梶岡 恭子さん

理学療法学科

スポーツ選手の支援に強い
理学療法士を目指しています。

2016年度入学
岡山県立津山高校出身

  • スポーツ選手の支援
  • アスレチックトレーナー
  • バスケットボール部

アスレチックトレーナー資格と医療系国家資格の理学療法士受験資格の同時取得を目指す。

小学校から続けていたバスケットボールの影響もあり、スポーツ選手の支援に携わることができる職業に就きたいと考えたことが理学療法士を志したきっかけです。
進学した大阪人間科学大学の理学療法学科は、スポーツ選手の支援に強い理学療法士の養成に力を入れていて、アスレチックトレーナー資格と医療系国家資格の理学療法士受験資格の同時取得が可能なことが魅力でした。

全国レベルのアスリートが揃う女子バスケットボール部のサポートプロジェクト。

入学後は、初年次から「解剖学」や「生理学」等、人体の構造や機能にかかわる専門的な授業もあり、ついていくのも大変でしたが、その分、単位を取得した時や試験で良い成績を修めることができた時の達成感は大きいです。
また、理学療法学科の新しい取組である「女子バスケットボール部サポートプロジェクト」に参加し、1年次から全国レベルのアスリートが揃う女子バスケットボール部の選手の支援にかかわらせていただき、筋力やバランス、持久力等の各種測定を通じて、スポーツ選手の支援に必要な知識や技術、コミュニケーション力を身に付ける経験が得られたことも、この大学ならではの価値だと感じました。
今後も同じ志を持つ仲間たちと一緒に、3年次・4年次にある臨床実習や卒業前の国家試験の合格を目指して頑張りたいと思います。

アスレチックトレーナーとは?

様々なスポーツの現場において選手が負傷したときの応急処置や傷害の評価、復帰までの計画の立案、怪我の予防などに携わる専門職です。例えば、怪我の予防のためのトレーニングや教育、再発予防や傷害発生を抑えるためにテーピングなどを実施。主にスポーツ選手を対象とするためスポーツ医学や、解剖学、内科学、運動生理学、バイオメカニクスなどといった身体に関する医学的知識を身に付ける必要があります。

近年では、その働きはスポーツの現場に限らず、高齢者の健康づくりや介護福祉現場、子どもたちの怪我の予防、回復を目的として教育現場へと広がり、注目を集めています。

CAMPUS LIFE SHOT!!

バスケサークルは、みんな仲良し。週一で活動中!

宿泊オリエンテーションに先輩学生として参加。楽しいです!

オープンキャンパスの学生スタッフとしても活動しています。

MESSAGE

入学までに勉強やクラブ活動等、楽しいこともしんどいことも、たくさん経験するように心掛けてください。そんな皆さんであれば、きっと大学進学後も、その精神力でいろんな事を乗り越えていけると思います。進路選び頑張ってください。

また、高校生活3年間を精一杯楽しんでください!

※掲載情報は、取材時点の内容です。最新の情報と変わっている場合がありますのでご了承ください。