松鹿 菜々子さん

理学療法学科

体育科の高校を卒業。
器械体操部での活動を通じて培った"気づく力"は、
理学療法の学びにも活きています。

2017年度入学
島根県立大社高校出身

  • 器械体操部(高校時代)
  • スポーツジム
  • 姿勢観察の授業

理学療法士として、人を支えるために必要な"気づく力"をこの大学で高めていきたい。

高校時代は体育科で学び、部活動では器械体操部に所属していました。体操は個人競技ではありますが、チームで戦うので"気づく力"が必要となってきます。お互いのどこがいけないのか、誰がどこで点数を稼ぐのか、チーム全体はもとより個々の強み弱みは何かを常にみんなで考えたりしていました。自分のことだけにならず、周りを見る力はここで得たものだと思っています。理学療法士に限らず困っている人を助けるのは当たり前ですが、困ってしまう前にそのことに気づいて助けられるような人になるためにも、今以上に気づく力をこの大学で高めていきたいと考えています。

スポーツ選手の支援に携わりたいという想い。

進路を検討していた時期は、スポーツ関係職の中でもスポーツトレーナーの仕事に一番関心を持っていましたが、先生やまわりの方々に色々相談させていただく中で、スポーツ選手の支援に携わる仕事は、スポーツトレーナー以外にもたくさんあるということに気づけました。中でも医療系国家資格の理学療法士は、人の動作や運動の専門家。身体の仕組みを科学的に捉えて、様々な運動障がいにも対応できることから、私の将来の夢になりました。


大阪人間科学大学は、理学療法士の資格に加えて、スポーツトレーナー関連資格のアスレチックトレーナー資格の取得を目指すことが可能です。スポーツ選手の支援に携わりたいという想いを持っていた私には、他大学にない魅力を感じましたし、実際、入学してからもスポーツ選手の支援に精通するための多彩な取組が行われていて、充実した毎日を過ごせています。

理学療法士の活躍の場の広さを知ったボランティア活動。

一方で、スポーツにかかわる理学療法士という考え方に偏っていた私の視野を広げてくれた出来事があります。それは、1年次に体験したボランティア活動で、せっつ健康長寿測定会という地域の高齢者の方を対象とした体力測定会に参加したときの体験でした。これは地域住民の健康増進、介護予防を目的とした理学療法学科の社会活動事業です。学生スタッフとして各種の測定を行わせていただく中での高齢者の方とのコミュニケーションは非常に楽しくて、これまで知らなかった多くのことを教えてもらえました。そして、この体験を機に健康増進や介護予防という道もいいなと考えられるようになりました。

姿勢観察、動作観察の授業とスポーツジムでのアルバイトについて

いま、運動器系評価学演習という授業で、姿勢観察や動作観察の方法について学んでいます。人それぞれ特徴や癖があって、体格や立ち方、筋肉のつき方などで過去に何をしていたかも分かるようになるそうです。いつでもどこでも考えることができる内容で、より勉強したくなる授業です。 大学生になってから最初に始めたスポーツジムでのアルバイトでも利用者さんの個別性に配慮した最適な対応を考える上で、この授業で学んだことは役に立ちました。授業で学んだ内容を実際の場面で確認したり、考えたりする中で、更に理解を深めていくことができました。今は、実習に向けてアルバイトを控えて勉強に専念するようにしていますが、また機会があればチャレンジしてみたいと思っています。

CAMPUS LIFE SHOT!!

図書館は集中しやすく、勉強がはかどります。

空きコマは友達と勉強したり、お喋りしたりで楽しいです。

パソコンルームではレポートや友達と協力して発表の原稿を作ります。

勉強の相談でFAゼミの田中先生の研究室に。学生目線で丁寧に教えてくださいます。

MESSAGE

私もそうでしたが、高校で専門的な学科で学ばれているみなさんには、今学んでいる内容から将来の道を決めつけてしまわずに、まずは先生に相談したり、自分で調べたりする中で、将来の夢をかなえる方法がたくさんあることを知って欲しいです。高校の体育科で学んだ私にとって夢だった理学療法士も大学生になってからは叶えたい目標となり、少しずつですが目標に近づいていると感じています。この先もこの大学で学びを深めていく中で、"どこにでもいる理学療法士"ではなく、"たった一人の理学療法士"を目指していきます。

※掲載情報は、取材時点の内容です。最新の情報と変わっている場合がありますのでご了承ください。