心理学部心理学科

心理学部特集 そのギモン、心理学で解決だ! COCOROISM ココロイズム vol.01 vol.02 vol.03

人間の発達に応じて生じる問題を、カウンセリングやセラピーなどの
専門性を駆使し、理解、支援する人材へ。公認心理師資格取得への支援も充実。

取得可能な資格等

  • 公認心理師 国家試験受験資格※1
  • 特別支援学校教諭一種免許状〈知的障害者・肢体不自由者・病弱者〉※2
  • 高等学校教諭一種免許状〈公民〉
  • 中学校教諭一種免許状〈社会〉
  • 認定健康心理士
  • 認定心理士
  • ※1:受験資格取得には、大学•大学院で所定の科目を修める必要があります。
  • ※2:特別支援学校教諭一種免許状取得には、高等学校教諭一種免許状若しくは中学校教諭一種免許状の取得が必要です。

学びのポイント

「公認心理師」を目指せる
専門性の高いカリキュラム
心の問題に対応する専門家として、大きな期待を集める「公認心理師」。心理職初の国家資格「公認心理師」取得を目指すとともに、保健・医療職、福祉職、教職、司法職などと連携し、心の問題をかかえる人への支援にすぐれた人材を育成します。
興味や将来の目標に合わせ
主体的に学ぶ5コースを設定
心理学の広範な知識を身に付けるとともに、心身両面のアセスメントや発達段階に即した対応、メンタルヘルスケア(予防)やウェルビーイングの維持、マーケティングや販売企画など、様々な領域で活用できる専門性の獲得を目指します。
心理学の専門知識や思考力を
現場で活かせる教員を目指す
特別支援学校をはじめ、中学・高校の教員免許の取得が可能。心理学の専門知識や思考力を身に付けることで、教育の現場でコミュニケーション能力や対人支援能力を発揮し、質の高い教育力や協働性を発揮できる人材を育成します。

現場の最前線を知る

近藤 綾音さん 大阪人間科学大学大学院
人間科学研究科 人間科学専攻
心理学専門職コース 2年次生
2018年3月 健康心理学科卒業
(2020年度から心理学部 心理学科)

心理学とは? ひと言では語り尽くせない奥深さが、
探究心を高めてくれます。

「心理学って、こんな知識も必要なの?」。脳科学や生理学、統計学や哲学など、想像していた以上の学びの幅広さに、大学1、2年次の頃の私はただ驚くばかりでした。当初は難しいと感じていた授業も、学びを深めていく中で様々な知識がつながっていき、心理学の奥深さやサイエンスの視点から捉えることの面白さを実感。その後大学院へ内部進学し、障がい児者を兄弟姉妹に持つ健常者の心の成長に関する研究を続けています。大学の研究ではアンケート調査をベースにしていましたが、今は対象者に直接ヒアリング。一人ひとりの心に向き合いながら、より深い部分まで検証や分析を行うことで、臨床の場で活かしていける研究結果を導き出したいと考えています。将来の目標は、療育や教育の現場で子どもたちの成長・発達を心理学の専門家として支援していくこと。公認心理師の資格取得とともに、身に付けた知識やスキルを相手に分かりやすくアウトプットできる力を磨きたいと思っています。

チーム支援のリーダーとして

チーム支援の場で、どうすればメンバーがより力を発揮し、チーム力をより高めていけるのかを考え、促していくのも心理専門職の重要な役割。メンバー一人ひとりを、そしてチームを成長させるためのアプローチができるよう、私自身も学び続けていく心構えです。

現場の"いま"に応える学び

東 千冬 准教授

治療やカウンセリングなどの分野に加え、
社会や企業の様々な課題解決にも活用。
心理学の可能性は、今後ますます広がっていく。

心理学の専門知識やスキルは、心の病や悩みなどに対する治療やカウンセリングに活かすものと捉えられがちですが、決してそれだけではありません。心理的な問題の予防や健康に加え、社会や企業が抱える様々な課題解決など、心理学的な視点や思考が求められるケースは増えています。今後、その重要性はさらに注目され、幅広い領域での活躍が期待される国家資格「公認心理師」へのニーズも高まっていくでしょう。本学科には、臨床心理学と健康心理学の二つの領域をベースに、心理学を実践的に活用するための知識や対処法を習得する環境が整っています。将来を見据えた学びは、あなた自身の成長にもつながるはずです。

Topics チーム支援のリーダー養成に向けた取組

在学中から経験を積み、実践力を磨いていけるカリキュラムを編成。

様々な専門職が連携してサポートにあたる「チーム支援」において、まさに要となるのが心理専門職。支援対象者の本音や言動の背景にあるものを顕在化することはもちろん、個性や考えの異なるメンバーをまとめ、チーム力を高める役割も担っているからです。そのために必要なコミュニケーション能力や傾聴力などは、経験を通して身に付けていくもの。本学科では在学中から現場を知り、心理専門職としての経験を積んでいけるよう、多彩な演習科目や臨床実習を取り入れています。

コース紹介

公認心理師コース

堤 俊彦 教授

心の健康に関する支援を行う公認心理師を育成し、
現代社会の健康問題の改善に貢献します。

今日、わが国における心の健康問題は、複雑かつ多様化しており、これらの問題への対応が急務となっています。公認心理師は、心の健康に関する支援を行う役割を担う専門家として、他の健康領域の専門家とも連携しながら、現在私たちが直面している様々な心の問題の解決に大きな期待が寄せられています。また、本学の公認心理師コースは、心の問題だけではなく、より積極的に心身への健康の維持・増進するための予防行動やポジティブな考え方、望ましいライフスタイル獲得のための行動変容への働きかけを行い、人々がより良い健康行動を身に付けていくための教育や啓発を行う専門家を育成します。

Pick Up 授業

心理学的支援法

心理学的支援法には多種多様なスタイルや方法、人間の心の捉え方、価値観があります。この授業では公認心理師が実践場面でクライアントや患者さま、そのご家族などにどのような支援をどのように行っているかを紹介し、人の心の捉え方や支援の方法を学びます。自分や家族、友達などが困った時に、学んだことを活用できることを目指します。

心理療法Ⅱ

例えば嫌な出来事に遭遇したり、重大な失敗をしたときに、とても落ち込んだり物や人にあたったりすることがあります。そのようなときは、何もやる気が起こらなくなり、投げやりな気持ちになってしまいがちです。この授業で学ぶ認知行動療法は、考え方と行動を変えることで、これらの問題に対処し、心の成長を目指すものです。心理臨床だけでなく、教育や福祉、産業領域でも、心理療法のスタンダードとなりつつあります。

心理実習Ⅰ

公認心理師国家試験受験資格を取得するための施設実習の前提として、保健医療、福祉、教育、司法・犯罪、産業・労働の各領域における施設や心理師の業務について学び、心理に関する支援を必要とする方へのチームアプローチ、多職種連携、地域連携の在り方について理解を深めます。

Student's Voice → 公認心理師コース

片山 日香莉さん / 4年次生
大阪府立摂津高校出身

「この人になら」と思ってもらえる
安心感のある心理カウンセラーを目指しています。

心理学は学びの範囲や対象が広く、想像していたより勉強は大変です。しかし、自分でも驚くほど熱中できるのは、学べば学ぶほどに心理学への興味が増していくから。心理カウンセラーとして様々な心の問題に向き合っていきたいという目標もでき、「公認心理師」資格を目指してさらに学びを深めています。カウンセリングやセラピーがもっと身近なものになるように、心理のプロフェッショナルとして力を尽くしていきたいです。

特別支援教育・心理コース

中島 康明 教授

子どもの個性に合わせた指導・支援ができる
特別支援教育の専門家が現場で求められています。

特別支援学校の数だけでなく、発達障がいや貧困、外国にルーツを持つといった背景などから配慮を必要とする子どもの数も増えています。その一方で、特別支援教育の専門知識やスキルを有する教員はまだまだ足りないのが現状です。特別支援教育の基本は、子どもの障がいやニーズに合わせた個別の指導・支援。どう伝えれば理解できるか、自分でできるようになるか。子どもが持っている力や可能性を伸ばしていくために、様々な気づきや工夫ができる教育者は、あらゆる教育現場で求められています。

Pick Up 授業

肢体不自由者の心理・生理・病理

肢体不自由者の心理的側面及び生理・病理について学び、その指導や支援の在り方について学びます。また、運動発達・認知面・コミュニケーション・対人面などにおける心理的内容に触れ、肢体不自由者の視覚認知や書写、手の動きなどの発達を学ぶことで、適切な指導・支援の工夫を考えられる状態を目指します。

Student's Voice → 特別支援教育・心理コース

竹森 未来さん / 3年次生
岡山県・私立清心中学校・清心女子高校
(ノートルダム清心学園)出身

子どもや保護者に信頼される特別支援学校の教員に。

障がいや心身の発達に応じた教育がいかに大切か、演習や実習を交えながら実践的に学んでいます。例えば、視覚に障がいがある子どもに「あっちに行こう」と声をかけると戸惑いますが、「○○がある方に行こう」と伝えれば自分で考えて行動できるでしょう。子どもの心に寄り添い、他の先生方と力を合わせ支援していける教員を目標に頑張って

臨床心理コース

東 千冬 准教授

心にかかえる悩みや苦しみを解決に導くための
より良い方法や心理支援について考えます。

悩みや苦しみといった心理的問題がどのように築かれてきたのかを理解し、カウンセリングや心理療法などによって、心理的問題の解決に向けた手助けを行うのが臨床心理学の領域です。臨床心理学の専門知識や技術の習得は、公認心理師を目指す上では必要不可欠ですが、学校や職場での人間関係、ストレスや不安といった身近な問題を解決するためにも役立てることができます。グループワークや演習を中心にした実践的な学びを通し、将来に活かせる専門知識やスキルを身に付けていきましょう。

Pick Up 授業

臨床心理学概論

皆さんは心理療法やカウンセリングといったものにどのようなイメージを持っていますか?病気や怪我などは薬や手術によって除去されることによって癒やされますが、心の悩みや苦しみはそれと同じようにいくでしょうか? この授業では、人間において極めて根源的な問題である"心を病む"ということの意味と、そこからの治癒可能性について学び、心理援助者としての基本姿勢を身に付けます。

Student's Voice → 臨床心理コース

小山 あかねさん / 3年次生
京都府立園部高校出身

カウンセリングを実践的に学んでいます。

昔から友達の相談に乗ることが多く、心理学に興味を持ちました。話を聞いているときの表情や姿勢、声のトーンや相づちの打ち方などによっても、相手の心の開き方が変わってくること。子どもや高齢者、障がいのある人など、相手の年齢や状況に合わせたカウンセリングの大切さも知りました。これからより専門的な学びが始まるのが、とても楽しみです。

健康カウンセリングコース

山本 孝子 准教授

心の健康や対人関係をより良いものにするために。
考え方や行動を変えるヒントを探ります。

日常生活の中でストレスを感じたり、悩みをかかえたりすることは誰にでもあるはずです。また、自分にとっては深刻な状況だと思えることも、他者から見ればそうではないこともあるでしょう。そこには、人それぞれの思考のクセや思い込みといったものが影響している場合があります。健康カウンセリングとは、クライエント(相談者)の悩みを聴き、心身の健康の維持・増進に向け支援していくこと。ストレスへの対処法を身に付けることで悩みを軽減したり、対人関係を改善したりすることにもつながるのです。予防に重点を置いたカウンセリングは、医療や教育の現場をはじめ、企業や一般社会でも必要とされています。

Pick Up 授業

スポーツ心理学

人がスポーツをする目的は、競争・教育・娯楽・健康増進など様々ですが、そこには心の問題が伴うこともあります。その解決のために、心理学の知見を応用した「スポーツ心理学」の知識習得を目指します。スランプにおけるストレスの理解や、実力を発揮するために必要な精神力の捉え方など、一般企業で働く中でも応用できる学びが充実しています。

癒やしの科学

傷ついた心を持つ人を援助する方法は多様です。また、その傷つきの度合いも個人によりまた遭遇した出来事により様々です。この授業では、大切な人を亡くされた方へのグリーフケアなど人生の危機状況における癒やし、及び予防の観点から心の健康維持に役立つ癒やしについて、セラピストが実際に用いる様々な手法を紹介します。

Student's Voice → 健康カウンセリングコース

野口 実希さん / 4年次生
大阪府立信太高校出身

学びのスタートは、自分の心に向き合うこと。
心理学を通してポジティブな私に変われました。

人見知りで引っ込み思案だった私が、「なんとかなる!」と前向きに考え行動できるようになったのは、心理学を専攻したから。自分の心に向き合い、他者とのかかわりについて学ぶ中で、物事の捉え方や考え方次第で周囲との関係性も変わってくることを実感しました。将来の目標は、身に付けた心理学の知識を活かし、そこに集う人が楽しくなれる空間を創造することです。

ビジネス心理コース

柏尾 眞津子 教授

心理学の視点で社会を、ビジネスを捉えることで
将来の可能性を広げる知識やスキルを身に付けます。

心理学の知識やスキルは、ビジネスの場や対人関係などあらゆる領域において活かせるものです。新商品を企画する、顧客満足度をアップするといった課題に対し、消費者心理や行動心理からアプローチするのも、その一例です。また、チームで課題解決に挑む場合、他者とのかかわり方や効果的な自己アピール法などについて考えることもできるでしょう。こうした心理学をベースにしたマーケティングや取組は、様々な分野で活用されており、多くのヒット商品も生まれています。心理学で社会や人を動かすとはどういうことか。実例研究や社会調査などの実践的な学びを通し、そのメカニズムを解き明かします。

Pick Up 授業

消費者行動論

現代社会においては、消費者の心理を軽視した商品開発では利益につながりにくく、激化する競争を勝ち抜くことは困難です。この授業では、消費者が商品購入に至る意思決定過程、ブランドと消費や、消費者の価格判断、消費者の購買意図を予測する科学的方法論、企業側の具体的なマーケティング事例などを深く学びます。

ゲームプログラミング入門

今やeスポーツがオリンピック種目になる可能性がある時代です。この授業では、これからの社会やビジネスシーンに必須のICTリテラシーとして、「ゲームプログラミングとは何か」に着目し、基本的な理論をはじめ、楽しいゲームのコンセプト作りや実際のプログラミング体験まで幅広く学びます。

Student's Voice → ビジネス心理コース

中尾 太一さん / 4年次生
神戸市立六甲アイランド高校出身

パフォーマンスの向上やリーダーシップを発揮するために、
心理学の知識やスキルを役立てていきたいです。

最高のパフォーマンスを発揮するにはどうすればいいか。やる気を引き出したり、生活習慣を変えたりするにはどんな助言や指導が役立つのかなど、心理学の面から考えます。私は、メンタルトレーニングやコーチング、リーダーシップなど、スポーツと心理学の関係を中心に学んでいますが、これらは仕事や人間関係においても役立つことばかり。将来は心理学の知識を活かし、社会人としても大きく成長していきたいです。