学修成果の評価方法

学修の成果に係る評価及び卒業又は修了の認定に当たっての基準
(必修・選択・自由科目別の必要単位修得数及び取得可能学位)

人間科学部

本学における卒業要件単位数(卒業するために必要な単位数)は、124単位となっています。
ただし、学科ごとに必修科目の数が異なっています。 課程表

各科目とも100点を満点として60点以上を合格とし、59点以下を不合格とします。
成績評価は、S(100~90点)、A(89~80点)、B(79~70点)、C(69~60点)、D(59点以下=不合格)の評語によって示されます。

なお、成績評価においては、GPAにより客観的な指標を設定しています。成績評価の基準に対してGPを与えることとしており、「S」は4、「A」は3、「B」は2、「C」は1、「D」は0とし、その数値の平均により算出しています。(素点で評価されない授業科目についてはGPを算出せず、GPA対象外としています。)

なお、GPAの計算式は以下のとおりです。

GPAの計算式

取得可能学位は、以下の通りです。

社会福祉学科学士(社会福祉学)
医療福祉学科学士(医療福祉学)
子ども保育学科学士(子ども保育学)
健康心理学科学士(心理学)
医療心理学科学士(医療心理学)
理学療法学科学士(理学療法学)

大学院人間科学研究科

修了要件は、2年以上在籍し、30単位以上を基準点以上で修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、修士論文の審査に合格することとなっています。

概論科目 主として選択する領域から4単位及び他領域の人間科学概論から4単位 8
特論科目 主として選択する領域から2単位 2
研究演習科目 主として選択する領域から8単位必修 8
その他 特論科目及び共通領域科目から12単位 12
合計単位数 30

各科目とも100点を満点として60点以上を合格とし、59点以下を不合格とします。
成績評価は、S(100~90点)、A(89~80点)、B(79~70点)、C(69~60点)、D(59点以下=不合格)の評語によって示されます。

なお、成績評価においては、GPAにより客観的な指標を設定しています。成績評価の基準に対してGPを与えることとしており、「S」は4、「A」は3、「B」は2、「C」は1、「D」は0とし、その数値の平均により算出しています。(素点で評価されない授業科目についてはGPを算出せず、GPA対象外としています。)

なお、GPAの計算式は以下のとおりです。

GPAの計算式

取得可能修士は、以下の通りです。

人間科学研究科修士(人間科学)