長友 愛さん

社会福祉学科

障がいのある方だけでなく、世の中で生きづらさを感じているすべての人が少しでも過ごしやすい社会を作りたい。

2015年度入学
大阪府・私立常翔学園高校出身

  • 社会福祉士
  • ボランティア
  • ガイドヘルパー

「人の役に立ちたい」からはじまった社会福祉への道

「人の役に立ちたい」と漠然と考えていた高校時代。
具体的に何になりたいかについては、インターネットの職業検索サイトで医療ソーシャルワーカーという仕事を知り、患者さまやそのご家族との相談や各種サービスや制度利用等の調整を行うなかで、心理的にも人を支えられる仕事内容から社会福祉士に関心を持ちました。
その後、医療ソーシャルワーカーというキーワードで大学を検索したところ、医療ソーシャルワーカーのコースを設けていたのが大阪人間科学大学でした。
高校の部活の先輩が大阪人間科学大学の社会福祉学科に通っていたこともあり、先輩から大阪人間科学大学は福祉に特化していること、実践的な授業が多いことなどを聞き、実際に自分でもオープンキャンパスに足を運んでみて先輩が言っていたことを実感し、受験を決めました。

入学して180度変わった社会福祉士のイメージ

入学して1年目の段階で社会福祉士のイメージがガラリと変化しました。
入学前は、社会福祉士の仕事である相談援助業務は相談者が来るのを待って、相談を受けてアドバイスをするというイメージで、その部屋の中ですべてが完結するものだと思っていました。
それが一転、入学直後の授業から相談者と向き合うときの目線、話し方、話の聞き方、言葉の選び方、自らが相談者に対して発言すること、行動することの一つひとつに意味がないといけないことを学びました。
相談者に対して批判はしない、受容すること、公私を一緒にしないこと、相談者からの発言に対して一個人としての反応をせず、社会福祉士としての別人格を形成して相談者と向き合わなければなりません。
実践的な授業が多く、自分の将来について1年次からじっくり考えるようになりました。

学外での活動を通して学んだこと、自分の中での変化

1年次から課外活動に参加している学生も多く、経験を積むために自分もそろそろ何かしないといけないと思い、2年次から課外活動に参加するようになりました。
「NPO法人み・らいず」でガイドヘルパーの資格を取得し、障がいのある方の外出をサポートするアルバイトでは利用者の方と一対一で一日を過ごす中でどのように気持ちを伝えるか、うまく意思疎通を図ることができなかった場合にどのようにコミュニケーションをとるのかを考えることができました。
外出なので楽しい時間を過ごして欲しいという気持ちと、公共の場でのマナーを意識して欲しいという気持ちとで悩むことや、意思疎通が難しく感じることもありましたが、自らも楽しみながら取り組むことができました。

3年次では、障がいのある方にヘアメイクやネイルを体験していただくイベントである「おしゃれセミナー」にボランティアとして参加しました。ヘアアイロンやハサミを置いておく場所を事前に決めて参加者の方がケガをされないようにしたり、楽しく過ごしてもらうために会場の雰囲気にも気を配りました。
普段ネイルやメイクなどをされない参加者の方が多かったため、目の前で変わっていくご自身の様子を見て喜ばれている姿からこちらまで幸せな気持ちになりました。

大学に入学して自分が変わったなと思うことは、自分から挑戦してみることが増えたことだと思います。入学当初は周りの友人の経験談を聞いてやってみたいと思いつつもなかなか自分ひとりで行動に移すことができなかったのですが、周囲で課外活動に参加している友人が多かったので、一緒にボランティアに参加をしたり、資格を取ったりしているうちに、今では自分ひとりでもやってみようと挑戦できるようになり、主体的に行動できるようになりました。

生きづらさを感じている人が少しでも過ごしやすい社会をつくりたい

卒業後は実習でお世話になった障がい者施設に就職をさせていただくことになりました。
その施設を希望したのは、実習を通じて施設を利用する利用者さんのために根拠、目的を持って取り組まれていること、その施設の方針が自分自身の考え方と合致していると実感したからです。
将来の目標は障がいのある方だけでなく、世の中で、生きづらさを感じている人が少しでも過ごしやすい社会をつくることです。
まずは、いま自分ができる目の前のことを、一つひとつ全力で取り組んでいきたいと思います。

CAMPUS LIFE SHOT!!

授業の合間は友人たちとほっとひといき。

友人たちと沖縄旅行。楽しかったです。

おしゃれセミナーにて。寄付や持ち寄ったネイルは種類も豊富。利用者さんにはネイルが一番人気でした。

MESSAGE

福祉なんて自分にできるかな・・・。と不安になる方も多いと思います。私も皆さんと同じように不安を持っていました。
進路は間違っていても修正できます!なので、自分の関心のある分野に飛び込んでみてください。福祉の仕事も知れば知るほど楽しいです。
皆さんのことをお待ちしています!!

※掲載情報は、取材時点の内容です。最新の情報と変わっている場合がありますのでご了承ください。