社会福祉学科

社会福祉士及び精神保健福祉士の国家試験受験資格に、
スクールソーシャルワーカー資格を加えた三資格の同時取得が可能。

取得可能な資格等

  • 社会福祉士(国)受験資格
  • 精神保健福祉士(国)受験資格
  • スクールソーシャルワーカー資格(課程修了証明)※1
  • 社会福祉主事任用資格
  • 児童福祉司任用資格※2
  • 身体障害者福祉司任用資格
  • 知的障害者福祉司任用資格
  • ※1 所定のカリキュラムを修了し、社会福祉士又は精神保健福祉士の国家試験に合格することで、社団法人日本社会福祉士養成校協会の修了証が交付されます。
  • ※2 卒業後指定施設での実務経験(1年間)が必要ですが、社会福祉士国家試験もしくは、精神保健福祉士国家試験に合格している場合は実務経験が不要となります。

syafuku2017_n008.png

  • ※1 新卒者(平成28年度卒業生)の合格率
  • ※2 順位は福祉系大学等(受験生10人以上)のうち新卒者(平成28年度卒業生)の合格率による

学科紹介・学生インタビュー動画(YouTube)

学びのポイント

主体的に学び、
自らの将来を広げる1年次の学習
入学当初から、きめ細やかな少人数制の学びで、観察力・客観的視点・コミュニケーション能力など人間力を養成。さらに、フィールドワークで多様な現場を知ることで、将来の可能性を広げ、学習意欲の向上につなげます。
専門性と実践力を高める
コース制&豊富な実習
目指すキャリアに沿った専門性を高められる4コースを用意。また、高齢者・障がい者・医療・教育・児童など、多様な分野の現場で学外実習を実施。知識と実践力を備えた質の高いプロフェッショナルとしての成長を目指せます。
トリプルライセンス取得が
目指せるサポート体制
社会福祉士・精神保健福祉士の国家試験対策講座で、専門教員がきめ細やかに指導。合格率は関西の私立大学でトップクラスです。スクールソーシャルワーカー資格取得も、現場経験の豊富な教員が強力にバックアップします。

PROFESSOR'S MESSAGE

社会福祉学科
郭 理恵 助教

社会福祉は、「実践する科学」。
目の前の人に向き合い、社会の変革に挑む。

ソーシャルワーカー(社会福祉士・精神保健福祉士)には福祉の専門知識と技術のみならず、社会全体を見渡す幅広い視点が必要です。近年は、社会の多様化によって生活上の困難をかかえる人のニーズも多様化し、医療福祉分野のみならず、学校や司法などこれまで福祉の視点があまり入ってこなかった分野においても福祉の支援が必要とされるようになりました。その中でもう一つ大切なのが、人に寄り添う思いやりに加え、人や社会に自らかかわる積極性を持つこと。 ソーシャルワーカーにとってコミュニケーション力は欠かせない能力です。また、目の前の困っている人に寄り添うだけではなく、地域へ支援を求め、時には、国や自治体へ政策を提言するなど、社会の変革をも促していく働きかけが必要なことがあります。大変な仕事のようですが、すべての人が幸せに生きるためにあらゆる挑戦が可能だという魅力があります。社会福祉は、目の前の人を通して社会を見つめ、社会を変革していく実践の科学なのです。いつか、すべての人の人権が当たり前に守られ、貧困や暴力がなくなり、すべての人が幸せに暮らすことができる社会を目指して、実践力と研究力を培いましょう。

PROFESSIONAL'S VOICE

西浦 博人さん
2008年 社会福祉学科卒業
摂津市教育委員会次世代育成部 勤務
職種:スクールソーシャルワーカー

子どもの毎日をもっと豊かに。
社会福祉の視点で教育の現場を変える。

社会福祉は元来、医療系や高齢者といったイメージが強かったかもしれません。事実、私も前職は医療・高齢者分野のソーシャルワーカーでした。しかし社会福祉とは文字どおり、「社会のあらゆる人の幸福」を目指すもの。子どもの成長に関心があったこともあり、「学校でのソーシャルワーカー」という新たな分野に挑戦することにしたのです。実はこの分野はまだまだ日本には根付いていません。私も複数の小中学校を担当していますが「学校という現場に福祉という視点をもっと普及させたい」という思いで多くの先生方と対話し、協働しています。一人ひとりの子どもがかかえている課題には様々な環境があります。先生方とこまめに情報を交わしながら、学校以外にも家庭環境や子どもが生まれ育ってきた生育歴にまで遡り、より広い視野で課題の原因を探ります。また、解決方法についても、学校という枠を超え、広く社会に目を向ければ実に多様な福祉制度があります。より広い背景から原因を探り、より広い選択肢を駆使することで、もっと子どもの幸せの可能性を広げていきたいですね。新たな道を築いている、そんな日々です。

コース紹介

希望の進路に合わせて選択できる4コースで、福祉の専門家へ。

総合社会福祉コース

幅広い福祉の専門知識・技術を学び、
社会福祉士を目指す。

子どもから高齢者、障がい者など、すべての人が地域においてその人らしい生活を送れるように福祉の知識や技術を身に付けます。講義や演習、実習を通して、利用者さんや他職種とのコミュニケーションの基本を学び、問題をかかえる人たちに寄り添い、その人自身が解決できるよう、支援する力を養います。

目指せる進路
  • 地域包括支援センター
  • 特別養護老人ホーム
  • 社会福祉協議会
  • NPO など

精神保健福祉コース

精神障がいの専門知識や援助技術を学び、
精神保健福祉士を目指す。

うつ病、統合失調症や薬物依存症といった精神疾患の社会的背景と人権課題を理解し、回復と生活の再建のために必要な社会環境の調整や、疾患によって損なわれた力を取り戻すための支援方法を学びます。また、住み慣れた町で暮らす生活者の視点を理解し、地域社会との共生・協働を促進させる手法を習得します。

目指せる進路
  • 精神科病院
  • 精神科診療所
  • 相談支援事業所
  • 就労支援事業所 など

医療ソーシャルワークコース

医療現場で患者さまやその家族がかかえる
問題をサポートできる力を身に付ける。

病気への不安、入院費の問題など悩みをかかえている多くの方に対して、医師や各機関と連携して、福祉の立場から支援できる医療ソーシャルワーカーを目指します。講義では病院や施設の現場を知る教員から、実体験をもとにした体験談や実学的な知識、現代の医療問題について学ぶことができます。

目指せる進路
  • 病院
  • 診療所
  • 老人保健施設
  • リハビリテーションセンター など

子ども・学校ソーシャルワークコース

不登校やいじめ、家庭問題に苦しむ子どもたちに
福祉の視点で支援できる力を身に付ける。

不登校やいじめ、非行など、複雑化する学校問題に子ども、先生、家庭、地域、関係機関などと連携して解決へ働きかけるスクールソーシャルワーカーを目指します。国内や海外の事例をもとに学び、子どもたち一人ひとりを支援できる力を身に付けます。

目指せる進路
  • 小学校・中学校
  • 児童相談所
  • 児童養護施設
  • 児童自立支援施設 など

Pick Up 授業

相談援助演習Ⅳ

地域福祉や福祉計画に関する相談援助の知識と技術を、実践で学習。「地域とは何か」を知ることから、地域福祉プログラムの開発、プレゼンテーションなどの一連を体験します。

人間福祉学演習

少人数のゼミ形式で、学生が主体となり研究活動を実施。プレゼンテーションとディスカッションを繰り返し、実践力や行動を言語化する力、考察力などを総合的に高めます。

4年間の学び

相談援助のプロとして必要な知識やコミュニケーション能力などを段階的に身に付けます。

1年次 - 福祉の分野の多様性を知る。
前期
FA演習Ⅰ

大学での学び入門

人間科学演習Ⅰ

コミュニケーション能力の向上

相談援助演習Ⅰ

社会福祉に関心を持った自分についてどんな傾向があるのかを自己理解していきます。

後期
人間科学演習Ⅱ

他の対人援助専門職について知る

指定科目等講義

多様な現場ゲストによる講義

相談援助演習Ⅱ

貧困や障がいなど、社会問題について、相談援助職としての価値観を学習。

介護技術演習
福祉とセクシャリティ

福祉分野では避けては通れない「セクシャリティ」という課題に出会い、学び、理解する。

福祉フィールドワーク
2年次 - 各自の関心分野を定めていく。
前期
FA演習Ⅱ

現場ゲストによる講義

指定科目等講義

多様な現場ゲストによる講義

相談援助演習Ⅲ

相談援助職としての実際のスキルをロールプレイを通して身に付けていきます。

後期
プレ演習

現場見学訪問

指定科目等講義

多様な現場ゲストによる講義

相談援助演習Ⅳ

フィールドに出て、人々が生活の中でどの様な問題をかかえているかを考えていきます。

実習指導Ⅰ

半日見学実習

3年次 - 演習、実習を通して福祉現場とのマッチングを実施。
前期
指定科目等講義

多様な現場ゲストによる講義

相談援助実習
人間福祉学演習Ⅰ

卒業論文作成準備

相談援助実習指導Ⅱ
後期
相談援助実習
相談援助演習Ⅴ

相談援助実習修了者がスキルと知識を更に深化。将来に向けての準備を行います。

人間福祉学演習Ⅰ

卒業論文作成準備

相談援助実習指導Ⅲ
4年次 - さらに、各自の「目指す福祉」とのマッチングを実施。
前期
スクールソーシャルワーク実習
精神保健福祉援助実習
人間福祉学演習Ⅱ

卒業論文作成

国家試験対策講座
(社会福祉士・精神保健福祉士)

国家試験対策

後期
課外活動
現場経験豊富な教員が多い本学では、ボランティアの斡旋も活発です。またボランティアや実習先での活動が就職につながることも少なくありません。

Topics

多様な社会福祉士の活躍の場を、1年次から現場で学ぶ。

福祉フィールドワーク

社会福祉施設での実習やコミュニティ活動への参加を通じ、1年次から社会福祉士の仕事について体感することができます。事前の学習、実習中の日誌、そして実習後の振り返りを通じ、体験から多くの気づきを引き出します。

STUDENT'S VOICE

3年次生 長友 愛さん
大阪府・私立常翔学園高校出身

先生のように、もっと困っている人と同じ風景が見られるように。

中学生の頃から社会福祉に興味があった私にとって、社会福祉士としての豊富な現場経験を持つ先生方が多いこの環境はありがたく、現場の話をいつも興味深く聞いています。特に印象的なのは、毎日同じ時間に水道の水を流す知的障がい者の方の話。ある日、先生が隣で蛇口をひねると、流れる水に夕日がキラキラ輝いていたそうです。私も、その話のように、問題をかかえる人たちと同じ視線で世界を見たいと思います。

学科の特長

充実の学外実習で、トリプルライセンス取得を後押し。

Point

児童相談所、社会福祉協議会などの相談機関をはじめ、障がい児(者)施設、精神科病院、小・中学校など幅広く実習を体験。

実習施設とスケジュール

資格実習施設実習時期(予定)
社会福祉士 福祉事務所・児童相談所・社会福祉協議会などの相談機関及び児童福祉施設・障がい児(者)施設、特別養護老人ホームなどの社会福祉施設・医療機関
3年次

6月頃:12日間
11月頃:12日間

精神保健福祉士 精神科医療機関・精神保健福祉関係施設などの施設で、実際に業務にかかわりながら精神保健福祉士について学びます。
4年次

6月頃~9月頃 28日間

スクールソーシャルワーカー資格
(課程修了証明)
小学校・中学校など
4年次

9月頃~11月頃 10日間

SPECIAL VOICE

藤本 彩さん
2017年3月卒業
大阪府・私立浪速高校出身

トリプルライセンス取得は、
キャリアを広げる力になります。

4年次では実習や就職活動も並行するため、資格の勉強を進めることは大変でしたが、キャリアセンター課の方々が無理のないスケジュールを一緒に考えてくださいました。また、ゼミの先生は福祉業界の大先輩として多くのアドバイスをくださり、モチベーションを高め続けることができました。現在、社会の様々な分野で福祉の視点が求められています。手に入れた資格を活かして、その要請に応えていくつもりです。

トリプルライセンス取得!

  • 社会福祉士
  • 精神保健福祉士
  • スクールソーシャルワーカー

STUDENT'S VOICE

3年次生 前岡 莉乃さん
大阪市立汎愛高校出身

外出支援のアルバイトで、私も一歩踏み出す勇気が身に付きました。

社会福祉学科では、社会福祉に関連したボランティアやアルバイトを紹介してもらう機会が豊富。先生と先輩の勧めで、知的障がいや発達障がいのある人の外出支援(ガイドヘルパー)のアルバイトを始めました。近所のスーパーマーケットから神戸まで、様々な所へ一緒に行きます。最初は難しく感じましたが、声がけの度に相手の反応が変わり、できることが増えていく。そんなやりがいを知ってから、他の活動にも自分から挑戦するようになりました。

キャリアイメージ

学科での幅広い学びを活かし、多様な進路が開けます。

社会福祉の学びを活かす分野はどんどん広がっています。病院や障がい者施設はもちろん、いじめ・虐待などの問題をかかえる学校や児童相談所、就労・失業者や低所得者を支える支援センター・事業所など。福祉に関する様々な相談に応じ、問題解決する力が、現代社会において必要とされているのです。

多様な社会福祉分野で活躍する卒業生

NPO法人
スマイルスタイル
ソーシャル・デザインで、街づくりや環境づくりのお手伝い!
2017年3月卒業 三河 葵さん
誰もが自分らしく過ごせる社会づくりのため、様々な提案に取り組んでいます。
和歌山県立こころの医療センター
医療相談・連携室
精神科医療の院内で、退院支援を行い、生活相談を受けています。
2005年3月卒業 蓬原 由梨香さん
利用者さんを総合的に支援できるよう、地域も含めたつながりを強化しています。
社会福祉法人 精神障害者社会
復帰促進協会 ふれあいの里(施設長)
施設長として、障がいのある方の就労や生活などを支援しています。
2007年3月卒業 八藤 博之さん
障がいのある方がご自身の希望する生活を叶えられるよう力を注いでいます。
京都市役所
(生活保護ケースワーカー)
市役所に相談に訪れる方々の生活支援の相談に乗っています。
2016年3月卒業 洞戸 千奈美さん
相手のニーズを感受し、大学で学んだ幅広い知識とつなげながら支えています。
三田市社会福祉協議会
中央デイサービスセンター
病気やサービスについて、様々な不安や問題について、日々対応しています。
2016年3月卒業 小南 貴洋さん
価値観の違いをごまかさず、互いに理解し合うことを大切に取り組んでいます。
社会福祉法人 隆生福祉会
ゆめパラティース(介護職)
利用者さんを笑顔にする仕事はやりがいがいっぱいです。
2014年3月卒業 下宮 夏希さん
目指すは利用者さんの「楽しい1日」づくり。感謝の言葉に日々励まされています。
摂津市教育委員会 次世代育成部
(スクールソーシャルワーカー)
小学校の生徒たちを見守りながら、一人ひとりの課題解決に取り組んでいます。
2008年3月卒業 西浦 博人さん
社会福祉の視点を教育の現場へ。私たちの努力が教育を変えると信じています。
社会福祉法人 聖ヨハネ学園
障がい者支援施設(生活支援員)
人の役に立ちたい。
その想いで介護に取り組んでいます。
2017年3月卒業 藤部 雅志さん
一人でも多くの方と良好な関係を築きたいと奮闘する毎日です。
寝屋川市役所
福祉部高齢介護室
地域包括支援センター、高齢者サービスの運営など業務は多岐!
2010年3月卒業 吉田 翔平さん
高齢者虐待、支援困難など、相談の内容は多様ですがやりがいのある毎日です。
児童養護施設高津学園
(児童指導員)
児童とともに1日を過ごし、その成長を見守っています。
2011年3月卒業 山田 大嗣さん
子どもの成長を間近で見守れる喜びを、毎日感じながら頑張っています。
医療法人みどり会 中村病院
(医療ソーシャルワーカー)
総合病院で、患者さんやご家族の相談にのっています。
2008年3月卒業 寺田 千恵さん
経済面や心理面での不安、支援制度について、様々な面から支援しています。

リーフレット等

社会福祉士編_時間割で見る対人援助のプロを目指す4年間

leaflet_syafuku1_01.jpg   leaflet_syafuku1_02.jpg

精神保健福祉士編_時間割で見る対人援助のプロを目指す4年間

leaflet_syafuku2_01.jpg   leaflet_syafuku2_02.jpg

//クロスドメイン用 /*通常コード */