大阪人間科学大学 学長ブログ

新着
アーカイブ

大学内外での取り組み!

2017年12月 6日

寒さが日に日に深まる11月後半から、12月初旬までの取り組みを報告します。



〇11月22日 「吹田市教育委員会との連携協定調印式」 (当日の様子はこちら

このたび、吹田市教育委員会と本学が相互に連携協力し、教員およびスクールソーシャルワーカー等の養成の充実及び教職員の資質の向上を図るとともに、教育上の諸課題等に適切に対応することにより、吹田市の教育及び本学における教育・研究の充実、発展に資することを目的として、吹田市教育委員会と連携協力に関する協定を締結しました。

今後、次のような項目について、相互に連携協力を図っていきます。

(1) 学校現場のニーズに応える教員及びスクールソーシャルワーカー等の養成の推進に関すること。

(2) 教職員の資質向上のために必要な研修の推進に関すること。

(3) 本学の学生による吹田市教育委員会の所管する学校の教育活動の支援の推進に関すること。

(4) 教育上の諸課題に係る研究の実施に関すること。

(5) その他双方が必要と認めること。

旧知の梶谷教育長と協定を結べたことは感慨深い想いです。

20171206_gakucho01.jpg
<連携協定締結時の様子>
(左:大阪人間科学大学 学長 田中保和  右:吹田市教育委員会 教育長 梶谷尚義)



〇11月26日 「女子バスケットボール部皇后杯」 (当日の様子はこちら

女子バスケットボール部の第84回皇后杯全日本バスケットボール選手権大会 3次ラウンド(会場:堺市金岡公園体育館)の応援に行きました。
前日の25日(土)は大阪人間科学大学◯70-58●日立笠戸(山口県)で勝利し、当日は日本リーグ(WJBL)の強豪チームデンソーとの対戦です。相手選手の高さやスピードでは一枚も二枚も上のチームに臆せずに全力を尽くしましたが、大阪人間科学大学●49-88◯デンソー(WJBL) と敗北しました。
しかしながら、選手達の最後まで諦めない頑張りに拍手を送りました。お疲れ様でした。次に繋がる経験だったと感じました。

20171206_gakucho02.jpg



〇11月30日 「学術研究懇談会」

下記の内容で学術研究懇談会が実施されました。

大阪人間科学大学 第15回『学術研究懇談会』 【研究発表順】

1.医療福祉学科介護福祉専攻 助教 水谷 真弓
   「仕事と介護の両立に向けて-介護離職の実態とその対策に関する研究」

2.医療福祉学科視能訓練専攻 准教授 丸山 亜実
   「弱視早期発見啓発活動の報告」

3.医療心理学科臨床発達心理専攻 准教授 東 千冬
   「クライエントの状態像に合わせた心理療法の効果的な活用」

4.医療心理学科言語聴覚専攻 助教 岡 孝夫
   「7番染色体長腕部一部欠損による重度精神遅滞児の食行動の質的分析」

4名の先生方の研究発表を通じて、学科・専攻の異なる教員や職員の相互理解が深まったと感じました。



〇12月2日 「介護福祉専攻ホームカミングデー」

正雀学舎に介護福祉専攻(介護福祉コース、介護福祉領域)の卒業生40名以上、在学生も併せて80名を超える参加者が集まり、ホームカミングデーが実施されました。懐かしい中井先生をはじめ先生方や非常勤講師の先生方、福祉事業団の方々なども参加され賑やかに執り行われました。
1部は私の挨拶の後、武田専攻主任の基調講演を皮切りに、4つの分科会に別れ、それぞれの課題について活発な意見交換を行い、その後集合し、全体会で各分科会の発表(卒業生から報告:10分)、キャリアセンター、入試広報センター、介護の風プロジェクト「島留学を体験して」の報告を行い、校友会挨拶と2部の交流会の案内が行われました。
2部では庄屋学舎の食堂に場所を移し、校友会主催の交流会が行われました。私も参加させて頂き、卒業生と先生方との食事をしながらの歓談、また、卒業生の歌手「花柄ランタン」さんの声量豊かで澄んだ歌声を聴きながら和気あいあいと楽しいひとときが過ぎました。
校友会の役員の皆様のお世話本当に有り難うございました。


人科祭(大学祭)以降の1ヶ月間の取り組み!

2017年11月21日

本学の大学祭「人科祭」以降の10月後半から、11月前半の取り組みを報告します。


〇10月21、22日 人科祭(大学祭)

待ちに待った「人科祭」(大学祭)は生憎の大型台風の影響で、2日目の途中で中止になってしまいました。
初日は雨にも負けずに「模擬店」が学生達の熱気で盛り上がっていましたが屋外のイベントは早めに終了、さらに残念なことに2日目は午後に暴風警報が発令され、その後「人科祭」は中止となりました。
しかし、メインイベントであった東京から招いた2名の声優による「芸能ライブ」には、全国各地から200名を超える観客が入り盛り上がり、なんとかやり遂げることができました。これは「学友会大学祭実行委員会」の学生を始め、多くのスタッフの皆さんの尽力のおかげです。感謝申し上げます。

その中で、21日の午後には「子ども保育学科のホームカミングデー」で卒業生が集まり、夕方には校友会主催の「6期生懇親会」が開催され、私と原田副学長も参加し、6期生の在学時代の話で盛り上がりました。

20171121_gakucho01.JPG



〇10月22日 女子バスケットボール部関西リーグ優勝 (当日の様子はこちら

台風の影響で試合時間を早めに変更して二次リーグ最終戦が実施されました。
残念ながら現地での応援は叶わなかったのですが、一次リーグで敗れた宿敵大阪体育大学に87-66で勝利し、リベンジを果たしました。得失点差で上位となり、優勝を勝ち得ることができました。本当におめでとうございます。日々の努力の賜物だと信じています。
今後、11月25日を皮切りに、皇后杯全日本バスケットボール選手権大会や全日本大学バスケットボール選手権大会(昨年3位)が予定されています。全国レベルでの活躍に向け、選手達は日々の厳しい練習に打ち込んでいます。その成果が現れる結果を楽しみにしています。

20171121_gakucho05.JPG

20171121_gakucho04.JPG

20171121_gakucho06.JPG



〇10月24、25日 認証評価実地調査

大学の質保証の観点から、すべての大学に対して、7年ごとに「日本高等教育評価機構」が各大学から提出された「大学機関別認証評価」のための「自己点検評価書」に基づき行う実地調査が、本学には2日間にわたって実施されました。 基準項目ごとの教職員への面談や在学生の意見を聴く面談、さらに学内視察が無事滞りなく行われました。
大学の教職員をはじめ在学生、さらには法人の皆様方のご協力の賜物と感謝申し上げます。


〇10月28日 公募推薦入試 他

今年初めての公募推薦入試が行われました。受験生は皆真面目に緊張した面持ちで臨んでいました。 意欲有る学生の確保に繋がればと願っています。
今回は公募推薦入試以外に専門学科・総合学科推薦入試、自己推薦入試、AO入試、社会人入試、ファミリー入試、スポーツ推薦入試、3年次編入学試験なども実施しました。 今年度新たに始まった自己推薦入試は学部一括採用型で、意欲有る受験生が集まり喜んでいます。


〇10月30日 聖隷福祉事業団との連携協定締結 (詳しくはこちら

本学と社会福祉法人「聖隷福祉事業団」(静岡県浜松市)とが、次代の福祉・介護を担う人材を育成し、高齢者福祉の発展に寄与することで合意し、連携協定を締結しました。
このことにより、今後の進行する超高齢社会において、リーダーとして活躍できる介護福祉士の育成を目指していきます。 福利厚生も充実した聖隷福祉事業団にはこれまで46名の卒業生が就職し、現在も多くが職員として活躍をしているとのことで喜んでおります。
今後は更に連携をとおして専門性の高い人材を本学と協力し社会に輩出していきたいと考えております。

20171121_gakucho09.jpg


〇11月1日 摂津市教育センター、府立高校3校への訪問

次年度からの公認心理師養成課程の開設に備え、実習時間が増えることにより、外部の実習受け入れ先の開拓が急務になっています。 そのため、地元摂津市の教育センターにお願いに上がりました。
教育センター所長様から、摂津市と本学とのこれまでの取り組みも有り、好意的に接して頂き、協力の約束が得られました。

その前後に、府立高校3校の校長先生を訪ね、今年の受験状況や、在学生、卒業生の近況報告を行い、今後連携を深めて行きたいとの話になりました。3校とも校長先生とは大阪の教育に共に携わってきた知人であります。

最初に訪れた高校は今年度も多くの受験生を送って頂いたお礼を申し上げ、また、本学の茨木グラウンドに隣接した学校であり、今後とも、積極的に連携を深めて行きたいとの話をしました。

次の高校は同じ摂津市内にある唯一の府立高校であり、今年の受験生を送って頂いたお礼と、校長先生からは我が校の体育科の生徒にとっては、健康心理学科が興味を持てそうだとの話をいただきました。いくつかの大学と高大連携を行っているとのことなので、本学との連携も考えたいとの話になりました。

最後の高校では卒業生が介護施設で活躍し、本学のオープンキャンパスにも積極的に手伝ってくれていることを伝えました。近隣校でも有り、何らかの形で高大連携を進められないかとの話になりました。

これまで、20校近くの高校訪問を行いました。これらの訪問を通して、高校での本学への理解が浸透して、意欲有る入学生の確保に繋げられたらと期待しています。


〇11月5日 オープンキャンパス (当日の様子はこちら

今年度最後のオープンキャンパスでは、直前に受験を控えている3年生向けの「入試説明会・AO入試セミナー」、「国語・英語・数学・生物」の各「入試対策講座」、1,2年生向けの特別プログラム「人科大を知ろう」に参加者は熱心に聴き耳をたてていました。
今年のオープンキャンパスではできる限り、在学生スタッフ「SHINE ★NINKA(シャイニンカ)」に前面に立ってもらうように取り組んでおり、オープニングの「大学説明会」の司会や特別プログラム「人科大を知ろう」の司会も任せています。最初は緊張もあったでしょうが、日に日に落ち着いてきたという印象を持っております。さらに、参加者にも好評だと感じております。これからも、存分の活躍をお願いします。

20171121_gakucho07.JPG

20171121_gakucho08.JPG



〇11月13日 カンボジアくっくま孤児院の子ども達との交流 (当日の様子はこちら

カンボジア、プノンペンにある「くっくま孤児院」の生徒さん22名が本学に来られました。
本学有志の在学生ボランティアが学内を案内しました。 午後からは雨天体操場に移動し、子ども保育学科2年次生等も加わり、大交流会が始まりました。開会に当たり、私から歓迎の挨拶を行った後、フットサルや折り紙、皿回し、竹馬など、いろいろな遊びを一緒に行い、大いに盛り上がりました。
夜には、本学ダンス部が、「グロジャンナイトくっくまパーティー in 大阪摂津市」にボランティアとして参加させていただき、オープニングアクトを務めました。

20171121_gakucho02.JPG

20171121_gakucho03.JPG



〇11月16日 学友会球技大会

学友会主催の「球技大会」(ドッジボール)が17時から体育館で行われました。1チーム10名で5チーム50名の参加でした。人数がそろわないチームには職員や学友会会長等が助っ人で参加しました。5チームでトーナメント4試合を行い、優勝を競いました。決勝戦は白熱した戦いになり好ゲームでした。
なお、実施に当たってはバスケットボール部の協力があり、感謝しています。


〇11月18日 公募推薦入試及びAO入試

第2回目の公募制推薦入試及び第3回目のAO入試が実施されました。11月とは言え、初冬を感じさせるような、冷たい雨にも負けない受験生の熱気が感じられました。 意欲有る学生の入学が果たされますよう、受験生達には存分に力を発揮してもらい、好成績で合格されることを願っております。


後期の授業開始後、大学祭までの取り組み!

2017年10月17日

10月半ばになると秋雨前線の影響で肌寒さも感じるような季節になってきました。9月21日の後期授業開始後、10月21、22日の大学祭までの取り組みについて報告します。



〇9月26日 「人間科学Ⅱ」第1回授業

私が後期の授業を担当している「人間科学Ⅱ」の第1回授業を行いました。
前期の「人間科学Ⅰ」は社会に有用な「人間」となるための「人格形成」に向け、教育の視点で「人間」を科学するをテーマに、望ましい「人格形成」に必要な様々な教育課題について、基礎的知識の理解を図る講義を行い、それを踏まえてグループワーク等で意見をまとめ、発表を通じて、思考力・判断力・表現力を養うこと、いわゆるアクティブ・ラーニングを目標としました。
授業開始当初は前に出て発表することに消極的であった学生も、何度か経験することで楽しくなってきたと成長の跡がうかがえました。全体で4グループ(4~5名)の班編成であったため、指導もきめ細かく行うことができました。
後期の「人間科学Ⅱ」は社会に有用な「人間」となるための「人材育成」の観点で「人間」を科学するをテーマに、今後必要とされる「人材育成」に必要な様々な教育課題について、前期同様、講義を行ったあと、グループワーク等で意見をまとめ、発表を通じて、思考力・判断力・表現力を養うことを目標としました。
後期の内容は前期より専門的になっているため履修者は余り多くないだろうと想定していましたが、前期履修者の半数が引き続き履修した他、新規を合わせて履修者は50名と増加しました。人数の関係で8グループの班編成(約6名)となり、前期のようにきめ細かく指導できるか工夫が必要になりますが、人数増は嬉しい限りです。「人材育成」の重要性をしっかり受講者に意識付けしていきたいと考えています。



〇9月28日 大阪府立かわち野高校生の大学訪問 (当日の様子はこちら
かわち野高校で介護、理学に関心のある2年生が本学を訪問し、大学全体の説明会の際、大阪人間科学大学の名前を知ってきている生徒もおり、和やかな雰囲気で説明を終えた後、それぞれの学科・専攻の体験授業を真剣に受けました。
介護福祉専攻では、かわちの高校出身の4年次生の先輩学生も手伝いで参加し、親しみを感じてくれました。このことが次年度の入学に繋がってくれれば良いなと願っています。

20171017_gakucho02.JPG



〇10月5日 大学祭実行委員長来訪
大学祭実行委員長の大家舜君が学長室を訪ね、10月21、22日の大学祭に向けた進捗状況と人科祭チラシをもとにプログラムを説明してくれました。
1年次生中心の実行委員会で大変な部分もありますが、彼らもしっかり頑張っていますので、在学生の皆さんの協力で、盛大に催されることを期待しています。

20171017_gakucho01.jpg



〇10月12日 赤い羽根募金運動 (当日の様子はこちら
昼休みの時間を利用して、学友会役員とともに庄屋学舎で『赤い羽根共同募金』を行いました。
役員の熱い思いが伝わったのか多くの学生が募金に協力してくれたことに感謝します。
また、これに先立ち、10月2日(月)には介護福祉専攻が『赤い羽根共同募金@千里丘駅』を地域の方々とさらに摂津市長も一緒に参加し集合写真も撮りました。
介護福祉専攻では、この日に続き10月3日(火)、5日(木)とすべてのゼミが大学近郊の駅やスーパー前で赤い羽根共同募金に参加し、よく頑張ってくれました。

20171017_gakucho04.jpg



〇10月14日 指定校推薦入試
今年度第1期の指定校推薦入試が行われました。
各学校の校長先生の推薦を受けた受験生は真剣な気持ちで面接に臨み、さすがに緊張の色がうかがえました。
意欲十分な受験生も多く見られ、彼らが無事合格し入学して、今の新鮮な思いを持続し、大阪人間科学大学に新たな風を吹かしてくれることを期待しています。
さらに、今後の入学試験においても、意欲的な受験生が多数来てくれることを願っています。