社会福祉学科からのお知らせ

トピックス

高槻富田の「ただいま~と言える子どもたちの居場所をつくる」事業のお手伝い

本学社会福祉学科1年次生配当科目「コミュニティ活動論」の授業をご担当いただいている、大阪府高槻市の「一般社団法人タウンスペースWAKWAK」の岡本工介事務局長のご紹介で、本学社会福祉学科学生が、同法人の行っている様々なプログラムに参加させていただいています。

syafuku2017_n005.jpg

同法人は、「ただいま~と言える子どもたちの居場所をつくる」事業を始める準備を進められており、本学社会福祉学科学生も、平安女学院大学様の学生さんとともに、お手伝いをさせていただいています。

syafuku2017_n002.jpg

2017年度の事業開始のための一環として、2017年3月11日に『ただいま~と言える子どもたちの居場所をつくる-富田版「子ども食堂」「子どもたちの夕刻を支える場」立ち上げ講演会-』が実施されました。本学学生も当日の受付等の業務をお手伝いさせていただくとともに、講演会後に実施されたワークショップに参加し、地域の皆さんと一緒にやるべき課題や具体的事業などを一緒に考えました。

syafuku2017_n004.jpg

社会福祉というと高齢者・障害者・子どもなどの「施設」がイメージされがちですが、このように地域に根ざして、地域の人たち・ボランティア・行政・専門家などが連携して、人々の地域生活を支えるという「福祉の根幹部分」に1年次から触れることは、学生にとって、極めて大きな経験になると思います。

syafuku2017_n001.jpg

※今日はTV局の取材も入っていました。

syafuku2017_n003.jpg

//クロスドメイン用 /*通常コード */