社会福祉学科からのお知らせ

トピックス

きりんデイサービスセンターを見学および交流

2018年社会福祉学科での新しい取組として1年次生のFAクラスごとでの福祉施設見学会をおこなっています。

石川FAでは、「認知症の方の地域生活を支える」をテーマに7月に外部講師を迎えての勉強会をおこないましたが、これに引き続き、認知症対応デイサービスであるきりんデイサービスセンターを訪問、職員の方にお話を伺い、その後、音楽療法を通じての交流をおこないました。

ブログ①.jpg

まずは、同じ敷地内のミニホールをお借りして職員の皆さんから認知症の基礎知識や、デイサービスの役割、家族の方々への支援、きりんカフェ(認知症カフェ)を通じた地域との交流など、熱のこもった説明をうけました。

その後はいよいよきりんデイサービスセンターへ。本日は音楽ボランティアの方にもご協力いただいて、音楽療法を通じて交流。
音楽にあわせて手話にチャレンジしたり、利用者の方々とペアになって手遊びなどをおこないました。

ブログ⑤.jpg

IMG_1763.JPG

認知症の方との交流ははじめての学生がほとんどで、最初は少し緊張気味の様子でしたが、利用者の方から話しかけていただき、後半は利用者の方も学生も笑顔に。
高齢者福祉論の講義は2年次生でもあるので、ユニットケアって?地域密着型って?とまだまだわからないことも多いですが、笑顔での交流はその後の勉強に役立つことでしょう。

きりんデイサービスセンター及びせっつ桜苑の皆様、お世話になりました。