トヨタ紡織株式会社
  • (福)路交館
  • (福)ともしび福祉会

TOPICS

心理学科 教授 大野 太郎 心理学科 講師 芹田 卓身

犯罪臨床心理学コース新設

人はなぜ罪を犯すのか、
被害を受けた人はどのように
ケアされるべきなのか。

加害者と被害者の心理を知り、
人間への深い理解をもたらす。

犯罪や更生の現場を知る
私たちに教えられることを。

大野 心理学に興味を持つきっかけの一つに、犯罪者の心を知りたいという視点が挙げられます。本学の学生たちも関心が高く、新設される犯罪臨床心理学コースへの期待が高まっていますね。

芹田 そうですね。身近な視点を入り口に様々な側面から学び、視野を広げてほしいと願っています。

大野 本コースは、芹田先生や私のように現場経験の豊富な教員の存在が大きな特色です。私は、法務省の心理技官(矯正心理専門職)として非行や犯罪に走ってしまった少年や受刑者と面接し、個別心理検査やカウンセリングを通じて原因や動機を解明、立ち直りに向けた処遇や更生プログラムを主導する役割を担ってきました。私自身の専門的な研究分野とともに、これらの経験から得た知識や考え方を伝えたいと考えています。

芹田 私は、埼玉県警察の少年相談専門員として非行防止から再発防止までを担当すると同時に、学校の先生方を対象とした講義やボランティアの指導なども幅広く手掛けてきました。様々な体験談を交えながら、学生たちの探究心と向学心を引き出したいと思っています。

加害者心理にとどまらず、
被害者、社会環境を視野に。

大野 私たち教員陣の豊富な実務経験が、カリキュラムにも活かされていますね。

芹田 はい。その一つが、被害者サポートにも力を入れている点です。加害者の非行・犯罪行為やそれをとりまく周辺事象に心理学的方法論でアプローチするのはもちろんですが、被害者の存在も忘れてはなりません。児童虐待も含めて被害にあった子どものケアは非行防止の観点からも極めて重要な課題です。また、犯罪のない社会はどうすれば実現するのか。地域コミュニティの在り方にまで視野を広げて考察したいと思います。

大野 加害者・被害者・社会環境の3領域を学ぶバランスのとれたカリキュラムになりましたね。往々にして私たちは、犯罪者を特殊な存在だと捉えがちですが、決してそうではありません。横断歩道のないところを渡ってしまったり、学生であれば授業中に私語を交わしたりと、日常的に小さな「逸脱行為」を行った覚えがあるかもしれません。罪を犯す人の深層心理や精神病理を学ぶことは、自分を含めた人間の心を知り、理解を深めること。その奥深さを、ここで感じてほしいと思います。

存在感の増す心理専門職。
多分野に活かせる知識を。

芹田 その通りです。そのためにも、積極的にボランティアに取り組んでほしいですね。警察や自治体の非行防止・防犯ボランティアなど...現場を知り、実際にコミュニケーションすることで初めて見えてくることがたくさんあると思います。私たちが実務経験で培ったネットワークを活かして紹介できる施設も多くありますから。

大野 そうですね。公認心理師の資格取得に向けて、司法・犯罪分野の施設も実習先となります。その実習をより充実させるためにもボランティアにはどんどん挑戦してほしいと思います。本コースは、警察、法務省だけでなく教育・福祉・一般企業などでの活躍も視野に入れています。犯罪心理を学ぶことは、自己防衛に役立つと同時に自分自身を成長させることにもつながるはずです。

芹田 私が勤務してきた警察でも、この30数年の間でかなり心理専門職の存在感が増してきました。特に児童虐待や少年非行の場合は、学校、児童相談所、教育センター、警察、病院など諸機関の連携が不可欠であり、それぞれの施設の心理専門職が重要な役割を果たしています。

大野 公認心理師の国家資格取得者の増加とともに、活躍の場はさらに拡がるでしょう。「ニュースやドラマで事件の背景に興味を持った」など、入り口は身近な視点で構いません。その関心を出発点に私たちとともに広く深く学びを進めていけることが楽しみです。

ビジネス心理コース

心のサイエンスを土台にビジネスに挑戦を。
将来の可能性を広げる学びが待っています。

心理学科 教授 中島 康明

ビジネスは今、転換期を迎えています。デジタル技術がもたらす産業構造の変化に加え、地球環境に配慮した持続可能な開発目標(SDGs)も世界共通の課題に。終身雇用などの制度も揺らぎつつあります。本コースでは、心理学を土台にビジネスに挑戦する力を養成。スモールビジネスを立ち上げる学内起業体験をはじめスタートアップ・インキュベーター(起業支援事業者)やNPO団体の見学など実践の機会も設けます。ノーベル賞受賞で注目される行動経済学が示すように人々の経済活動は心理学的分析なくして解明できません。心のサイエンスを学び、将来の選択肢とビジネスの可能性を広げましょう。