大阪人間科学大学 学長ブログ

新着
アーカイブ

【対面授業一部開始】

2020年6月19日

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言も解除され、6月からは学内入構全面禁止を原則禁止に緩和し、15日からは一部科目ではありますが、対面授業を開始しました。徐々にではありますが大学に活気が戻りつつあるように感じます。

対面授業の一つに1年次生対象のFA演習があります。1年次生にとっては初めての学内入構となり、期待と緊張の登校だったと思います。また、2年次生以上の学生にとっても久々の学友との対面でお互い勇気づけられたと感じています。

特に1年次生にとっては初めての学生生活で、大学になじむだろうか?親しい友人はできるだろか?と考えながらの登校でしょう。

FA演習ではクラス単位での実施や、最初は学科合同で行ったところもあります。私も16日には心理学科、18日には言語聴覚学科の合同実施に招待され、プレ入学式の形態で、式辞として、1年次生への歓迎の言葉と、今後の大学での学修や活動に期待してエールを送りました。マスク越しで顔をはっきりとは見ることはできませんでしたが、皆さんの眼差しから学生生活に希望を抱いているように思え、ホッとするとともに嬉しい想いがこみ上げてきました。

感染防止の観点から、3密を避けるために未だ不自由な日々が続きますが、学生の皆さんと我々教職員一同が頑張って、この困難を乗り越えて行きましょう。



○第1回SA(ステューデント・アシスタント)研修会実施 6月16日

3,4年次生の希望者の中から選考されたSA(ステューデント・アシスタント)は本来なら4月当初に委嘱し、1年次生の履修指導や、後輩学生たちの学習相談などを実施していますが、入構制限のため学内研修が実施できず、16日にやっと最初のSA研修会が開催され、私から今年度の委嘱状手交を行いました。

今年度は対面指導が実施できない中で、委嘱前ではありながら、SAの皆さんがSNSを通じた献身的な活躍で、不安を抱えた1年次生の履修指導などに救世主としての働きなど、大いに成果をあげていただき感謝しています。中には、900ツイートを超える相談をツイッターで受け付け、多くの1年次生が救われました。

未だ制限のある中ではありますが、本学学生の学習の相談相手として、今後とも一層の活躍を期待していますので、よろしくお願いします。


緊急事態宣言の発令を受けて

2020年4月16日

 新入生及び在学生の皆さん、今般の新型コロナウイルス感染拡大の危険回避のため緊急事態宣言が発令され、国や大阪府による大学の休業要請がなされたことを踏まえ、4月15日(水)から学内への入構が禁止となりました。

 そのため、対面授業を実施することができず、4月27日(月)からWeb授業で対応することになりました。さらに、履修指導のオリエンテーションも登校による実施は叶わず、新入生をはじめ学生の皆さんにはご不便をおかけし申し訳ありませんが、ともに頑張り、この苦難・危機を乗り越えたいと考えております。

 現状の感染拡大が改善されれば、5月11日(月)から対面授業の開始を予定していますが、未だ予断が許されず今後の動向が不明な状況にあります。残念至極でありますが、できるだけ早く状況が改善し、対面授業が開始できることを願っております。

 このような中で学生の皆さんは、外出自粛要請に伴い、身体面、精神面、経済面等で苦痛を感じておられることとお察しします。早期の状況改善で、学生の皆さんが本学のキャンパスや教室に笑顔で登校されること、特に新入生は初めての登校を、教職員一同心待ちにしており、笑顔でお迎えしたいと強く思っています。お互いこの難局にくじけることなく、授業開始に向けて頑張りましょう。




campus202004.jpg




入学生への学長メッセージ

2020年4月 1日

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

 今般の新型コロナウイルス感染症の流行に当たって、本日予定していました入学宣誓式を中止せざるを得なくなり、さらに、授業開始も当初予定の4月6日から20日に延期となり、本学での大学生活を楽しみにしておられた新入生の皆さんには申し訳なく思っている次第であります。

 しかしながら、未だ予断が許されず今後の動向が不明な状況にあり、残念至極でありますが、できるだけ早く、状況が改善し授業を開始できることを願っております。

 このような中で新入生の皆さんにメッセージとして式辞を贈らせていただきます。なお、式辞を下記の通り、書面で行わざるを得なくなったことをお詫びいたします。

令和2年度 入学宣誓式 式辞

 暖かい春の日差しの中、桜の花も新入生の皆さんを祝福するかのように満開間近の今日の良き日に、晴れて大阪人間科学大学ならびに大学院に入学された皆さん、ご入学おめでとうございます。希望に満ち溢れ、前途洋々な皆さんの入学を、私たち教職員一同、心から歓迎いたします。

 並びに、本日まで新入生の皆さんの成長を温かく見守り、勉学を支え続けてこられた、ご家族はじめ関係者の皆さまにも、心からお慶びを申し上げます。

 新入生の皆さんは、今、大学生、大学院生として新たな期待をもって入学されたことと思います。そこで、まず皆さんが入学された大阪人間科学大学についてお話しいたします。

 本学は、人間をさまざまな角度から見つめ、科学的に探求することを目的として、今世紀の始まりの平成13年(2001年)に1学部2学科構成で開学されましたが、その後、学科の増設や改編、大学院 人間科学研究科が設置され、多くの卒業生、修了生を社会に送り出しており、今年入学された皆さんは第20期生(大学)になります。

 本学の運営母体である学校法人薫英学園は、昭和6年(1931年)に設立され、今年で創立89周年を迎える伝統ある学園で、その建学の精神は「敬・信・愛」です。すなわち、人を尊敬し、信頼し、愛するとともに、人からも尊敬され、信頼され、愛される人間の育成を謳っています。本学は学園の建学の精神を継承し、自ら考え行動する「自立」と他者を思いやる「共生」の心を培う人間教育を教育理念としています。

 21世紀における少子高齢化が急速に進む我が国にあっては、人間一人ひとりを大切にするための「心の豊かさ」が、ますます求められる社会になっています。本学はまさにその需要に応え、これからの時代を支え、チーム支援をリードする「対人援助の専門職業人」を目指す学生の、「成長に、本気。」をスローガンに、本年度から人間科学部(社会福祉学科、医療福祉学科、子ども保育学科)、心理学部(心理学科)、保健医療学部(理学療法学科、作業療法学科、言語聴覚学科)の3学部7学科体制となり、日本の課題に挑戦する「対人援助の総合大学」として、福祉や教育、心理、医療の分野における有為な人材の育成を目指しています。

 皆さんには、まわりを思いやる「やさしさ」を大切に、人間性を磨き、それぞれの学科において、専門知識と技術をしっかりと身に付け、本学での多くの新しい出会いとともに、何事においても積極的、主体的に取り組むことで、楽しく実り豊かな学生生活を歩み、立派に成長して、これからの日本を支える人材となってほしいと願っており、教職員一同、皆さんの「成長に、本気。」に全力で取り組んでいく決意であります。

 近年、若者のコミュニケーション能力の不足が指摘されています。将来、職場や地域社会でチーム支援をリードする「対人援助の専門職業人(プロフェッショナル)」としての活躍が期待される皆さんには、卒業や修了、資格取得のための勉強だけでなく、コミュニケーション能力など、これからの人生で身に付けるべきものについてもぜひ考えてください。そのためには、先生や先輩そして仲間たちからの意見を聞くことが必要です。

 皆さんには、専門知識とスキルをしっかりと身に付けていただくとともに、建学の精神や教育理念への理解を深め、本学の学生にふさわしい行動をしていただきたいと考えています。

 大学とは、皆さんが夢を見つけ、育み、実現するところです。本学では、教職員と学生間の距離が近く、私たち教職員一同は皆さんを応援するため最大限の努力をいたしますが、皆さんの夢を実現する主役は、あくまでも皆さん自身であることを認識し、自分を磨き自分の「成長に、本気。」で取り組んでいただきたいと考えています。

 さらに、皆さんをこれまで物心両面に温かく支えてくださっているご家族をはじめ関係の皆さまへの感謝の気持ちを忘れずに、これからの学生生活を送っていただきたいと強く願っています。

 まとめになりますが、皆さんと私たち教職員一同が協働で全力を尽くし、充実した学生生活を過ごすことで、大阪人間科学大学と皆さんの新たな輝かしい未来を、共に創っていこうではありませんか。以上、皆さんへのお願いと期待をこめて、私の式辞といたします。

令和2年4月1日

大阪人間科学大学 学長 田中 保和