理学療法学科

女子バスケットボール部サポートプロジェクト

※女子バスケットボール部スペシャルサイトへ移動します。

理学療法士(国)受験資格とアスレチックトレーナー資格のダブル取得が可能。
スポーツリハビリテーションに強みを持ち、
チームで患者さまの支援に取り組める理学療法士へ。

取得可能な資格等

  • 理学療法士(国)受験資格
  • JATAC認定アスレチックトレーナー資格

学生インタビュー動画(YouTube)

学びのポイント

アスレチックトレーナーの
資格取得が目指せる
スポーツ現場におけるケガの応急処置や傷害の評価、傷害予防のトレーニングなどを担うアスレチックトレーナー。
本学科では、JATAC(ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会)認定の資格取得が可能。現場経験を持つ教員が支援します。
社会福祉学、心理学の
視点を持った理学療法士へ
理学療法士の仕事は、退院後の患者さまの生活環境や心理状態にまで配慮することが重要です。本学では「基礎科目」で社会福祉学や心理学などが横断的に学べるため、より多角的に、患者さまの視点に立って考える力が身に付きます。
ハイテク機器や最新設備で、
確かな技術を身に付ける
医療現場のハイテク化により、先端機器の操作に対応できる知識や工学の知見を持った理学療法士が求められています。2016年開設の本学科は、最新の機器・設備を整備。さらに少人数の学びで、技術をじっくり習得できます。

PROFESSOR'S MESSAGE

理学療法学科
玉田 良樹 助教

強い心と質の高いケアで、
「動ける」喜びを、より多くの人へ。

理学療法士の仕事は、ケガをした人やスポーツ選手のリハビリテーションを行い、回復して退院する際は患者さまと一緒に喜ぶもの。そんなイメージを持つ人に知って欲しいのは、理学療法士が現場で向き合うのは、そのように回復できる人だけではないということ。例えば、ガンなどで余命宣告をされている患者さまの、リハビリテーションを担当することもあります。近い将来に迫る死を見つめながら寄り添うのは、想像以上に辛いかもしれません。しかし理学療法士は、患者さまを奮い立たせる「モチベーター」。患者さまの人生の質を上げるため、強い気持ちが必要です。また、近年は地域で回復を図る地域リハビリテーションや予防の分野での需要が高まっています。病院外で働く場合は、一人で瞬時に判断をする場面が増えるため、高い判断力と対応力も必要です。より「質の高いプロ」が求められる中、本学で取り組めるアスレチックトレーナーの学びも強みになるでしょう。「身体と運動」についてより深く理解することで、どの分野に進んでも活躍の場が広がります。

PROFESSIONAL'S VOICE

2年次生 佐藤 妃奈さん
三重県・私立高田高校出身

理学療法士として、人として、
信頼を築けるプロになりたい。

私がまだ中学生だったとき、祖母のリハビリテーションに、理学療法士が訪れました。ときに優しく、ときに厳しく祖母に声をかける姿を今でも覚えています。次第に祖母が心を開いていき、どんどん意欲的になっていく様子を間近に見ていて、自分もそんな「パートナー」になりたいと憧れたのが、理学療法士を目指したきっかけでした。実際に学んでみると、定期試験の2週間前から図書館に通い続けるほど勉強は大変です。演習でも、クラスメイトの身体に触れ、「自分の身体とは想像以上に筋肉の大きさや硬さが違う」と気づくなど、夢への課題がどんどん見えてきます。そんな中、同じく、一から努力するクラスメイトや先生のお声かけが励みになりますね。また対人援助のほかの分野やアスレチックトレーナーの学びができたり、オープンキャンパススタッフの活動でコミュニケーション力を鍛えたりと、様々な学びがやる気につながっています。目指すは資格取得の先の「パートナー」として一緒に頑張れる理学療法士。知識・技術も、人としての力も、ここでもっと伸ばしていきたいです。

4年間の学び

理学療法士の国家資格取得に向けた学びはもちろん、現場経験の豊富な教員が「今、現場で求められる力」を 鍛えていきます。

POINT.1

医療現場をはじめ、地域やスポーツ分野で活躍する力を磨ける履修モデルを展開

人間科学の理念に基づき、理学療法士として必要な知識、技術、人間力を養うためのカリキュラムを整備しています。

理学療法学科の履修モデル

1年次 「身体の構造」など基礎知識を習得

[主な授業例]

  • 身体運動学
  • 生理学
  • FA演習
  • 人間科学演習 など

2年次 医学的知識や「運動療法」についてなど、より専門性の高い学びへ

[主な授業例]

  • 内科学
  • 運動器障害理学療法学
  • 義肢装具学演習 など

3年次 スポーツ分野、地域など、活躍の場を広げる学び

[主な授業例]

  • スポーツ傷害学演習
  • 地域理学療法学
  • スポーツトレーニング論 など

4年次 実習で現場経験を積み、国家試験に向けて総仕上げ

[主な授業例]

  • 理学療法学実習Ⅲ、国家試験対策 など

POINT.2

アスレチックトレーナーの学びも充実。

スポーツの現場において、選手がケガをしたときの応急処置や傷害の評価、現場復帰までの計画、傷害予防のトレーニングなどを担う専門職がアスレチックトレーナーです。理学療法士は日常生活への復帰を目指しますが、アスレチックトレーナーはスポーツの現場への復帰を目的とし、より高いレベルでの機能回復や改善が求められます。そのため、「スポーツ科学」や「スポーツリハビリテーション」といった専門技術・知識が必須。スポーツの盛んな本学では、恵まれた環境の中、スポーツに特化した学びを実践していきます。

学科の特長

最新設備・機材を使い、確かな技術を習得。

運動療法による治療を学ぶ

呼吸・循環障害理学療法学演習
呼吸・循環障害の医学的知識を基に、対象者の障がいの程度の把握、適切な運動療法の選択・実施、得られた治療結果について考察することで、より効率的な治療プログラムの立案に役立てることができるよう、臨床場面を想定した演習を行います。

物理療法による治療を学ぶ

物理療法学演習
身体外部から刺激を与え、身体の持つ自然回復力を活性化させる物理療法。安全かつ効果的に実施するための機器の操作方法や物理エネルギーの法則、生体組織の反応などを学んでいきます。

日常生活活動練習による治療を学ぶ

運動器障害理学療法学演習
運動器疾患は理学療法の対象の中でも多くを占め、症状も多様であるため、評価方法や治療手段の理論を整理し理解することが大切です。演習・実技を通じて理学療法における対象者の評価と治療技術を習得します。

Pick Up 授業

評価学総論

患者さまの状態を把握・分析し、治療方針を立てる「評価」の過程について、その意義や基礎的な方法などを習得。正確な評価を行うため、知識・技術ともに実技を通して向上させます。

解剖学演習

骨や臓器の模型、組織標本を使い、各器官の構造を三次元的に観察。器官の構造を深く理解することを目指します。グループでの実習形式で、コミュニケーション力も磨きます。

STUDENT'S VOICE

2年次生 森 綺更さん
大阪府立泉陽高校出身

同じ志を持つ仲間と一緒に、初めての学びにもどんどん踏み込めます。

理学療法士に加えてアスレチックトレーナーの資格が取得できることが魅力で、この大学を選びました。勉強は初めて学ぶことばかりで大変ですが、クラスメイトも同じ目標を持っている人が集まっているので、助け合いながら、一緒に成長していけると実感しています。身体運動学の授業で、筋肉が何層にも重なっている様子を映像で見るなど、身体の仕組みを学ぶことも興味深く、「もっと見てみたい!」と意欲が湧いてきます。

3ステップで現場力を磨く学外実習

2年次から、計18週間にわたる学外実習で、「現場力」を鍛える。

2



見学実習1週間

施設及び治療の現場を見学するとともに患者さまとのコミュニケーションを学びます。

  • 施設内、治療場面の見学
  • 理学療法対象者の理解
  • 施設や理学療法士の役割、機能の考察 など
3



評価実習3週間

各種検査・測定の実施方法及び、治療計画の立案方法を習得します。

  • 医学的、心理的、社会的な情報の収集
  • 対象者との面接
  • 適切な検査の選択、実施 など
4



総合臨床実習14週間

情報収集から治療の実施・検証まで、理学療法の一連の過程を学びます。

  • 情報収集から治療プログラムの立案
  • 対象者への説明、治療の実施 など

主な実習先(予定)

  • 大阪回生病院
  • 茨木医誠会病院
  • 大阪府済生会富田林病院
  • 神戸市立医療センター 中央市民病院
  • 摂津医誠会病院
  • 牧リハビリテーション病院
  • 宇多野病院
  • 琵琶湖中央病院
  • 園田病院
  • 野瀬病院
  • 山の辺病院 など

eラーニングを活用した国家試験対策

スマートフォンやパソコンを利用した学習を国家試験対策として導入。過去の試験データに基づいた効果的な対策を実践しています。

Topics

スポーツにかかわる学びが充実!

オリンピック選手を輩出した名門女子バスケットボール部と協力。
実践経験を積み、研究に活かす。

全国大会へ常連で出場する本学の女子バスケットボール部との取組として、スポーツ科学の知識と技術を磨く機会を用意しています。最新機器「筋機能解析装置」などの使用法の習得をはじめ、今後は三次元動作解析装置を用いて、フォームの解析などを行う予定です。

キャリアイメージ

活躍のフィールドがますます広がる理学療法士。リハビリテーションはもちろん、今後はケガを未然に防ぐ「予防」の分野でも活躍が期待されています。

チーム支援を行う 理学療法士

様々な専門職と連携するためには、「コミュニケーションスキル」や「幅広い専門知識」が求められます。

医療分野
日常の基本動作の改善を図る

日常生活において身体をうまく動かすことができないなどの身体機能を回復するための治療や、歩く、座る、立つといった基本動作の改善を図るための動作練習などを行います。

主な就職先
  • 大学病院
  • 総合病院
  • リハビリテーション病院 など

スポーツ分野
故障した選手の機能回復を目指す

故障した選手の現場復帰の支援や故障しにくい体づくりのトレーニング指導などを担当。アスレチックトレーナーの資格を取得すればメディカルスポーツトレーナーとしての活躍も期待できます。

主な就職先
  • プロスポーツ
  • 実業団
  • 大学
  • スポーツ関連企業 など

福祉分野
自立のための予防的ケアを実施

主に高齢者や身体障がい者の方を対象に、自立した日常生活が送れるように予防的な対応や環境調整、身辺の自立に向けた日常生活活動の訓練などを行います。

主な就職先
  • 介護老人福祉施設
  • 障がい者支援施設
  • 訪問リハビリテーション など

子ども分野
成長に応じて身体機能の発達を促す

障がいのある子どもに対して、自立した日常生活に向けての治療や動作練習などを行います。身体機能の発達を促すことを目的とした取組が中心となります。

主な就職先
  • 総合病院の小児リハビリテーション
  • 小児専門病院
  • 肢体不自由児施設 など

卒業後の進路

リハビリテーションにおいて、中心的な役割を担う理学療法士。
医療機関をはじめ、福祉施設、教育機関、スポーツの現場など、今後、ますます幅広い分野での活躍が期待されます。

  • 病院
  • 老人保健施設
  • 老人福祉施設
  • 障がい者支援施設
  • 診療所
  • 児童福祉施設
  • 企業(スポーツ、健康、介護などの関連企業)

STUDENT'S VOICE

2年次生 佐々木 亮成さん
滋賀県立玉川高校出身

スポーツ分野で活躍するという夢に向かい、努力できる環境があります。

高校生のときにバスケットボール部でケガをし、理学療法士にお世話になった経験から、将来はスポーツ選手に寄り添う理学療法士になりたいと考えています。学び始めて、骨だけでも約200もあると知り、改めて学びの厳しさを実感。しかし、先生との距離が近く、疑問をすぐに解決して前に進めます。今後は基礎はもちろん、スポーツに強い理学療法士を目指せる環境を活かして、アスレチックトレーナーの知識も習得したいと思っています。

リーフレット等

理学療法士編_時間割で見る対人援助のプロを目指す4年間

leaflet_rigaku2_01.jpg  leaflet_rigaku2_02.jpg

理学療法学科による女子バスケットボール部支援プロジェクト

leaflet_rigaku1.jpg