社会福祉学科

社会福祉士及び精神保健福祉士の国家試験受験資格と、
スクールソーシャルワーカー資格のトリプルライセンスが取得可能。

取得可能な資格等

  • 社会福祉士(国)受験資格
  • 精神保健福祉士(国)受験資格
  • スクールソーシャルワーカー資格(課程修了証明)※1
  • 社会福祉主事任用資格
  • 児童福祉司任用資格※2
  • 身体障害者福祉司任用資格
  • 知的障害者福祉司任用資格
  • ※1 所定のカリキュラムを修了し、社会福祉士又は精神保健福祉士の国家試験に合格することで、社団法人日本社会福祉士養成校協会の修了証が交付されます。
  • ※2 卒業後指定施設での実務経験(1年間)が必要ですが、社会福祉士国家試験もしくは、精神保健福祉士国家試験に合格している場合は実務経験が不要となります。

syafuku2017_n008.png

  • ※1 新卒者(平成28年度卒業生)の合格率
  • ※2 順位は福祉系大学等(受験生10人以上)のうち新卒者(平成28年度卒業生)の合格率による

学科紹介・学生インタビュー動画(YouTube)

                

学びのポイント

人間力を養う少人数制教育
入学直後から始まるFA演習やプレ演習、ゼミなどは、15人~20人の少人数制で、一人ひとりをきめ細やかに指導していきます。これらの演習・ゼミでは、「問題提起→ディスカッション→発表」の積み重ねを重視。相手の立場に立って考える洞察力、客観的な視点、人とつながるコミュニケーション能力など、社会福祉士に必要とされている人間力を養います。
就職の幅を広げる
コース制&豊富な実習
社会福祉士養成に特化したカリキュラムを柱に、「総合社会福祉」「精神保健福祉」「医療ソーシャルワーク」「子ども・学校ソーシャルワーク」の4コースに分かれ、目指すキャリアに沿った専門性を高めていきます。
また、高齢者・障がい者・医療・教育・児童など、多様な分野の現場で学外実習を実施。実践力を磨いて就職の幅を広げ、希望する進路への道を切り開きます。
トリプルライセンスの取得が
目指せる
4年次からは、社会福祉士・精神保健福祉士の国家試験対策講座を開講。専門教員のきめ細やかな指導によって、合格率は関西の私立大学でトップクラスを誇ります。
加えて、子どもを取り巻く環境の問題解決にあたる「スクールソーシャルワーカー」の取得を目指すことも可能。強力なバックアップでトリプルライセンスの取得をサポートします。

PROFESSOR'S MESSAGE

社会福祉学科
大野 まどか 教授

「福祉」と「親切」はどう違う?
その答えをここで探して欲しい。

社会福祉士は「困っている人に親切にする仕事」というイメージを持たれることがあります。確かに、助けが必要な人の力になりたいと思う気持ちは大切です。とはいえ、人ひとりを支援するということは簡単ではありません。複数の問題が絡み合っている場合や、その人を取り巻く環境がかかえる問題の解決が必要という場合も。そのような時には「親切」だけでは通用せず、専門的な学びが礎となります。
本学科で幅広い分野を学ぶのはそのためです。はっきり言って、勉強は大変。でも多くのことを学ぶ過程で知り得た自分の価値観と、周りと協力しながら課題をこなす中で養われるコミュニケーション力こそが、単なる親切とは違う「専門性」の土台となります。是非4年間で専門職としての視点と、かかわり方を身に付けて、福祉の現場へ羽ばたいてください。

コース紹介

専門性を高めるための4コースを設置。希望の進路に合わせて選択できます。

総合社会福祉コース

幅広い福祉の専門知識・技術を学び、
社会福祉士を目指す。

子どもから高齢者、障がい者など、すべての人が地域においてその人らしい生活を送れるように福祉の知識や技術を身に付けます。講義や演習、実習を通して、利用者さんや他職種の方とのコミュニケーションの基本を学び、問題をかかえる人たちに寄り添い、その人自身が解決できるよう、支援する力を養います。

目指せる進路
  • 地域包括支援センター
  • 特別養護老人ホーム
  • 社会福祉協議会
  • NPO など

精神保健福祉コース

精神障がいの専門知識や援助技術を学び、
精神保健福祉士を目指す。

うつ病、統合失調症や薬物依存症といった精神疾患の社会的背景と人権課題を理解し、回復と生活の再建のために必要な社会環境の調整や、疾患によって損なわれた力を取り戻すための支援方法を学びます。また、住み慣れた町で暮らす生活者の視点を理解し、地域社会との共生・協働を促進させる手法を習得します。

目指せる進路
  • 精神科病院
  • 精神科診療所
  • 相談支援事業所
  • 就労支援事業所 など

医療ソーシャルワークコース

医療現場で患者さまやその家族がかかえる問題を
サポートできる力を身に付ける。

病気への不安、入院費の問題など悩みをかかえている多くの方に対して、医師や各機関と連携して、福祉の立場から支援できる医療ソーシャルワーカーを目指します。講義では病院や施設の現場を知る教員から、実体験をもとにした体験談や実学的な知識、現代の医療問題について学ぶことができます。

目指せる進路
  • 病院
  • 診療所
  • 老人保健施設
  • リハビリテーションセンター など

子ども・学校ソーシャルワークコース

不登校やいじめ、家庭問題に苦しむ子どもたちに
福祉の視点で支援できる力を身に付ける。

不登校やいじめ、非行など、複雑化する学校問題に子ども、先生、家庭、地域、関係機関などと連携して解決へ働きかけるスクールソーシャルワーカーを目指します。国内や海外の事例をもとに学び、子どもたち一人ひとりを支援できる力を身に付けます。

目指せる進路
  • 小学校・中学校
  • 児童相談所
  • 児童養護施設
  • 児童自立支援施設 など

授業紹介

相談援助の基盤と専門職Ⅰ・Ⅱ

社会福祉士になるための専門的な知識や技術、そのベースにある倫理や価値の問題などを学び、包括的な相談援助の方法を身に付けます。

相談援助実習指導Ⅱ・Ⅲ

現場実習に向けて、ソーシャルワーカーに求められる資質・人権尊重などの支援の基本について理解を深めます。

4年間の学び

本学科では、1年次から段階的に力が身に付くカリキュラムを設定。
高度な知識・技術を持つ理学療法士を養成します。

1年次 - 福祉の分野の多様性を知る。
基礎科目知識習得演習(技術)実習指導
前期
人間科学演習Ⅰ

コミュニケーション能力の向上

FA演習Ⅰ

大学での学び入門

相談援助演習Ⅰ

社会福祉に関心を持った自分についてどんな傾向があるのかを自己理解していきます。

後期
人間科学演習Ⅱ

他の対人援助専門職について知る

指定科目等講義

多様な現場ゲストによる講義

相談援助演習Ⅱ

貧困や障がいなど、社会的な問題を取り上げ、相談援助職としての価値観を学習。

人間科学演習

【課外活動】
ボランティア活動の紹介・現場ボランティア体験
2年次 - 学生各自の関心分野を確定していく。
基礎科目知識習得演習(技術)実習指導演習(研究)
前期
FA演習Ⅱ

現場ゲストによる講義

指定科目等講義

多様な現場ゲストによる講義

相談援助演習Ⅲ

相談援助職としての実際のスキルをロールプレイを通して身に付けていきます。

後期
プレ演習

現場見学訪問

相談援助演習Ⅳ

フィールドワークに出て、人々が生活の中でどの様な問題を抱えているかを考えていきます。

実習指導Ⅰ

半日見学実習

相談援助実習

【課外活動】
ボランティア活動の紹介・現場ボランティア体験
3年次 - 福祉現場とのマッチング。
知識習得演習(技術)実習指導実習演習(研究)
前期
指定科目等講義

多様な現場ゲストによる講義

相談援助実習指導Ⅱ

 

相談援助実習
人間福祉学演習Ⅰ

卒業論文作成準備

後期
相談援助演習Ⅴ

相談援助実習修了者がスキルと知識を更に深化。社会福祉士としての将来に向けて準備を行います。

相談援助実習指導Ⅲ
【課外活動】
現場経験豊富な教員が多い本学では、ボランティアの斡旋も活発です。
またボランティアや実習先での活動が就職につながることも少なくありません。
4年次 - 更に目指す福祉とのマッチング。
実習演習(研究)国家試験
前期
スクールソーシャルワーク実習
精神保健福祉援助実習
人間福祉学演習Ⅱ

卒業論文作成

国家試験対策講座
(社会福祉士・精神保健福祉士)

国家試験対策

後期
【課外活動】
現場経験豊富な教員が多い本学では、ボランティアの斡旋も活発です。
またボランティアや実習先での活動が就職につながることも少なくありません。

充実の学外実習

社会福祉士をはじめ、精神保健福祉士、スクールソーシャルワーカーなど、その活躍のフィールドは多岐にわたります。それぞれの現場での役割、求められる知識、技術を肌で感じながら将来、役立つ実践力を磨いていくことができます。

Point1 幅広い経験が積める豊富な実習先

児童相談所、社会福祉協議会などの相談機関及び児童福祉施設、障がい児(者)施設、精神科病院、精神保健福祉施設、小学校、中学校など、様々な領域における実習先を用意。実際の現場を体験することで、より専門的な知識や技術も身に付き、将来の進路決定や学習の向上にもつながります。

Point2 段階的に学べる3つの学外実習

社会福祉士実習を3年次の夏に12日間、秋に12日間経験します。この実習での経験をベースに、4年次には精神保健福祉士実習、スクールソーシャルワーク実習に臨み、実習先での学びを蓄積していくことができます。

実習施設とスケジュール

資格実習施設実習時期(予定)
社会福祉士 福祉事務所・児童相談所・社会福祉協議会などの相談機関及び児童福祉施設・障がい児(者)施設・特別養護老人ホームなどの社会福祉施設・医療機関
3年次

6月頃:12日間
11月頃:12日間

精神保健福祉士 精神科医療機関・精神保健福祉関係施設
4年次

6月頃~9月頃 28日間

スクールソーシャルワーカー資格
(課程修了証明)
小学校・中学校など
4年次

9月頃~11月頃 10日間

実習以外にも豊富な学外活動

教育現場でのボランティア活動

摂津市の教育委員会と本学が連携し、教育現場でのボランティア活動を行っています。生徒の学習に寄り添い、学校生活をサポートしています。

幅広い課外活動

福祉系NPO法人での子どもの学習支援やガイドヘルパーなど、活動先は様々です。福祉現場とつながりを持つ教員が多いため、活動先を教員が紹介するケースが多いのも本学の特長です。

STUDENT'S VOICE

4年次生 三河 葵さん
姫路市立琴丘高校出身

幅広い学びに触れることで、新しい未来の自分が見えてくる。

社会福祉学科なら「社会福祉士の資格が取得できて心理学も学べる」と知り、入学。最初は福祉という仕事の選択肢の多さに惹かれました。しかし、実習や福祉施設でのアルバイトを通して、次第に障がいのある人をサポートしたいと思うように。中でも特に世間の理解が薄い精神障がい者を支援するため、今は精神保健福祉士とのダブル資格取得を目指しています。幅広い学びのおかげで自分の進路を見つけられました。

PROFESSIONAL'S VOICE

寺田 千恵さん
2008年 社会福祉学科卒業
医療法人みどり会 中村病院 勤務
職種:医療ソーシャルワーカ

治療が終わっても生活は続く。
その人らしく生活するための援助を。

総合病院で、社会福祉の立場から患者さまやご家族がかかえる問題を解決する手助けをすることが私の仕事です。経済的な相談や心理面での不安、支援制度についての質問など、相談内容は多岐にわたります。最近では、患者さまのご自宅の階段へ手すりを取り付けるため、施工業者さんやリハビリスタッフとともにご自宅までお伺いし、直接段差を確認・相談する場を設けました。患者さまの希望に近い生活を実現するには、病院内外の関係者との連携が欠かせません。福祉のプロとして、関係者同士をうまくつなぐことができたときは「患者さまの力になれた」とほっとしますね。

社会福祉士・精神保健福祉士・スクールソーシャルワーカー、トリプルライセンスの取得が目指せます。

社会福祉士とは?
心身の障がいや経済的な問題などから日常生活に支障をきたし、保護や援助を必要とする人を支えます。福祉に関する様々な相談に応じ、各種制度・施設の利用方法などをアドバイスしながら問題を解決。当事者だけでなくその家族も含め様々な福祉サービスの中から本人・家族に対し最も適切なサポートを行います。また、福祉サービスの開発にも携わります。
精神保健福祉士とは?
精神障がい者に対して社会復帰に向けての援助を行います。退院後の住居や再就労についての支援、各種の給付制度、税の減免措置などの情報提供、生活技能を身に付ける訓練なども担います。医師や看護師、作業療法士などの医療チームの調整役として活躍することもあります。
スクールソーシャルワーカーとは?
学校をはじめ、家庭、児童相談所などの行政機関などと連携しながら、子どもを取り巻く環境を調整し、福祉相談業務などに従事します。保護者の経済状況や生活面において援助が必要な場合など、社会保障、生活保護の提供などの自立支援相談も担当します。専門的な知識が求められるため、社会福祉士や精神保健福祉士などの有資格者がなることが一般的です。

実習現場から見た社会福祉士の活躍のフィールド

学科専門科目のカリキュラム

国家資格である社会福祉士、精神保健福祉士の資格取得に必要な科目はもちろん、スクールソーシャルワーカーの資格も取得可能。福祉への理解を深める科目と現場で国家資格を活かして実践できる力を養う科目が充実しています。

1年次

  • 社会福祉Ⅱ
  • 相談援助演習Ⅰ
  • 相談援助演習Ⅱ
  • 相談援助の基盤と専門職Ⅰ
  • 相談援助の基盤と専門職Ⅱ
  • 障害者福祉論
  • 心理学理論と心理的支援
  • 福祉フィールドワーク
  • 介護技術入門
  • 福祉とセクシャリティ
  • コミュニティ活動論
  • 児童・家庭福祉論
  • 精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅰ
  • 精神保健福祉相談援助の基盤

2年次

  • 相談援助の理論と方法Ⅰ
  • 高齢者福祉論Ⅰ
  • 高齢者福祉論Ⅱ
  • 就労支援サービス
  • 権利擁護と成年後見
  • 更生保護制度
  • 地域福祉の理論と方法Ⅰ
  • 地域福祉の理論と方法Ⅱ
  • 社会保障論Ⅱ
  • 公的扶助論
  • 精神保健の課題と支援Ⅱ
  • 社会調査の基礎
  • 家庭支援論
  • 保健医療論
  • 福祉サービスの組織と経営
  • 相談援助の理論と方法Ⅱ
  • 相談援助実習指導Ⅰ
  • 相談援助演習Ⅲ
  • 相談援助演習Ⅳ
  • 精神保健福祉に関する制度とサービスⅠ
  • 精神保健福祉に関する制度とサービスⅡ
  • 教育社会学
  • 教育制度論
  • 教育相談の理論と方法
  • スクールソーシャルワーク論

3年次

  • 社会福祉史
  • 精神疾患とその治療Ⅰ
  • 精神疾患とその治療Ⅱ
  • 福祉行財政と福祉計画
  • ケアマネジメント論
  • 相談援助の理論と方法Ⅲ
  • 相談援助の理論と方法Ⅳ
  • 相談援助演習Ⅴ
  • 相談援助実習指導Ⅱ
  • 相談援助実習指導Ⅲ
  • 相談援助実習
  • 精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅱ
  • 精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅲ
  • 精神保健福祉援助演習(基礎)
  • 精神保健福祉援助実習指導Ⅰ
  • 精神保健福祉援助実習指導Ⅱ
  • プレ・スクールソーシャルワーク実習
  • 人間福祉学演習Ⅰ

4年次

  • 社会福祉特論
  • 精神保健福祉援助演習Ⅰ
  • 精神保健福祉援助演習Ⅱ
  • 精神障害者の生活支援システム
  • 精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅳ
  • 精神保健福祉援助実習指導Ⅲ
  • 精神保健福祉援助実習
  • スクールソーシャルワーク演習

※カリキュラムは変更になる場合があります。

リーフレット等

社会福祉士編_時間割で見る対人援助のプロを目指す4年間

leaflet_syafuku1_01.jpg leaflet_syafuku1_02.jpg

精神保健福祉士編_時間割で見る対人援助のプロを目指す4年間

leaflet_syafuku2_01.jpg leaflet_syafuku2_02.jpg