榎本 佐知子さん

医療心理学科 臨床発達心理専攻※

学生のうちにやりたいことをすべてやりたい。大学でたくさんの人と出会い、自分の世界が広がりました。

2018年度入学
京都府・私立京都産業大学附属高校出身
※2020年4月から心理学部 心理学科

  • 人間科学演習
  • 公認心理師
  • 犯罪加害者の心理的問題

「楽しい」の感じ方は人それぞれ。高校時代の部活での気づきは今の活動にもつながっています。

高校時代は軽音楽部で副部長をしていました。月1回の校内でのライブや文化祭、年に3~4回ライブハウスでのライブ活動とその企画を行っていました。部員90人の大所帯で特に規律を設けず自由に活動を行っていましたが、色んなジャンルのバンドがある中で、盛り上がってモッシュ(ライブなどで体をぶつけ合う行為)が発生することでライブに参加したくないという部員がいたので、イベントの企画をする際は参加された方たちがまず安全に過ごせることを心がけました。

同じ空間でも感じ方は人それぞれで、自分が「楽しい」と感じることが必ずしも他の人も楽しいと感じるとは限らないと考え、その視点は大学でのオープンキャンパススタッフとしての活動や、サークル活動、心理職を目指す上でも忘れてはいけないと思っています。

自分が弱みだと感じていたことが、スクールカウンセラーの先生の言葉で強みに変わりました。

もともと心理学に関心はありましたが、人の目を気にする性格で、心理職を目指すことに自信が持てずにいました。高校時代にお世話になったスクールカウンセラーの先生から「人の目を気にするということは、自分を客観視できることにもつながる。1つの視点だけではなく色々な視点から物事を見られることは、心理職に必要な能力の一つだよ。」と言っていただいたことで心理職を目指そうと決めました。

心理学が学べる大学はたくさんあり、心理学科がある大学のオープンキャンパスに何校も足を運びました。

そして、大阪人間科学大学のオープンキャンパスに参加した際、大学説明会で人間科学演習Ⅱの授業についての説明を聞きました。心理学はもちろんのこと、大学に入ったら色々なことを学びたい、所属している学科だけではなく色々な人とたくさん話がしたいと思っていた私にはとても魅力的な授業でした。オープンキャンパスで在学生の方々を見ているとグループという括りがないというか、学科や性別、雰囲気が違ってもどんな人とも分け隔てなく話していて、雰囲気もとてもいいなと思い受験を決めました。

入学後、実際に人間科学演習の授業を受けていますが自分が思っていた以上に学科の隔てがありません。ランダムでグループをつくりアイスブレイクという、初対面の人同士が出会う時、その緊張をときほぐすための手法を学んだり、プレゼンテーションなどを行いました。初めて会う他学科の人たちとのコミュニケーションも本当に楽しくて、どんどん他学科の友人が増えていきました。

現場に触れることで、自分の学ぶ目的や目標が明確になりました。

大学に入学し、学生のうちにしかできないことをしようと思い、行動する中で自分自身が変わったと思います。将来は、公認心理師の資格を取得し、犯罪加害者の心理支援に携わりたいと考えており、この目標に向けて授業内で紹介してもらった日本心理臨床学会大会のお手伝いをさせていただきました。私は学会とその後に行われる交流会の受付業務を担当させていただきました。学校や病院だけでなく、心理学が活かされている様々な分野で活躍されている心理職の方もいらっしゃることを知り、視野が広がりました。

今後も心理職の方と接する機会や心理が活かされている現場に触れられる機会があれば積極的に参加したいと思っています。

大学でたくさんの人と出会い、自分の世界がどんどん広がりました。

大学でたくさんの人と出会ったことでどんどん世界が広がって、「やりたい」と思ったことに積極的に取り組んでいます。

自宅から京都の嵐山までの道のり往復70kmを自転車で完走したり、1人で旅行に行ったり、今までの自分であれば会うのを少し躊躇していた人にも大学でたくさんの人と出会えたことで「今の自分なら大丈夫だ」と自信を持って会いに行くことができるようになりました。

また、やりたいことをやってみるのと同時に、ずっとやめたかったことをやめました。ずっと続けていたアルバイトをやめて、改めて自分の時間の使い方を考えてみたり、SNSもLINE以外をやめました。

一度やってみる、やめてみる、してみないと分からないことがたくさんあると思います。今後も積極的に判断して取り組んでいきたいと思っています。

CAMPUS LIFE SHOT!!

空き時間は図書館で勉強しています。

所属しているサークルlicoが主催した学科交流イベントです。
他学科の初めて会う人たちとも1日で仲良くなれました。

クラス対抗のバレーボール大会。とても楽しかったです。

MESSAGE

私は受験シーズンになっても目標とする仕事や資格などが見つけられず、それによって進路も決められなくて悩んでいました。私が大学進学を決めたのはもっと心理について詳しく知りたいという好奇心がほとんどです。夢がある人はそれに向かって頑張るのはもちろんですが、そうでない人は今何がしたいかということに焦点をあてて、それを突き詰めてみるのもいいかもしれません。受験で大変だと思いますが、頑張ってください。皆さんが充実した大学生活が送れるよう応援しています。

※掲載情報は、取材時点の内容です。最新の情報と変わっている場合がありますのでご了承ください。

他の学生紹介を見る