大学の目的・ポリシー

人材の養成に関する目的及び教育研究の目的

本学は、高度化複雑化少子高齢化の社会の中での人間の在り方を問い直し、理論科学と実践科学の統合によって、生活の質的向上の方途を探る新しい人間科学の展開を図り、課題解決能力と対人サービスの専門知識・技術を持つ人間味豊かな人材を育成して、社会福祉、医療福祉、子ども保育、健康心理、医療心理、理学療法領域の発展に貢献することを目的とする。(学則第1条第1項)

人間科学部

人間性豊かな幅広い知識を持った対人援助の専門職業人の育成を目指して、教育研究を行う。

社会福祉学科

地域社会における人々の複雑な生活課題を解決・和らげる多様な支援方法を身に付けた福祉の専門職の育成を目指して、教育研究を行う。

医療福祉学科

健康や生活に支障がある方を対象に、その人らしい健やかな生活が送れるように支援できる対人援助職の育成を目指して、教育研究を行う。

介護福祉専攻
介護が必要な人の尊厳と生活を支える介護実践能力や専門職業人として研鑽し続ける能力を身につけた介護福祉士の育成を目指す。
視能訓練専攻
視覚に関する専門知識と技術を身に付け、子どもから高齢者まで広い世代の視点に立って物事を考えられる視能訓練士の育成を目指す。

子ども保育学科

子どもの心と身体を育む理論に基づいた実践力と提案力に裏打ちされた強い信念を持つ保育士・幼稚園教諭の育成を目指して、教育研究を行う。

健康心理学科

心理学の学びを通じて、人々の健康づくりと健全な地域づくりに貢献する専門職の育成を目指して、教育研究を行う。

医療心理学科

人間の発達における障がいやコミュニケーション障がいを心理学に基づき支援できる対人援助力のある専門職の育成を目指して、教育研究を行う。

臨床発達心理専攻
人間の発達や人生の様々な段階での問題とその対応策を学び、教育現場や施設で心理的な援助ができる専門職の育成を目指す。
言語聴覚専攻
コミュニケーション障がいと向かい合う方々やその家族に対し、よりよいサポートができる言語聴覚士の育成を目指す。

理学療法学科

理学療法に関する専門知識と技術を身に付け、幅広い年齢層や疾病の重度化・重複化に対応できる実践能力を備えた理学療法士の育成を目指し、教育研究を行う。

大学院人間科学研究科

大学院は、人間科学における科学的知見と臨床的実践力を通して人びとの心身における健康の回復、維持、および増進に寄与しうる専門家の育成を目的とする。

3つのポリシー

本学では教育理念として「建学の精神『敬・信・愛』を継承し、自立と共生の心を培う人間教育を行う」ことを掲げています。3つのポリシーを基に、社会で活躍する人間性豊かな人材を育てていきます。

人間科学部

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

  1. 社会で活躍・貢献しうる職業人として、人間・社会への幅広い理解を踏まえた専門的な知識・技術を身に付ける。
  2. 自立した自己と他者への寛容さに根ざした、実践的な課題解決能力とコミュニケーション能力を身に付ける。
  3. 共生社会の実現を目指し、チャレンジ精神を持った豊かな人間性を身に付ける。

社会福祉学科

  1. 個人の幸福の追求を支える、誰にとっても生きやすい社会の幸福を追求し、人間の尊厳や共生社会などの価値を踏まえて自ら行動する「福祉マインド」を身に付ける。
  2. 社会福祉制度を活用した相談援助活動の中で、社会福祉が実現すべき価値・理念が提起できるよう、「ソーシャルワーカー(社会福祉士・精神保健福祉士・スクール―ソーシャルワーカー)として求められる能力」を身に付ける。
  3. 社会の公共的課題解決に向けて、さまざまな活動に積極的に参加し、多様な価値観のもとで連携を進められる「市民性」を身に付ける。

医療福祉学科 介護福祉専攻

  1. 本学の「敬・信・愛」の精神に則り、介護の専門職として高い倫理観と専門的知識・技術を身に付ける。
  2. 共生社会の実現を目指し、チャレンジ精神と行動力、豊かな感性を身に付ける。
  3. 時代のニーズに応えるリーダーとして、必要な専門的能力と多職種との連携・調整能力を身に付ける。

医療福祉学科 視能訓練専攻

  1. 医療技術者としての豊かな人間性や倫理観を身に付ける。
  2. 視能訓練士として必要な基礎的知識と専門技術を修得している。
  3. 自分の専門性を活かし、人や社会に貢献したいという強い意欲を有している。

子ども保育学科(※平成29年4月子ども福祉学科から名称変更予定)

  1. 人の育ちに必要となる知識や技能に関する確固たる基礎基本を獲得している。
  2. 人が育つ環境を対話や体験に基づき創造できる力を身に付ける。
  3. 実践や体験を、自分の言葉で客観的に伝えることのできる力を身に付ける。
  4. 「子どもの最善の利益」を追求し続ける精神を獲得している。

健康心理学科

  1. 自分自身や他者の健康の維持・増進に貢献できる心理学や健康科学の知識と能力を身に付ける。
  2. 実践的な課題解決能力とコミュニケーション能力を身に付ける。
  3. 自分で設定した課題を科学的視点から総合的にまとめる能力を身に付ける。
  4. 対人援助の専門職業人として幅広い知識と技能を身に付ける。
  5. 専門性を広げるための健康・行動科学の基礎学力と技能を身に付ける。

医療心理学科 臨床発達心理専攻

  1. 人間の発達や人生の様々な段階での問題とその対応策を身に付ける。
  2. 広い教養や深い体験を有し常識に基づく人間力を身に付ける。
  3. 学修の成果を研究活動として結実させる力を身に付ける。
  4. 大学院での専門職教育や現場での専門実務経験を受けることのできる知識を有している。

医療心理学科 言語聴覚専攻

  1. 言語聴覚士としての基本的技術を修得している。
  2. 医療人としての倫理を身に付ける。
  3. 現状に満足することなく、常に自らの知識や技術を向上しようとしている。

理学療法学科

  1. 本学の教育理念を基盤として、社会で活躍・貢献しうる理学療法士となれるよう、理学療法学の専門的な知識と技術を身に付ける。
  2. 専門的な対人援助職である理学療法士の業務ができるように、実践的な課題解決能力とコミュニケーション能力を身に付ける。
  3. 学内演習や臨床実習を通して、チャレンジ精神を持った人間性を築き、実践的で科学的な理学療法士の能力を身に付ける。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

大阪人間科学大学は、「『自立』と『共生』の心を培う人間教育」を教育の理念とし、「人間性豊かな幅広い知識を持った対人援助の専門職業人」を育成するために、意図をもってカリキュラムを編成しています。

  1. 人間・社会への幅広い理解と、その中で自らの果たすべき役割を認識できるように、人間科学の学際的特徴を活かした基礎科目を設置している。
  2. 対人サービス分野で将来活躍できるように、資格取得に軸をおいた充実した学科専門科目を設置している。
  3. 基礎学力から専門的技術までを着実に身に付けられるように、1-4年次を通してのゼミ配置など少人数教育を重視している。
  4. 課題解決能力・コミュニケーション能力を身に付けられるように、演習・実習を中心とした実践的な教育を重視している。

社会福祉学科

  1. 「福祉マインド」「社会福祉学固有の能力」「市民性」を身に付けるために、文献読解や支援技術の修得に特化した少人数制の演習を全学年に、あるいは実習科目を高学年に設置して、自己覚知や他者理解を含めた内面的成長までも視野に入れて科目を編成している。
  2. 社会の変化の中で生じている多様な自立の困難を示す課題に対して、個別具体的な援助や、地域や社会における新たな資源の開発をおこなうため、国家資格などの指定科目を通じて社会福祉制度に貫かれる目的や価値を検証する。それらを通して、社会福祉で実現すべき価値が提起できるよう、その力を養成できる科目を編成している。
  3. 「福祉マインド」を持った市民として、個人の尊厳や多様性を尊重しつつ、社会の連帯に基づいた共生社会の実現に貢献できることを目指すために、必要な基礎が修得できるよう科目を編成している。

医療福祉学科 介護福祉専攻

  1. 本学の教育理念を基盤にして、人間性豊かな幅広い知識を持ち、多様な介護現場で中核となって活躍できる介護福祉士を育成するために、資格指定科目の履修に加えて、将来の目的を持った積極的な学びに応えるカリキュラムを編成している。
  2. 対人援助職として課題解決能力・コミュニケーション能力を身につけるため、演習・実習を中心とした実践的で科学的根拠に基づいた教育を重視している。
  3. 地域活動やフィールドワークを通して、自ら課題を発見し解決する方法を学び、他者と協働し行動する力を養う教育を行っている。

医療福祉学科 視能訓練専攻

  1. 指定規則における「基礎分野」では、医療の現場で働く専門職業人として必要な基礎的知織や豊かな人間性を身につけることを目的とした科目を学習する。
  2. 指定規則における「専門基礎分野」では、視能学を総合的に学習する科目を積極的に1年次より設置して早期教育を図り、視能訓練士としての専門基礎を繰り返し学習できるよう科目を設置している。
  3. 指定規則における「専門分野」では、医療従事者としての知織の取得や専門職への意識形成を目指して「視能学実習Ⅲ・Ⅳ」の臨地実習を行う。また、科学的な目を持って医療に従事するため、少人数での研究活動や体験学習を通して教育指導を行う「医療福祉学演習Ⅰ・Ⅱ」の科目を設置している。

子ども保育学科

  1. 保育者として求められる基礎基本を培う理論系の専門科目に関しては、学修効果が最適となるよう配当年次を考慮して設置している。
  2. 保育者としての実践的指導や援助方法を身につけるための保育内容系科目、また技術系科目を少人数の演習形態で設置している。
  3. 保育実習や教育実習等の学外実習指導を段階的、計画的に実施し、その事前事後指導の充実をはかる科目を設置している。
  4. 基礎的技術と理論の学修を交互に実施し、学修した基礎的技術に基づき理論を学修できる、そして学修した理論から基礎的技術を更に高めていく、こうした往還的な学修が可能なカリキュラムを編成している。
  5. 保育実践の中で学修した知見や課題を、学習者相互で学びあうことができる科目を編成している。

健康心理学科

  1. 学際的に幅広く学び、心理学的な視点と思考力を身につけるための講義・演習を中心としたカリキュラムを編成している。
  2. 科学的方法論を学び、実践的な課題解決能力とコミュニケーション能力を身につけるための現場に即した学内・外実習を設置している。
  3. 対人援助職に必要な基礎から専門的知識までを着実に身につけられるように、少人数教育を重視する。
  4. 公認心理師を目指す人、教職を目指す人、心理系資格取得を目指す人などのために、各種資格取得可能な科目を設置している。

医療心理学科 臨床発達心理専攻

  1. 発達的、生物学的、社会文化 の3領域からなる心理学をきちんと修められるカリキュラムを編成している。
  2. 研究手法や臨床技能の修得を目標とする実験・実習カリキュラムを重視している。
  3. 理論的観点と臨床的観点を統一していく学内・学外実習を用意している。
  4. 公認心理師資格を目指す人のために資格取得可能なカリキュラムを編成している。

医療心理学科 言語聴覚専攻

  1. 人間の理解や思考力を学ぶ分野では、対人援助職としての必要な心理学や医療人としての科学的思考力を身につける科目を設置している。
  2. 言語聴覚士としての土台となる分野では、言語聴覚障害および言語聴覚療法を学修する上で基礎となる知識や医療人としての倫理を学ぶための科目を設置している。
  3. 言語聴覚士としての実践となる分野では、さまざまな言語聴覚障害の原因や症状、さらには評価・治療法を修得する科目を設置している。また、これら大学で学んだ知識や技術を実際の臨床の場で活かすための臨床実習を設置している。

理学療法学科

  1. 本学の教育理念を基盤にして、リハビリテーションの概念における理学療法士の役割を認識でき、倫理感を涵養できるように、人間科学の学際的特徴を活かした基礎科目を設置している。
  2. 理学療法士とアスレチック・トレーナーの二つの資格取得に軸をおいた学科専門科目を設置している。
  3. 理学療法士に必要な基礎的知識から専門的技術までを着実に身に付けられるように、1・2年次はFA演習設置、3・4年次はゼミ配属とし、少人数教育を重視している。
  4. 学内演習や臨床実習では、理学療法の対象者(幅広い年齢層、疾病の重度化と重複化)を理解するとともに、コミュニケーション能力・課題解決能力・強い責任感を身に付けられる実践的な教育を重視している。

アドミッション・ポリシー (入学者受入方針・求める学生像)

本学では「建学の精神『敬・信・愛』を継承し、自立と共生の心を培う人間教育を行う」を教育理念とし、「社会で活躍しうる、人間性豊かな幅広い知識を持った対人援助の専門職業人の育成を使命とし、実践的な専門知識・技術のみならず、課題解決能力やコミュニケーション能力など、社会人としての基礎力を兼ね備えた人材を育成する。」を教育目標としています。 これを実現するために、"求める学生像"と"高等学校で身に付けておくことが望ましい素養と履修すべき科目"を公表し、入学後の教育との関連性を十分に踏まえた選考(テスト、面接等)を行うことにより、受験者の主体的な意欲を重んじつつ能力・適性を多面的に評価します。

求める学生像
  1. 好奇心が強く、自ら学ぶ意欲と向上心をもっている人
  2. 異なる意見にも耳を傾け、豊かな人間関係が作れる人
  3. 体験することの重要性を認識し、積極的に社会参加する人
  4. 本学で学ぶことを強く希望し、将来、「福祉・介護」「保育・幼児教育」「心理・特別支援教育」「医療技術・リハビリテーション」などの分野で活躍したいと考えている人
高等学校で身に付けておくことが望ましい素養と履修すべき科目
  1. 対人援助の専門職を目指す上で必要となるコミュニケーション能力を有していること
  2. 上記のコミュニケーション能力の基礎となる語学力(国語力)を有していること
  3. 論文・レポート・実習日誌などを作成するための表現力の基礎や、専門書などの文献の読解力の基礎を身に付けておくことが望ましいので、高等学校での国語全般にわたり、十分な基礎学力を有していること

各学科・専攻の求める学生像

社会福祉学科
  1. 一人ひとりの住民と、その人々を取り巻く生活環境との間で生じる生活課題を解決するための基盤となる、福祉に関する基礎知識あるいは社会の問題を読解する力を身に付けようとする人
  2. 多様な個人の幸福の追求を支える、誰にとっても生きやすい社会の幸福とは何かを考え、考えた結果を他者に伝える力を身に付けようとする人
  3. 自らの知識技術だけでなく人間性も活かして支援を行う意欲と、地域社会あるいは他者へ貢献する意欲を持つ人
  4. 将来、社会福祉士、精神保健福祉士、スクールソーシャルワーカー資格の取得を希望し、福祉の専門職として活躍する意欲を有する人
医療福祉学科 介護福祉専攻
  1. 知的探求心に富み、自ら学ぶ意欲を持ち、人とかかわることが好きな人
  2. 介護を必要とする人々や、それを取り巻く環境のあり方に深い興味・関心を持っている人
  3. 将来、介護福祉士として介護福祉・保健医療の現場で活躍したい人
医療福祉学科 視能訓練専攻
  1. 建学の精神「敬・信・愛」に賛同し、視覚のスペシャリストである視能訓練士になるという強い意欲を有する人
  2. バランスのとれた基礎学力を有する人
  3. 思いやりの気持ちがあり、人や社会の役に立ちたいと強く思う人
子ども保育学科
  1. 人間に対する深い愛情に基づき、また言語的コミュニケーションを大切にしながら、自己理解及び他者理解を深めていける人
  2. 子どもを取り巻く環境に強い関心をもち、保育・幼児教育に関する専門的知識や保育技能を学修し、将来、保育、幼児教育等、子どもに関する職業に就きたいと考えている人
  3. 人間そのものや人間の育ちを科学的に理解しようとする態度を身に付けようとしている人
  4. 人のために労を惜しまず、自ら主体的に動くことができ、広く社会に貢献したいと望んでいる人
健康心理学科
  1. 人々の健康の維持・増進に関心を持ち、健康心理学を学ぶことを強く希望している人
  2. 可能性・視野をひろげたい人
  3. 教職、公認心理師を目指して専門的技能修得に努力する人
医療心理学科 臨床発達心理専攻
  1. 医療、福祉、発達領域における心理学の学びに意欲と向上心を持っている人
  2. 人間力を育てるために幅広い教養や体験を尊重する人
  3. 「公認心理師」という対人援助職を目指して専門的技能修得に努力する人
医療心理学科 言語聴覚専攻
  1. 言語聴覚士の仕事を理解し、言語聴覚士になるための強い意志と意欲を有する人
  2. 自ら学び、向上していこうとする意志を絶えず持ち続けることができる人
  3. 他者の意見に耳を傾け、理解する態度を持てる人
  4. コミュニケーションに困難を持つ人たちの考えや気持ちを察することができる人
理学療法学科
  1. 建学の精神「敬・信・愛」に賛同し、自ら学ぶ意欲と向上心を持っている人
  2. 本学科で学ぶことを強く希望し、将来、理学療法士の国家資格を取得して、保健・医療・福祉の幅広い領域において専門職として活躍したいと考えている人
  3. 異なる意見にも耳を傾け、互いに理解し合う人間関係が作れる人
  4. 体験することの重要性を認識し、自らが積極的に社会参加する人

大学院人間科学研究科

ディプロマポリシー

人間科学の諸領域における研究と実践に関する単位を修得したものについて、個々の専門領域の指導教授のもとに研究テーマを設定および計画をし、所定の様式で修士論文を著し、最終試験に合格したものに修士(人間科学)の学位を授与する。

心理学専門職コース

臨床発達心理学の高度な学識を有し、理論のみならず臨床における実践力を形成するとともに深い人間性に基づいた人間理解ができることを修了条件とする。
「高度な学識」とは、臨床発達心理学の専門的知識と関連学問領域における豊富な知見を持ち、科学性をもとにした研究成果を示せる能力を有することであり、「理論と臨床的実践力」とは、人びとの心身の発達を支援するためのアセスメント、カウンセリング、関連機関との連携を有効に行える理論と実践的な資質を有することであり、「深い人間性に基づいた人間理解」とは、対人支援に必要な共感力、コミュニケーション力、多面的及び全人格的視野に基づいた他者理解のスキルを有することである。

心理学総合コース

健康心理学、医学、精神保健学、看護学、教育学などの健康に関連する学問領域への幅広い知見と実践力を持ち、蓄積された研究を更に深めることで、研究成果を社会に示し貢献する能力を有していることを修了条件とする。
「健康に関連する学問領域への幅広い知見」とは、健康心理学と関連学問領域の関係性を理解し広範な知識を応用する科学的視野を有することであり、「実践力」は健康教育活動に従事し社会に寄与しうる対人支援のスキルを有することであり、「研究成果を社会に示し貢献する能力」とは、自らの創造性と知識をもとに見出した研究成果を社会において応用実践する能力を有することである。

カリキュラムポリシー

人間科学に関する幅広い領域における知識の習得と実践活動を通して、研究を継続できる力を養い、個々の専門領域における高度な知識と実践力を修得し、社会に役立つ専門性の獲得ができるように教育課程を構成している。

心理学専門職コース

公認心理師として社会貢献ができる幅広い知見と臨床的スキルを高めることを目的に、心理学の専門領域の講義に加えて、実践力を養う実習・演習科目を設けている。

心理学総合コース

心理学、医学、精神保健、看護、教育などの関連領域における応用的研究を深めることを目的に、心身の健康の回復、維持、そして増進のための健康教育を実践することができる専門的教育課程を編成している。

アドミッション・ポリシー(本研究科が求める人物像)

  1. 心理学に関連する基礎知識と十分な基礎学力及び社会人基礎力をそなえている者。
  2. 人びとの健康の回復、維持、そしてその増進に寄与する志向を持つ者。
  3. 研究を実践に活用して社会に貢献する意欲を有している者。

心理学専門職コース

対象とする(求める)人物像

行動科学の深い知見と実践力を通して、人びとの健康の回復、維持、そして増進を担うことを目指す意欲のある人を求めます。
将来は公認心理師資格を取得し、心理カウンセリングの技法はもとより認知行動療法、応用行動分析、ストレスカウンセリング、解決志向アプローチなどのセラピーに通じた心理学専門職として社会貢献することを目指してください。
なお、大学における心理学関係学科の勉学を修めた人が望ましいと考えています。

心理学総合コース

対象とする(求める)人物像

看護師、保健師、教員、その他人びとの健康に関連する現場において、すでに活躍していて対人援助のスキルアップを目指す人や、心理学の研究を継続したい人を求めます。
人びとの活動に対する視野を広げて業務実践に役立つための研究力を高めたいという方に目指して欲しいと考えています。