地域学術交流サロン

第30回 地域学術交流サロン(オンライン動画配信のお知らせ)

令和3年度の地域学術交流サロンは終了いたしました。

・メインテーマ

       非行の防止と青少年の健全育成
~青少年が犯罪・非行の加害者や被害者にならないために~

青少年を取り巻く環境は大きく変化しています。ネットをはじめとする有害な環境は多様化しており、家庭や地域のあり方も変化しています。青少年の様々な課題を早期に発見し、学校や地域にうまく適応できるようになるためには、身近な相談や対応が必要となってきます。また、学校、地域、市民団体、専門職の連携が不可欠となってきています。長年、非行防止・相談に携わってきた見地から助言・提案をいたします。

公開期間 令和4年3月5日(土)から3月31日(木)まで本ページにて公開
内容
「家庭や地域でできること」
大阪人間科学大学 心理学部 芹田 卓身 講師(元 埼玉県警察少年サポートセンター)
「非行の兆しはそこかしこに」
大阪人間科学大学 心理学部 大野 太郎 教授(元 法務省矯正局法務技官)
お問い合わせ先 大阪人間科学大学 「地域学術交流サロン」係
住所 〒566-0012 大阪府摂津市庄屋1丁目12番13号
TEL 06-6381-3000(代表)
FAX 06-6381-3502 Eメール ohs-jimu@kun.ohs.ac.jp